悪女の定義【第103話】のネタバレ・感想!

 

ピッコマ無料連載中の「悪女の定義」を読みました。

以下ネタバレとなりますので、ご注意ください。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

無料で好きな漫画が読める!

「悪女の定義」は無料で読めるピッコマで配信していますが、好きな漫画を無料で読む方法もあります。

U-NEXT、FOD、music.jpのサービスなら無料期間と無料ポイントで好きな漫画が読めちゃうのです!

おすすめは見放題アニメも多いU-NEXTです!

>>U-NEXT公式サイト

スポンサードリンク

悪女の定義【第103話】あらすじ

セオフィル伯爵の元へと向かったレオフリドとシャルティアナ。

レオフリドはシャルティアナに伯爵を紹介し、伯爵にもシャルティアナを紹介しました。

西部地域の英雄でもあるカイロン公女だと紹介したところ、不機嫌そうな表情をするセオフィル伯爵。

ですがそんな表情を、彼女は見逃しません。

 

レオフリドは先にシャルティアナを紹介しましたが、伯爵の方が地位が高いにも関わらず皇太子のその行動により、シャルティアナの方が立場が上となりました。

今まで挨拶を申し上げる機会がなかったが会えて光栄だと話すセオフィル伯爵。

ですがあからさまに顔をしかめている彼に対し、これから本格的にいじめてやろうと思っているのに今からこんな風では困ると感じたのです。

悪女の定義【第103話】ネタバレ

セオフィル伯爵「ところで殿下、最近の国際情勢についてどうお考えですかな?」

レオフリド「周辺国との紛争も解決されたし、平和そのものだな」

ですがセオフィル伯爵は平和な時にこそ、富国強兵の土台を高めるべきだと主張し始めます。

兵士の訓練に力を入れいているが、武器について頭を悩ませていると話すセオフィル伯爵。

レオフリドは武器が不足していることはないと言いますが、余裕があるとは言えないとまたもや伯爵は反論しました。

セオフィル伯爵「現在の鉄規制は厳しすぎます。そのため武器の生産量が限られ、新しい武器の開発も遅れてしまうことになる」

武器も結局は消耗品だというのに、このままでは問題だと話すセオフィル伯爵の話を聞いて、シャルティアナはくだらないと心の中で笑います。

これは無礼かつ単純で頭の悪い行動。

セオフィル伯爵はまず、シャルティアナを排除するためにレオフリドと自分だけが知る話題を振ったのです。

女がこんな問題について知ることなどあるはずがないという見下した態度を隠そうともしません。

おまけにシャルティアナを嘗め回すような傲慢な態度。

しかしその中には、本心が透けて見えており、「鉄規制の緩和」こそが彼の狙いなのでしょう。

ですがそれは本当に国防のためでしょうか?

はるばる遠い帝都に頻繁に出入りしながら、政界に顔を覗かせている伯爵が?

きっと国防のためではなく金の為だと推測します。

中央政界進出には、莫大な費用が必要なのです。

その程度も見破られないとでも思っているのでしょうか、ただ単純なのか相当な自信家なのか・・・。

 

セオフィル伯爵「・・・どう思われます?」

一通り話した後にレオフリドに同意を求める伯爵。

ですがレオフリドはそのまま、シャルティアナにどう思うか聞いてきたのです。

シャルティアナ(あら、今日はやめに協力的じゃない?)

そしてシャルティアナが話はじめると、明らかにセオフィル伯爵の表情が変わります。

シャルティアナ「果たして規制を緩和する必要があるのでしょうか?皇室側で規制を行ったのは、そうするだけの理由があったからでしょう?」

セオフィル伯爵「なっ・・・!公女はあまりご存知ないようだが」

シャルティアナ「殿下がおっしゃった通り、今の国際情勢は非常に落ち着いています。それなのに国境の兵力を強化する?」

そんなことをしたらセオフィル領と隣接しているカイエン側ではどのように考えるだろうか?と返すと、セオフィル伯爵は不服そうな表情をしました。

レオフリド「戦争の準備をしていると思われても仕方ないだろうな」

シャルティアナ「ええ、両国の関係に亀裂が走るでしょうね」

セオフィル伯爵家が代々国境を守ってくださっているおかげで、伯爵の先代からはカイエンと局地的な争いも怒っていないと聞いていると話を出します。

苦労して成し遂げた平和をわざわざ崩す必要はないのでは?と問いかけると、セオフィル伯爵は戸惑いました。

セオフィル伯爵「このような時こそ、力を蓄えておかねばならぬのです殿下!」

質問したのはシャルティアナ。

ですがわざとレオフリドの方を向いて答えることで、最後までシャルティアナのことは相手にしないと感じました。

こんな奴には絶対に負けたくない。

 

周りの人達は言い争いでも起こっているのか?不思議そうにこちらを見ています。

アイリーンもその中の一人です。

シャルティアナ「私の考えは少し違います。平和であるときほど、より大きな平和を目指すべきなのです」

例えばカイエンと親交を結ぶとか・・・、と提案したところ、セオフィル伯爵は何を暢気なことをと笑いました。

セオフィル伯爵「公女がそんなことを仰るのは、戦争についてよくわかっていらっしゃらないからでしょう。カイエンは油断できない相手なのだ、だから武器を・・・」

シャルティアナ「それではカイエンが攻撃してくる可能性があるとしましょう」

万時がそうでありょうに国防も一つの要素のみに左右されることはない。

伯爵はただ武器と鉄に関してのお話ばかりしていると、冷たく話題を振りました。

シャルティアナ「武器の管理がまともにされていないのでしょうか?それとも他の理由があるのですか?」

セオフィル伯爵「ほ・・・他の理由だと!?」

声を荒げるは伯爵に、シャルティアナは冷静に鉄の採取量が制限されているため高額な裏取引が行われていると聞いたことを話しました。

もちろん国境をしっかりと守ってこられた伯爵がそんなことをするはずはないでしょうが、と笑顔を見せ言うのです。

図星だろうか?

セオフィル伯爵は咳ばらいをし、少しお言葉が過ぎるようだと止めます。

どちらにせよ鉄規制がやりすぎであることは事実だと、またもや話を背けたのです。

セオフィル伯爵「鉱山に埋もれたままにしておいて得になることなど何があるのです?もともと鉄は武器や鎧となって、初めてその価値が生れるものです」

とんだ図々しさだとシャルティアナ。

伯爵の本心を見抜いたという警告が起こっても、まだこんな態度を取っているのですから。

シャルティアナ「そうですね、鉄は使い道がとても多いので、私だったら武器ではなく他の場所に使いますわ」

セオフィル伯爵「他の場所とは?農機具?家具?そんなものはすでに・・・」

シャルティアナ「船を造るのはどうでしょう?」

話を聞いていた周りの人々も、シャルティアナの言葉にざわつき始めます。

セオフィル伯爵「公女・・・ははは・・・今鉄で船を造ると仰いましたか?」

彼はシャルティアナの話を聞き笑います。

こんな反応が返ってくるのは当たり前。

この場所では今でも、木で造った船を使っているのですから。

シャルティアナ「木材を食いかじって壊してしまう魔獣のせいで、回路が阻まれていたでしょう。鉄船を造ればその問題は解決します」

海を渡って交易ができるようになれば、帝国は今とは比べ物にならないほどの富を得ることができるとシャルティアナは主張します。

周りの女性たちは不思議そうな表情でその話を聞いているのです。

セオフィル伯爵「は・・・はははは!夢が大きいのはいいことだが、公女は船がどういうものなのかご存知ないのですかな?」

船は水に浮かばなくてはならないのに、鉄で作った船が水に浮かぶはずがないと大声で笑うのです。

シャルティアナは鼻で笑い、そう思うのであれば賭けをしないかと提案します。

シャルティアナ「鉄が水に浮くか浮かないかと賭けるのです」

当然シャルティアナが勝つに決まっている。

前世の知識まで使うつもりはありませんでしたが、この男を見逃すわけにはいかないと行動に出たのです。

きついお灸をすえてあげようと。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

悪女の定義【第103話】感想

セオフィル伯爵はとても失礼な人ですね!

まあ自分の利益しか考えていない人でしょうから、仕方がありません。

ですがシャルティアナとの賭けで、きっと痛い目を見るでしょう。

そのまますんなりと引いてくれればいいのですが・・・。

シャルティアナのうまい言い回しが気持ちよくて、もっとこうした場面が増えてくれると楽しめますね!

まとめ

以上、「悪女の定義」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTFODmusic.jpなどがありますが、2019年9月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です