悪女の定義【第114話】のネタバレ・感想!

 

ピッコマ無料連載中の「悪女の定義」を読みました。

以下ネタバレとなりますので、ご注意ください。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

無料で好きな漫画が読める!

「悪女の定義」は無料で読めるピッコマで配信していますが、好きな漫画を無料で読む方法もあります。

U-NEXT、FOD、music.jpのサービスなら無料期間と無料ポイントで好きな漫画が読めちゃうのです!

おすすめは見放題アニメも多いU-NEXTです!

>>U-NEXT公式サイト

スポンサードリンク

悪女の定義【第114話】あらすじ

悪夢と現実を区別できていないかのように、ありのままの感情をぶつけるアイリーンの姿は、見慣れないものでした。

彼女の悪夢の主役がシャルティアナだという点は少し気分が悪く、自業自得だと思うのですが・・・。

アイリーンの意識が朦朧としている状態で、これ以上何かを言うのは止めておきました。

やみくもに動かし続ける腕には力がなく、自暴自棄になったようにわめき続ける言葉たちは、まともに意味を成してしなかったのです。

そして数分後・・・。

力尽きたように手を下ろし、唸り始めるアイリーン。

やはり完全に意識を取り戻したわけではなかったのだと感じたシャルティアナは、アイリーンをじっと見つめます。

それは短くも強烈な時間で、アイリーンという人間の底が垣間見えた気がしたのです。

濁った瞳を満たす真っ黒な憎悪と執念に鳥肌が立ちました。

アイリーンは危険な人物。

初めて、絶対に分かり合うことができない相手だと思ったのです。

悪女の定義【第114話】ネタバレ

もともとアイリーンのことは好きではなかったのですが、さらに一線を超えてしまったように感じているシャルティアナ。

自室で一人考えます。

今までは皇后になった後にも、皇妃となったアイリーンと一緒に過ごすことになるという前提がありましたが、今はもうそんな自信がありません。

きっと今よりももっと想像できないようなひどいことをされるに違いないと考えているのです。

シャルティアナ「飲毒事件が自作自演だってことさえ明らかにできれば・・・」

そう呟くのです。

そうすればアイリーンのレジーナの資格を失わせることができるかもしれません。

この状況を逆に利用してやるのです。

でもどうすればいいのだろうか・・・、頭を抱えるシャルティアナの元に、皇太子殿下がいらっしゃったと報告が入ります。

 

レオフリド「元気だったか?」

毎日連絡をとっているではないかとシャルティアナは呆れていますが、彼は礼儀は重んじるべきだと答えます。

そしてお茶の準備ができ、レオフリドは噂の広まる速度が確実に遅くなったと教えてくれました。

シャルティアナの作戦が効果的だったようです。

レオフリド「事実無根な噂をむやみに流すべきではないと戒めることもできたようだしな」

シャルティアナ「とりあえず、騒ぎは落ち着いたということですね」

そして事件を明らかにする証拠はまだ見つかっていないのか聞いてみました。

現在皇室警備隊の調査が行われいてるようですが、めぼしいものはみつかっていないようで、レオフリドも個人的に調べてはいますが収穫なしです。

これが本当に自作自演であれば、その反響は測り知れないものになるだとうと推測はできます。

その分、しっかりと解明できなかった場合は、跳ね返ってくる打撃も大きくなるでしょう。

それを受け止めることになるのはシャルティアナで、その言い分には納得です。

レオフリド「ステナの支持者たちはかなり興奮している状態だ。その上、帝国民たちの同情も集めている」

アイリーンが積み重ねてきたイメージの影響力も無視できず、レオフリドとシャルティアナは本当の姿を知っていますが、ほとんどの人々は彼女の事を天使のように優しい令嬢だと思っているのですから。

確実な証拠が見つかるまでは、焦って動かないほうがいいだろうというのかレオフリドの考えです。

レオフリド「そうでなければそなたが・・・」

悔しそうに握りしめる拳を見て、シャルティアナは微笑み彼の手に自分の手を重ねます。

シャルティアナ「あまり悪い方向にばかり考えないでください」

慎重に動くべきだという意見にはシャルティアナも同じ気持ちで、ただ真実を明らかにしたいと言う話がしたかっただけだと伝えました。

一緒に頑張りましょうと笑顔を見せるシャルティアナに、レオフリドも少し落ち着いたようです。

レオフリド「焦りすぎていたのは私の方だったな」

そしてそのままシャルティアナの手を握り続けます。

それでは話題を変えて楽しい話をしようと提案してくれますが、なかなか手を離してくれないのでシャルティアナは気になってしまいました。

 

レオフリド「そなたが推進する鉄船開発事業部の構成員は決めたか?」

するとシャルティアナは立ち上がり、机の上に置いていた書類を見に行きました。

シャルティアナ「ほとんど決まりましたわ。あくまでも私の希望ですが」

本人が拒否した場合はどうしようもないとシャルティアナが言うと、レオフリドは無理やりにでも連れてこようと暴君です。

そしてリストを渡すと、すぐに確認してくれます。

内容は、シャリアン卿にアルベル・コーゲン、魔塔のマスターシャルメロまで書かれていました。

素晴らしいメンバーでしょうと嬉しそうなシャルティアナですが、シャルメロは臣下ではない為参加を命じることは難しいのだそうです。

シャルティアナはそのことは分かっており、説得してみる必要があると言いました。

魔塔にとっても利益となる話なので、思ったよりも難しくないかもしれないと考えています。

シャルティアナ「シャリアン卿とコーゲン令息にも近いうちに連絡してみようと思っているんです。殿下には二人に新たな業務を任せないでいただきたいのですが・・・」

いいですよね?と笑顔を見せるシャルティアナに、断りにくくなるレオフリド。

レオフリド「私の臣下のうちの最も有能な二人が欲しいということだな。いいだろうそなたが望むのであれば」

ありがとうございますと嬉しそうにしているシャルティアナですが、レオフリドはどうしてそんなにアルベルにこだわっているのかが気になっている様子です。

まさか嫉妬しているのか!?と思わず笑ってしまうシャルティアナ。

レオフリドは、西部地域の時からちょっと・・・と気になっていることを明かします。

シャルティアナ「その時から何ですか?教えてください」

ですがレオフリドは恥ずかしそうにしていて、それ以上は教えてくれません。

 

話が出たついでに片付けておく方がいいと思い、皇太子が帰った後にアルベルに通信を送りました。

もちろん彼は快く参加を承諾してくれました。

シャルティアナが推進する事業であればなんでも喜んでやるというその姿は、まるで熱狂的なファンのようです。

シャリアン卿にも参加をお願いするつもりだという言葉に、喜びを隠せない様子を見ると、彼の心を占めているのはそちらの方かもしれません。

そうして事業に関しての話が終わり、アルベルは最近はどのように過ごしているか聞いてきました。

それなりに普段通りだと答えると、彼は少し心配していたんだと話し始めます。

アルベル「公女様についてのおかしな噂が出回っていて・・・辛い思いをしていらっしゃるのではないかと・・・」

シャルティアナと少しでも会ったことがある者であれば、噂のようなことなど絶対にありえないとわかるはずだとアルベルは言いました。

シャルティアナ「ご存知だったんですね、ありがとうございます」

その件に関しては解決に向かっているからご心配なくと、笑顔で伝えました。

アルベル「それは幸いです。私にお手伝いできることがあれば、いつでも仰ってくださいね」

お礼を伝えながら、シャルティアナな何かを思いつきました。

そうだ、魔法があった。

もしかしたらこの状況を解決するカギになるかもしれないと感じたのです。

シャルティアナ「それではコーゲン令息、いくつか質問をしてもよろしいですか?」

そして魔法でこんなことも可能でしょうか・・・?と彼に質問を始めます。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

悪女の定義【第113話】感想

何か方法を思いついたシャルティアナですが、これにはコーゲン令息の力が必要ですね。

そうなると、造船事業もかねて近くに来てもらったほうが都合がいいでしょう。

ただアイリーンの評判がいいのは変わりなく、それを覆すには難しいことだとは思うのですが・・・。

ふどんな方法を思いついたのか、気になりますね!

シャルティアナとレオフリドの距離が縮まってきているのも、嬉しいポイントです。

 

まとめ

以上、「悪女の定義」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTFODmusic.jpなどがありますが、2019年9月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です