悪女の定義【第116話】のネタバレ・感想!

 

ピッコマ無料連載中の「悪女の定義」を読みました。

以下ネタバレとなりますので、ご注意ください。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

無料で好きな漫画が読める!

「悪女の定義」は無料で読めるピッコマで配信していますが、好きな漫画を無料で読む方法もあります。

U-NEXT、FOD、music.jpのサービスなら無料期間と無料ポイントで好きな漫画が読めちゃうのです!

おすすめは見放題アニメも多いU-NEXTです!

>>U-NEXT公式サイト

スポンサードリンク

悪女の定義【第116話】あらすじ

海務省の執務室に鉄船開発チームのメンバーが初めて集まった日。

それぞれにぎやかに自己紹介や挨拶を交わしていました。

アルベルはマスターシェルメロに、一緒に仕事ができるだなんて光栄だと声をかけました。

シェルメロ「アルベル・コーゲン男爵令息でいらっしゃいますね?」

アルベル「わ・・・私は・・・ご・・・ご存知だったのですか!?」

慌てるアルベルに、シェルメロは論文もよく拝見していると話ました。

今回の緑化事業を進めながら書いた論文も素晴らしかったと言われたアルベルは、目を輝かせて喜んでいるのです。

それは植物と魔法を組み合わせる新たな領域を開発したそうで称賛してくれていますが、アルベルはそれを受けるべきなのは公女様だと訂正しました。

アルベル「私は公女様がおっしゃったとおりに事業を推進するために、研究を行っただけですので」

また始まった・・・と苦笑いをしてしまうシャルティアナ。

するとシェルメロは、アルベルの持っている大きなカバンが気になったようです。

シェルメロ「私の勘によると魔道具のようですが」

アルベル「仰るとおり、私が新しく開発した健康診断用の魔道具です」

新しく開発をしたということは、新種の魔道具ということなのだろうかと目を光らせているシェルメロ。

アルベルも熱が入り、その通りだと答えます。

原理に関して話している二人を見たシャルティアナは、魔法オタクが2人も・・・と戸惑います。

 

アルベル「もともと西部地域の住民たちのために作ったものなのですが、皇宮で大変なことが起こったと聞いて役立つのではないかと思い、持ってきたのです」

シェルメロ「そういえば、もう一人のレジーナの方が倒れられたとか?」

ステナ令嬢だとシャルティアナは言いました。

するとシェルメロは、今すぐ使ってみるのはどうかと提案してきたのです。

レオフリド「今日の集まりの目的は別にあるはずだが?」

敵対心を出しているレオフリドはシェルメロに突っかかります。

新たな魔道具が気になるだけではないのかとレオフリドが問い詰めると、シェルメロはそれは鋭いがアルベルが持ってきてくれたから使うべきだと主張。

シャルティアナ「そ・・・そうですよ!それならばこの集まりが終わってから行ってみましょう!」

そしてレオフリドにだけ聞こえるように小声で、大丈夫ですと伝えるのでした。

悪女の定義【第116話】ネタバレ

結局会議が終わった後、全員でアイリーンの部屋を訪問することになりました。

シェルメロまでついてきたのは予想外でしたが、断る理由が見つからず邪魔をしそうにもなかったので、特に止はしませんでした。

アイリーンの侍女と医師たちに魔道具について説明を行い、医師の立ち合いのもと検査を行うことに同意を得ました。

本当に令嬢の体に害はないのかと医師に確認されると、アルベルはもちろんだと答えます。

そして魔道具を開き、ついに使う時が来たのです。

 

アルベル「よし!正常に作動していますね」

すると医師は、結果の解析に医学的知識が必要であれば手伝うと協力してくれるそうです。

ちょうどお願いしようと考えていたアルベルは、安心して医師に任せることができました。

 

そうして検査が終わり、二人の魔法士と医師たちが集まって結果を検討しました。

そして・・・。

アルベル「こ・・・これは、どういうことだ・・・?」

ここでレオフリドがどうしたのかと入ってきます。

アルベルは結果が少し不可解だと説明します。

アルベル「令嬢の体内に、毒の成分と解毒剤の成分が両方あると出たのです」

医師は令嬢の体内にある毒は少量でも非常に危険な猛毒だと説明し、解毒剤の効果で意識を失う程度で済んだのだろうと推測します。

医師「このように、複数の物質が同時に作用していたとは・・・全く予想外でした。だから毒の種類がなかなか判明しなかったのですね」

見つかった・・・!とシャルティアナは確信します。

レオフリド「しかしまだ、解毒剤は処方されていないと聞いているのだが」

医師は。どのような毒なのかわからなかったため、処方は行っていなかったと言います。

シェルメロ「あの小賢しい令嬢が、毒と解毒剤を一緒に服用した可能性がありますね。おっと・・・これが不用意な発言だったでしゅおか?」

医師「軽率な発言は慎んでください!これが全て自作自演であったと仰るのですか?」

シェルメロは宮の人間ではない為、この場所の事情には無知だったと謝ります。

ですがそれを聞いたレオフリドは、軽率な発言ではあるが的を得ていると言うのです。

レオフリド「処方していない解毒剤が、なぜ令嬢の体の中にあるというのだ?」

そして話を聞いていたシャリアン卿も、断定はできないが調査を行う必要があると思うと主張します。

そうすることになり、この場は解散となります。

 

まさかの事態に慌てているアルベルを見たシャルティアナは、ここは声をかけて落ち着かせようと動きます。

するとシャリアン卿がアルベルに、大丈夫かと声をかけていたのです。

二人で話している様子をみたシャルティアナは、出番はなさそうだと少し離れていきます。

後ろにいたレオフリドとぶつかってしまったシャルティアナは、自分たちも戻ろうと声をかけられました。

 

外に出て話しているシャルティアナとレオフリド。

レオフリド「驚いたな、そなたが用意したのか?」

シャルティアナ「コーゲン令息が用意してくれたのですわ」

私には前もって話してくれてても良かったのではとレオフリドは言いますが、敵を欺くにはまず見方からだと言われていると答えます。

アルベルにも本当の目的は話していないことも伝えました。

そしてここからは、レオフリドが引き受けてくれるようになりました。

 

皇太子はすぐさまこの件を公にし、皇宮は再び大きな騒ぎとなりました。

アイリーンの支持者たちと皇后は強く反発し、魔道具の信用性に疑いがあると主張しましたが、アルベルの名声は非常に強固なもので、その上なんと魔塔のマスターシェルメロまでその魔道具の信頼性を認めたのです。

結局、捜査の方向性が変わることになりました。

今まではアイリーンが被害者である可能性だけを考慮していましたが、アイリーン自らが加害者である可能性まで視野に入れ始めたのです。

やっと正しい報告での操作が始まったのです。

あとは捜査官たちが決定的な証拠を見つけることを待つだけとなりました。

もしもそうなれば・・・、アイリーンは宮を去ることになるでしょう。

医師たちはアイリーンの状態は時間が過ぎれば回復すると言いましたが、彼女が目を覚ました後この事実を知ったらどう反応するでしょうか。

毒と解毒剤を一緒に飲みこみ長い眠りについている間、自分を邪魔していた問題達が解決されることを望んでいたのでしょうか。

残念だった。

そんな方法ではなにも解決することなどできないと、シャルティアナは勝利を確信します。

 

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

悪女の定義【第116話】感想

アルベル凄いですね!

さらにマスターシェルメロまで協力してくれるとは、シャルティアナの力もあるでしょう。

にしてもレオフリドとシェルメロは、バチバチですね(笑)

結果アイリーンの問題が解決されそうな雰囲気はありますが、実際どうなるのでしょうか?

別の問題が出てこないといいのですが、皇后が黙っているとも思えません。

まとめ

以上、「悪女の定義」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTFODmusic.jpなどがありますが、2019年9月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です