悪女の定義【第110話】のネタバレ・感想!

 

ピッコマ無料連載中の「悪女の定義」を読みました。

以下ネタバレとなりますので、ご注意ください。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

無料で好きな漫画が読める!

「悪女の定義」は無料で読めるピッコマで配信していますが、好きな漫画を無料で読む方法もあります。

U-NEXT、FOD、music.jpのサービスなら無料期間と無料ポイントで好きな漫画が読めちゃうのです!

おすすめは見放題アニメも多いU-NEXTです!

>>U-NEXT公式サイト

スポンサードリンク

悪女の定義【第110話】あらすじ

セオフィル伯爵は悔しそうにシャルティアナに謝りました。

セオフィル伯爵「申し訳ありませんでした、公女。わしの無礼をどうかお許しください」

シャルティアナ「どんな無礼のことを仰っているのでしょうか?」

それは・・・と戸惑う伯爵。

男がただ申し訳ないと言い、女が何が悪かったかもわかってないんじゃないの?問い詰める・・・。

前世の知恵、男を懲らしめる話法の応用編だと、シャルティアナは問い詰めます。

そんな簡単な謝罪だけであっさり許してもらえるなんて思わないでほしい。

誠意を見せてもらうと、シャルティアナを気合いを入れるのです。

シャルティアナ「あの日、私は心に深い傷を負いましたが・・・伯爵が心から謝ってくださるのであれば忘れようと思っていました」

それなのに伯爵はご自分が何を謝るべきなのかもわかっていないなんて・・・と、目に涙を浮かべるのです。

セオフィル伯爵「わ・・・わかりました!言えばいいのでしょう!」

まず伯爵は、シャルティアナの言葉を絵空事だと考え愚かなだと言ったことは自分の過ちだと認めます。

シャルティアナ「それと?」

他にも求められ、戸惑う伯爵。

セオフィル伯爵「うう・・・公女に対して声を荒げ、高圧的な態度を取ったことも・・・謝罪いたします」

ですがシャルティアナはまだ引かず、他には?と問い詰めるのです。

伯爵はシャルティアナが許すと言うまで、しばらくの間自らの過ちを告白し続けなければなりませんでした。

 

謝罪が終わった後、大勢の人に取り囲まれます。

皆、本当に素晴らしいとシャルティアナを褒め、造船事業にも深い知識を持っているとは・・・と感心しているのです。

取り囲まれいてるところで、レオフリドが終わったら庭園に来るようにこっそり伝えてきました。

シャルティアナ「あら・・・私に押し付けて逃げられるおつもりですか?」

レオフリド「押し付けるだなんて、皆が望んでいるのはそなたではないか」

彼は先に片付ける仕事があると伝え、庭園で会おうとその場を後にしました。

な所はビスナテフのあずまや。

心なしか彼の様子が違って見えましたが、一体何があったのだろうと疑問が浮かびます。

なんだか重荷を下ろしたようなすっきりとした顔をしていたのです。

適当に話を切り上げて、行ってみようと決めます。

悪女の定義【第110話】ネタバレ

シャルティアナはビスナテフのあずまやの方に向かっています。

シャルティアナ「でもわざわざ呼びだすなんて一体・・・」

すると走ってくる女性とぶつかったのです。

その女性を見ると、まさかのアイリーン!

彼女は涙を流しながら、シャルティアナを睨みつけました。

何も言わずに走り去って行ったアイリーンを見て、彼女のそんな姿を目にするのは初めてだと驚いたのです。

 

雪がまだ残る庭園。

美の女神の名に相応しく、ビスナテフのあずまやは美しいものでした。

そこで待っていたのはレオフリド。

レオフリド「思ったよりも早く来てくれたのだな」

そしてシャルティアナの手を取り、向かい合いました。

どれほどの間そんな優しい目で見つめられていただろうか・・・。

その瞬間はまるで時がとまったようでした。

美しい風景と柔らかな彼の眼差しに、訳もなく胸が高鳴ります。

 

それを自覚したとたん、何か言わなければならないと焦ったシャルティアナは・・・。

シャルティアナ「こ・・・ここに来る途中絵ステナ令嬢に会いました。何か・・・あったのですか?」

レオフリド「・・・座って話そう」

そしてシャルティアナが気にしていることを全て話すと、レオフリドは言ってくれたのです。

 

彼の話は驚くべきものでした。

アイリーンとは本当の恋人ではなかっただなんて・・・。

その関係を清算しようとした彼は、アイリーンに脅迫されてしまうのです。

そして今ようやくその全ての問題が解決したのだと。

シャルティアナ「信じられない・・・殿下を脅迫するだなんて一体どんな・・・」

途中まで言いかけたところで、これでは皇太子の弱点を言わせようとしているものだと思い、口を閉ざしました。

レオフリド「気にしなくていい、そなたには全てを話したいんだ」

シャルティアナの存在自体が弱点となってしまい、これ以上何も隠すことなど必要はないのだとレオフリドは言いました。

レオフリド「母上が罪を犯された。ストラヴィンの死は、母上の指示によるものだった」

まさかの答えに、驚くシャルティアナ。

レオフリド「母上が殺害を命じる姿を記録した映像具があったんだ。ステナはその映像を公にすると言って私を脅した」

ですがもう大丈夫、映像は消され公にされることはないとシャルティアナに伝えます。

驚いたか?と問われたシャルティアナは、当然だと答えました。

レオフリド「あまりにも重苦しい話だったな・・これを話すのは次の機会にするべきだったかもしれない」

そう言いながら頭を抱えました。

これまで何もかも完璧にこなしてきたのに、シャルティアナの前では情けない姿を見せてしまうつぶやいたのです。

シャルティアナ「それでは・・・私がたった今ここに来たばかりだとお考え下さい。殿下はなぜ私を呼ばれたのですか?」

彼はなかなか口を開きませんでした。

レオフリド「上を見てくれないか?」

そう言われシャルティアナが視線を上に移すと、見上げた天井からはクリスタルのドームを透かし、月と星の光が小さな銀河となって降り注いでいたのです。

シャルティアナ「わぁ・・・本当にきれいですね・・・」

レオフリド「そなたのほうが美しい。愛している」

真剣な眼差しでシャルティアナに思いを伝えました。

レオフリド「心からそなたを想い慕っている。私の愛をたった一人にしか与える気はないと言ったのは、そなたのことだったのだ」

生涯シャルティアナだけを見つめ愛すと、彼女の髪の毛に触れながら告げるのです。

 

あまりにもはっきりとした率直な確固たる意思表示。

シャルティアナの頭の中は真っ白になってしまいました。

 

ベッドに横になったまま、今日の沢山の出来事を振り返るシャルティアナ。

沢山の出来事があり、様々なことを知ることになった夜でした。

もちろん、愉快な内容ばかりではありませんでしたが・・・。

きっとこれから、多くの事が変わっていくでしょう。

彼と自身の関係も・・・。

これまでとは大きく変わることになると、シャルティアナは微笑むのです。

 

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

悪女の定義【第110話】感想

セオフィル伯爵を問い詰めるのは、さすがシャルティアナでした!

気持ちがいいですね・・・。

これでもう、シャルティアナにたてつく人は少なくなるでしょう。

気になるのはアイリーンで、ここから何か復讐などが起きないといいのですが・・・。

でもアイリーンの問題が落ち着き、レオフリドはとても良い表情をしていました。

シャルティアナもきっとそれがわかっているのでしょう。

前向きに進む回でしたので、次回も安心して読めますね!

まとめ

以上、「悪女の定義」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTFODmusic.jpなどがありますが、2019年9月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です