悪女の定義【第102話】のネタバレ・感想!

 

ピッコマ無料連載中の「悪女の定義」を読みました。

以下ネタバレとなりますので、ご注意ください。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

無料で好きな漫画が読める!

「悪女の定義」は無料で読めるピッコマで配信していますが、好きな漫画を無料で読む方法もあります。

U-NEXT、FOD、music.jpのサービスなら無料期間と無料ポイントで好きな漫画が読めちゃうのです!

おすすめは見放題アニメも多いU-NEXTです!

>>U-NEXT公式サイト

スポンサードリンク

悪女の定義【第102話】あらすじ

その日シャルティアナのもとに届いたのは、あまり喜ばしくないニュースでした。

中止となった狩猟祭の祭儀が行われることが決まったのです。

魔獣の乱入により今年は省略になると聞いていたのですが、アイリーンを支持する新興貴族たちが、それでも祭儀は執り行うべきだと意見を出したそうです。

彼らがそう主張するのは当たり前でしょう。

狩猟祭の祭儀はアイリーンが完全にスポットライトを独占する機会だったからです。

狩猟祭の最期を締めくくる祭儀は、アイリーンの独壇場になることがわかり切っていたため、シャルティアナもいつもより気合いを入れて嫌がらせをしてあげたのです。

中止になったのは気の毒ですがこれはちょっと・・・と思い口を開きます。

シャルティアナ「どうしてそんな結論になったの?他の貴族たちも祭儀を執り行いたいと言ったのかしら?」

するとその答えは、狩猟祭を再び開くと言うわけではない為、祭儀だけを執り行うのえあれば特に反対する理由はないだろうとのことです。

そしてもう一点。

チャイラム宗教側も積極的に賛成したそうです。

 

後で聞いた話によると、皇后の実父であるマイケル侯爵も、自らが信仰深い信者であることを強調して、この主張を後押ししたそうです。

皇后もアイリーンも、なんとかして祭儀を開こうと必死。

シャルティアナには、受け入れる以外の選択肢はないでしょう。

悪女の定義【第102話】ネタバレ

祭儀は皇宮で開かれました。

アイリーンは完璧な姿で祭壇に上がり、このような儀礼を執り行うのが初めてだとは思えないほどです。

少しの乱れもなく整然と、高潔で神聖な姿を演出して見せたのです。

その姿は貴族たちに深い印象を残したようでした。

きっと時間をかけ入念に準備をしてきたのでしょう、その努力は認めるしかありませんでした。

 

皇宮での祭儀はまた雰囲気が変わり、シャルティアナが祭儀を執り行なったとしてもきっと素晴らしものになったと、レオナ夫人は言います。

レオナ夫人「ついこの間こんなことがあったばかりですから、今回のラハディーンは休みを取ったものとお考えになって気をらくしなさいませ」

アイリーンに明確な敗北を喫する日でしたが、シャルティアナには支持者たちがいました。

激励の言葉にお礼を伝え、彼らと会話を交わしながら気分転換をするのも悪くはありません。

シャルティアナ「すこし失礼します」

シャルティアナを悩ませるのはアイリーンだけでなく、カイラードもです。

あの、髪の毛にキスをしてくれたのはなんだったのだろうか・・・?

何の意味もない行動を深く考えすぎているだけなのか、ですが彼の雰囲気や眼差しそのすべてが、好意を伝えてるように感じるのです。

シャルティアナ(ううん!きっと私の勘違いよ、考えすぎちゃダメ!)

そう思いながらも、彼のことを気にせずにはいられませんでした。

 

一人になり、ため息をつくシャルティアナ。

レオフリドのことだけでも頭が痛いと言うのに・・・と、視界に入る彼とアイリーンを見ます。

2人は皇后に言われ、踊り始めるのです。

もう知らない、見ないようにしよう。

レオフリドの方から背を向けると、ある声が聞こえてきました。

「マルケル侯爵がステナを支持していることは確実ですね」

「カイロンと同じ皇帝派だというのに」

「二人の反目は以前から予見されていたことだった。今回のレジーナ問題が発火点になったようなものだ」

三人の男性が話しており、その声が聞こえてきていたのです。

一人の男性は、自分たちにとってはいい話で、殿下もステナ令嬢のことを一途に思っている様だと言います。

ですがもう一人は、カイロン公女の活躍には目を見張るものがあると主張し、それに比べてステナ令嬢には安心できる実績がないとはっきり言いました。

ですがその意見に、考えすぎだと反論。

ステナ令嬢は水晶宮にも行き、狩猟祭でも勝利を収め順調だと言います。

その言葉に、それは彼女が自ら成し遂げたものではないとさらに反論です。

シャルティアナを支持しているような男性はノリエン卿と呼ばれました。

ノリエン卿に反論している男性は、ステナ令嬢がもし皇后になれなかったとしても、皇太子からの求愛を受けているのであれば、その方がいいのではと主張します。

「冷淡なノリエン卿には理解できないかもしれませんが、本来女の幸せは、男から愛されることにかかっているものですよ」

その言葉を聞いたシャルティアナは、なんて頭の悪い発言なのだろうかとイラつきます。

この話の流れから、アイリーンの支持者として集められた新進貴族たちだと確信します。

エスターとエディスから聞いた名前は、ノリエンとセオフィル。

あの中にセオフィルもいるのだろうか?と耳を傾けます。

 

「ロリス令息の言う通りだ、それにステナの実力が劣るほど我々は得をするのだからな」

三人目が口を開き、アイリーンが自ら解決できないのであれば、我々の言葉に従うしかできなくなると言います。

「そして競合はまだ終わっていない・・・次の競合でカイロン公女に割り当てられる地域は分かり切っている」

西部の奴らは草の根すら食べられずにやせ細ってしまっているだとうと笑いながら言い、干ばつに襲われるとは運がいいとまで発言しているのです。

その言葉にシャルティアナは、これが貴族の人間の口から出る言葉なのか?と怒りが込み上げてきます。

気分が乗らないからと隠れている場合ではない。

 

そしてシャルティアナがその場から離れ歩いていると、レオフリドと遭遇しました。

レオフリド「今日も美しいな公女」

普段はこんな風に褒めたりしないのに・・・と思いましたが、何かを思いつきシャルティアナは微笑みます。

シャルティアナ「ありがとうございます、殿下」

そして手を差し出すと、レオフリドは彼女の手を取り、素直な感想を口に出しただけだと答えます。

彼の片手は、シャルティアナの腰に回されてくっつきます。

するとレオフリドは小声で、「演技をしているのだな、一体どうしたのだ?」と声をかけてきたのです。

さすが鋭い!すぐに調子を合わせてくれる!

シャルティアナそういえば紹介してくださる方がいると仰っていましたよね?セオフィル伯爵のことですわ」

レオフリドは少し考えたような雰囲気ですが、そうだなとすぐに合わせてく協力をしてくれます。

さて、どうやっていじめてやろうかと、シャルティアナは楽しそうにしているのです。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

悪女の定義【第102話】感想

アイリーンの味方?の貴族たちの姿が出てきました。

彼らをどうするのかで、今後がかなり変わってくるでしょう!

シャルティアナはさすがです!

このやり取りによっては、アイリーンのたち立場が危うくなります・・・。

上手く言葉と皇太子を使い、なんとかうまくやってほしいです。

まとめ

以上、「悪女の定義」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTFODmusic.jpなどがありますが、2019年9月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です