悪女の定義【第131話】のネタバレ・感想!

ピッコマ無料連載中の「悪女の定義」を読みました。

以下ネタバレとなりますので、ご注意ください。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

無料で好きな漫画が読める!

「悪女の定義」は無料で読めるピッコマで配信していますが、好きな漫画を無料で読む方法もあります。

U-NEXT、FOD、music.jpのサービスなら無料期間と無料ポイントで好きな漫画が読めちゃうのです!

おすすめは見放題アニメも多いU-NEXTです!

>>U-NEXT公式サイト

スポンサードリンク

悪女の定義【第131話】あらすじ

皇帝陛下「これまでの調査結果を総合した結果、皇后が殺人教唆をおこなったことは間違いないという結論が出た」

今日付けで皇后の全ての権利をはく奪し、内宮北側のボレアス塔へ幽閉すると指示がありました。

ボレアス塔に幽閉された者が生きてそこを出てきたことは一度もありません。

皇后は一生ボレアス塔で罪をかみしめることになるでしょう。

マルケル侯爵の訪問によりある程度予想はついていましたが、実際にこの判決が下されたときは妙な気分でした。

シャルティアナを脅かす相手がいなくなったのは嬉しいことですが、手放しで喜べるかといえばそうでもなく・・・。

結局は皇后は自らの罪の代償を払うことになっただけなのですから、あまり深くは考えないことにしました。

彼女にはほかにやらなければならないことが沢山あるのです。

その中でも今日は少し特別でした。

皇妃殿下の皆さんがいらっしゃったと報告が入り、シャルティアナは中に通すようにお願いしました。

これまで沈黙を貫いてきた皇妃たちがシャルティアナに挨拶をしたいとやってきたのです。

一体どんな人たちなのだろうと少し警戒はしていまいます・・・。

悪女の定義【第131話】ネタバレ

「ご機嫌よう、公女。ああ、公女ではなく、ロイヤル・レジーナとお呼びするべきでしょうか?」

シャルティアナはまだ成婚したわけではないと答えましたが、気が早すぎる公女たちに戸惑っているのです。

「何をおっしゃるのですか。成婚は時間の問題でしょう?」

「そうですわ~」

三人の皇妃たちは嬉しそうに話していますが、シャルティアナはやっぱり普通の人たちではないと戸惑いをかくせません。

シャルティアナ「とりあえずお座りください。お口に合うかわかりませんが、お茶菓子を用意しましたので」

三人ともとても友好的に接してくれ、シャルティアナの気持ちは少し楽になりました。

 

会話は和気あいあいとした雰囲気で進み、皇妃たちは本当に挨拶をしに来ただけで他の意図はなさそうです。

むしろシャルティアナの方が会話をしながらも彼女たちの様子を隈なく観察していました。

少し失礼な気もいましたが・・・、皇宮での暮らしというものはそういうものなのだから仕方がありません。

ソリナ皇妃が三人の内の中心人物であるようで、彼女はレジーナ出身の皇妃で皇后がいない今のような状況では、皇后の役割を彼女が代わりに行うのです。

彼女に比べてほかの二人が皇妃となったのは少し特殊なケースでした。

皇妃という職位は簡単に与えられるものではありません。

皇妃となるのは通常、レジーナの競合で敗北したり、もしくは外交的な婚姻により皇室にはいる場合なのですが、二人はそのいずれにも該当しませんでした。

それはつまり・・・。

ソリナ皇妃を牽制するために皇后が手を回したということ。

それにも関わらず三人の皇妃はとても親しげに見えました。

おおらかな人柄のせいでしょうか?それとも力を合わせて皇后に対抗するつもりなのでしょうか?

 

ソリナ皇妃「何やら考えことをしていらっしゃるようですね?」

シャルティアナ「あ・・・!なんでもありませんわ。失礼いたしました」

気にしないでとソリナ皇妃は言い、それならもう少し面白い話をしようと提案してきてくれました。

ソリナ皇妃「最近、皇太子殿下と仲がよろしいと聞きましたが・・・」

とても楽しそうにシャルティアナに質問してきました。

宮中その噂で持ち切りなのだそうです。

毎日会って一緒に過ごしているとか、皇太子殿下にそんな一面があったなんてとか、質問攻めにシャルティアナは焦ります。

シャルティアナ「お・・・お恥ずかしいですわ」

ソリナ皇妃「あら!一度にいろいろと訊きすぎてしまいましたね」

何しろとても珍しいことなので興奮してしまったと、ソリナ皇妃はシャルティアナに謝ります。

その言葉を聞いた瞬間、ある考えが頭をよぎりました。

三人の皇妃がこんなにも親しくなれた理由・・・。

器が大きいから・・・、皇后という共通の敵がいるから・・・、この二つも間違いではないが一つの前提が必要でした。

三人とも皇帝と愛によって結ばれていないということ。

皇妃たちが皇帝へ向ける感情は様々でしたが、そこに恋愛感情はありません。

だから自分の夫の夫人たちとこのように友情を分かち合うことができたのでしょう。

むしろ彼女たちからすると、シャルティアナの方が信じられないはずです。

皇室で結婚する仲である二人が、互いに愛し合っているということ・・・。

これほど幸運で特別なケースがほかにあるでしょうか?

ということはいつか、この場所の常識では当たり前のことが彼と自信にも起こりえるのかもしれないとシャルティアナは考えてしまうのです。

帝国の利益のために、彼が他の皇妃を迎えるとしたら・・・。

いや、利益とは関係なくただ彼がそう望むようになったとしたら・・・。

シャルティアナ(嫌だ・・・。私はきっと耐えられない)

 

すると皇太子殿下がいらっしゃったと、侍女から報告が入ります。

レオフリド「こちらへ集まっていらっしゃったのですね」

ソリナ皇妃「公女に会いに来られたのですか?朝食も一緒にとられたと聞きましたが、もう会いたくなってしまったようですね?」

レオフリドは会いたくて我慢ができずに来てしまったといい、シャルティアナの額にキスをしました。

「「まあ~~~!!」」

皇妃たちはいっせいに声をあげます。

 

レオフリドの訪問により、ティータイムは少し早めに終わりました。

皇妃たちは帰っていき、二人は庭園に散歩に出ることにしたのです。

レオフリド「どうだった?」

シャルティアナ「いろいろと質問されて少し面食らってしまいましたけど・・・いい方たちでしたわ」

ありがたいことに、ソリナ皇妃が特に好意的に接してくれたと話すと、彼女は皇后のせいで苦労をしていたからと、レオフリドは納得しているのです。

レオフリド「そなたのおかげで自由を得たようなものなのだから、きっととても感謝しているのさ」

シャルティアナ「そんな・・・」

レオフリド「何もかも、そなたがいたからこそできたことだ」

そう言うと彼は、シャルティアナの頬に手を添えて向かい合いました。

ですがシャルティアナは顔をそむけてしまいます。

レオフリド「どうした?」

シャルティアナ「だ・・・誰かに見られたら困りますから」

レオフリド「誰もいるはずなどないだろう?」

今はとてもそんな気分にはなれませんが、レオフリドはシャルティアナの後ろから抱きしめてきました。

こうなったら正直に言うしかないと、覚悟を決めます。

シャルティアナ「殿下・・・今はそんな気分には・・・」

後ろにいる彼の方を向くと、不意打ちでキスをされてしまいました。

シャルティアナ「もう・・・!殿下、まってください!!」

「今はキスしたくないんです!!」

するとそんなレオフリドを止める声が聞こえてきました。

「公女が嫌がっておられますよ、兄上」

その場に現れたのはカイラード殿下です。

どうしてこんなところにいるんだろう・・・?

それよりもレオフリドとカイラードの少し険悪な雰囲気が気になってしまうシャルティアナなのです・・・。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

悪女の定義【第131話】感想

皇妃たちは、とてもいい雰囲気でシャルティアナに接してくれました。

多分ここで問題が起きることはなさそうですが、シャルティアナが警戒するのもわかります。

今までそうやって疑わないといけない場所だったのです。

急に考えを変えろと言われても難しいですよね・・・。

 

そしてレオフリドが皇妃を迎え入れることはないでしょうが、やっぱり不安になります。

だってそれが皇宮では普通だったのです。

迎え入れないとなれば、それはそれで何か問題が起きそうな気もします・・・。

そしてレオフリドを止めるカイラード・・。

彼との間に何かありそうですね!

シャルティアナの取り合いが始まるのか!?(笑)

 

まとめ

以上、「悪女の定義」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTFODmusic.jpなどがありますが、2019年9月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です