悪女の定義【第112話】のネタバレ・感想!

 

ピッコマ無料連載中の「悪女の定義」を読みました。

以下ネタバレとなりますので、ご注意ください。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

無料で好きな漫画が読める!

「悪女の定義」は無料で読めるピッコマで配信していますが、好きな漫画を無料で読む方法もあります。

U-NEXT、FOD、music.jpのサービスなら無料期間と無料ポイントで好きな漫画が読めちゃうのです!

おすすめは見放題アニメも多いU-NEXTです!

>>U-NEXT公式サイト

スポンサードリンク

悪女の定義【第112話】あらすじ

レオフリドと一緒に、アイリーンの部屋へ向かったシャルティアナ。

シャルティアナ「ステナ令嬢が倒れたと聞いてお見舞いに来たのだけど、一体何があったの?」

アイリーンの侍女の一人は、ひとまず中へご案内しますと言いましたが、なんとも釈然としない態度をとりました。

アイリーンの侍女たちは皆、感情が顔に出やすい人達です。

どうみてもシャルティアナが部屋に入ることを嫌がっている様子で、きっと皇太子がいなければ拒まれていたことでしょう。

顔を合わせる度に火花を散らすライバルとはいえ、お見舞いに来たのに・・・と、シャルティアナは心外だと感じてるのです。

 

主治医は部屋に入ってもいいと言ったそうですが、アイリーンの意識が戻っておらず、言葉を交わすことはできない状態だと教えられます。

そして部屋の中に通されました。

シャルティアナ「令嬢のご容体はいかがですか?倒れた原因はわかったのでしょうか?」

すると主治医は、毒によるものだと思われると答えたのです。

驚いたシャルティアナは、一体どんな毒なのか聞きますが、まだ検査結果が出ておらず今の段階ではわかっていなそうです。

関係のある宮人達を全員調査中だそうですが、症状は緩和したものの毒の種類がわからない為、解毒ができない状態なのです。

主治医「もともと身体の弱い方でいらっしゃいますから、検査の結果が出るまで持ちこたえられるか気がかりです」

シャルティアナ「弱音など吐かずに治療に専念してください」

悪女の定義【第112話】ネタバレ

誰かがアイリーンに毒を盛ったという事実ももちろんですが、あの日レオフリドと話して以来皇宮に対する印象自体が大きく変わってしまいました。

第7皇太子の死が、皇后の指示によるものだったという事実。

皇宮じゃ殺人が起こりえる場所なのです。

もともとそんな場所だったことを知らなかっただけなのでしょう。

平和な国だとばかり思っていました。

アイリーンもシャルティアナが考えていたよりもはるかに卑劣な人間で、秘密を利用して皇太子を脅迫していたのです。

アイリーン「うっ・・・」

シャルティアナ「あっ・・・今わずかに動いたような・・・」

ですが主治医は、反射的に動くことはあっても目覚めてはいないと話し、意識がひどく混濁している状態だと説明しました。

そうですが・・・と、なっとくしたシャルティアナですが、その瞬間アイリーンが見つめていたことに気づきました。

正確には顔をこちらに向けていたのです。

焦点の合わない瞳孔の中に、激しい憎悪が見えた気がしました。

鳥肌が立つほどの違和感を覚えましたが、一方では苦しんでいる相手に対してそんな風に感じてしまったことが後ろめたくなったのです。

 

結局シャルティアナたちはそのままアイリーンの部屋を後にしました。

しかしその日に抱いた不吉な予感は、すぐに現実のものとなったのです。

シャルティアナ「私がアイリーンに毒を盛ったという噂が出回っているですって!?」

宮人の達の間でそのような噂がささやかれているらしく、帝都の貴族たちの間でも噂が広まっていると聞いたことを、侍女たちが報告してくれました。

シャルティアナ「何を根拠にそんな噂を・・・!」

エスター「そのような噂をする者達は、根拠の有無など気にしませんから・・・」

エディス「狩猟祭の競合に負けた為、腹いせにこのようなことを企んだのだと、噂されているそうです」

こんなとんでもない噂を信じる者がいるんだ・・・と、エディスも驚いている様子です。

エスター「でも少しおかしいのは、噂がやけに具体的ですし、広まるのがあまりにも早すぎるという点です。まるで誰かが意図的に広めているかのように・・・」

するとシャルティアナは、あの時のアイリーンの顔を思い浮かべました。

でももしかしたら・・・。

するとそんな話をしているときに、レオフリドが部屋にやってきました。

通されて駆けつけたレオフリドは、シャルティアナに大丈夫か?と声をかけました。

シャルティアナ「唐突に大丈夫かだなんて・・・」

レオフリド「噂を聞いてすぐここへ来たのだ!」

それはアイリーンに毒を飲ませた犯人が、シャルティアナだというもの。

シャルティアナ「こんなことを申し上げていいのかわからないのですが・・・」

レオフリド「噂を広めたのがステナではないかと思っているのか?」

まさかのレオフリドも・・・。

何か証拠が見つかったのかと聞いてみると、彼も同じことを考えていたのだそうです。

レオフリド「いや・・・これまでの行動からの推測にすぎない。ステナは執拗だからな」

そしてシャルティアナは、先の短い間のお見舞いの際、顔を身近で見たときにわずかに笑っているように見えたことを話しました。

シャルティアナ「その瞬間ステナ令嬢が、自ら望んでその状況を作り上げたのではないかと思ったのです」

あまりにも極端なやり方ではあるが、自分の命を攻撃手段としてつかったのだということ。

シャルティアナ「なぜそこまでしなければならないのでしょうか?」

レオフリド「理解しがたいことも、この世には存在するものだ」

そして、噂を早く鎮められるように努力すると、レオフリドは言ってくれました。

シャルティアナ「それでは私は、ステナ令嬢の看病をしましょう」

レオフリド「そなたが直接ステナ令嬢を?」

不安そうな表情をするレオフリドですが・・・

シャルティアナ「噂には噂で対応すべきです。噂をするもの達に私が自ら看病を行う姿を見せるのが効果的ではないでしょうか?」

噂がこれ以上広まる前に始めなければ・・・と、シャルティアナは決めた様です。

レオフリド「そなたがやあると決めたなら、私が止めても聞かないのだろう?わかった、ただし十分気を付けるのだぞ」

シャルティアナ「ご心配なく」

また新たな危機が訪れましたが、もう一人ではない。

そう思うと、乗り越えられるような気がしました。

 

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

悪女の定義【第112話】感想

まさかのアイリーンの重体!

ですがアイリーンですから、何を考えているのか見当もつきません。

私は皇后陛下に、口封じのために毒を盛られたのかな?とおもったのですが・・・。

まさかのそれの上を行く考えでした(笑)

シャルティアナは何とか対応しようと、意気込んでいますが、レオフリドは心配そうです。

早く噂が落ち着けばいいのですが・・・。

まとめ

以上、「悪女の定義」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTFODmusic.jpなどがありますが、2019年9月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です