悪女の定義【第140話】のネタバレ・感想!

ピッコマ無料連載中の「悪女の定義」を読みました。

以下ネタバレとなりますので、ご注意ください。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

無料で好きな漫画が読める!

「悪女の定義」は無料で読めるピッコマで配信していますが、好きな漫画を無料で読む方法もあります。

U-NEXT、FOD、music.jpのサービスなら無料期間と無料ポイントで好きな漫画が読めちゃうのです!

おすすめは見放題アニメも多いU-NEXTです!

>>U-NEXT公式サイト

スポンサードリンク

悪女の定義【第140話】あらすじ

馬車に乗って、レオナ夫人のお茶会に向かっているシャルティアナとセシリア。

セシリアは、自分がレオナ夫人のお茶会に参加出来るだなんてと嬉しそうにしています。

そんなに浮かれて、まるで社交パーティーに初めて参加するみたいだと、シャルティアナは笑いました。

セシリアはこんなに身分の高い方たちの集まるパーティーは初めてなのだそうです。

シャルティアナ「そうなの?今日をきっかけにこれからもきっと度々行くことになるわ」

セシリア「本当にそうなるでしょうか・・・?私のようなみすぼらしい者が・・・」

下を向くセシリアに、シャルティアナはあなたのどこがみすぼらしいというのかと言います。

あなたは次期皇后の侍女なのだから、もっと堂々としていればいいのだと真剣に伝えるのです。

シャルティアナ「私もいろいろと力を貸すから頑張ってみなさい。私のことを思う存分利用すればいいわ」

笑顔でそう話した瞬間、セシリアの顔に複雑な表情が浮かびましたが、すぐに微笑みながら感謝の言葉を述べました。

そしてまた浮かれたようにおしゃべりをはじめ、シャルティアナとしてもいじけられるよりもそっちの方がはるかに気が楽だったのです。

 

それからずいぶんと長い間、セシリアは休む間もなくしゃべり続けました。

彼女がこんなにおしゃべりだったなんて、シャルティアナは知らなかったのです。

あまりにも長々と話すので、早く到着してほしいと思い始めたほどでした。

そしてふと窓の外を見た瞬間、何かがおかしいことに気づいたのです。

馬車は深い森の中の道を走っており、車輪の回りに土と砂利が跳ねるのが見えました。

こんな道を走っていたら、車輪がひどくがたつくはず・・・。

騒音と振動を抑える魔法のせいで、気づかなかったのです。

レオナ夫人の屋敷へ向かうのに、こんな森を通る必要があったでしょうか。

そんなはずはないと、シャルティアナは考えているのです。

悪女の定義【第140話】ネタバレ

セシリアはシャルティアナの異変に気付き、どうしたのかと聞いてきました。

シャルティアナ「セシリア、私たちが出発してからどれくらい経ったかしら?」

するとセシリアは、30分ほどだろうかとだけ答えます。

ですが明らかにもっと走っているはずです。

シャルティアナは窓の外を見るように言い、ここがどこだかわかるかと聞きました。

ですが彼女はわからないようで、確かに宮の中で過ごしていることが多いので、わかるはずがありません。

シャルティアナ「これは、レオナ夫人の屋敷へ向かう道ではないわ」

セシリア「え!?」

最悪の場合誘拐された可能性があると、シャルティアナは言うのです。

セシリアは、まさか誰がそんなことを!!と慌ててますが、シャルティアナはきっと私のことを気に入らない人物だと考えています。

敵と言えば皇后とアイリーンです。

でもそんな二人にこんな真似をする余力はないはず・・・。

皇后の実家であるマルケル侯爵家であれば可能性はありますが、こんなことをする理由はあるでしょうか?

シャルティアナに危害を加えても、皇后があの塔から出られることはありません。

すでに裁判は終わり、皇后は罪を償うためにそこに入ったのですから・・・。

誰の仕業なのかは後で考えるとして、今重要なのはここからどうやって抜け出すか。

飛び降りることを考えましたが、そんなことをしたら間違いなく死んでしまそうなスピードです。

 

ふとシャルティアナは、御者席と繋がる窓があることに気づきました。

御者を制圧すれば、馬車を止めることができます。

御者は一人でこちらは二人なので、勝算はあるはず・・・。

しかも、窓越しに首元を無防備にさらしている状態なので、鋭いもので刺すか紐のようなもので首を締め上げればいいでしょう。

シャルティアナはセシリアに、ナイフを持っているかと聞きました。

それか武器になりそうなとがったものなら何でもいいと言いますが、そんなものは持ってきていないそうです。

確かに武器になりそうなものなんて、持ち歩いているはずがありません。

こうなったら素手で首を絞めるしかないと思い、窓に近づくシャルティアナ。

セシリア「こ・・・公女様。何をなさるのですか?危険です・・・!」

大人しく座っていた方がいいのでは?と彼女は言いますが、できることはすべてやってみるとシャルティアナは答えます。

バレないように気を付けて窓を開きました。

セシリア「公女様、危ない!!」

シャルティアナ「!?」

急にセシリアが大声を上げるので、御者が気づき後ろを振り向いてしまいました。

それから御者はすぐに窓を閉めてしまい、何かを使って施錠したのかその後窓はビクとも動きません。

これが誘拐であることを確信すると同時に、唯一の脱出の機会を無駄にしてしまった瞬間でした。

焦るシャルティアナを尻目に、馬車はさらに速度を上げます。

御者を刺激したことにより、状況が悪化してしまったのです。

苛立ちを隠せないシャルティアナは、セシリアに問い詰めます。

シャルティアナ「窓を少し開けただけだったのに、何が危険だというの?どうしてあんなに大声で叫んだのよ?」

あんなのは協力どころかただの妨害だと、シャルティアナは言いました。

セシリア「も・・・申し訳ございません。そんなつもりでは・・・」

俯く彼女に、もうすでに起こってしまったことだからいいと、とりあえずその場は落ち着きました。

ここではセシリアが唯一の味方だから、あまり責めるのはよくないと考えたのです。

ですがここでシャルティアナは、「味方」とうことに疑問が浮かんできました。

 

その時までのセシリアの行動が頭をよぎります。

普段よりもやけにおしゃべりだったことや、時間がどれほど経ったかという質問に対するデタラメな答え。

皇宮を出るだけでも30分はかかるのに、あれは本当に在り得ない答えでした。

そしてさっきの大声を出すという信じられないミス・・・。

もしもセシリアが「私の味方」じゃないのなら・・・、あのおかしな言動にもすべて説明がつくのです。

ですがセシリアにはそんなことをする理由がないはずです。

この子にとってシャルティアナは金のなる木のような存在なのですから・・・。

ひとまずセシリアのことは信じないようにしようと考えました。

 

そんなことを考えている間に、馬車はぽつんと森の中に建つ建物に到着しました。

そこは裕福な平民が所有する別荘のような建物です。

その周りを守る武装した男たち・・・。

誰が背後にいるのかはわかりませんが、今回の誘拐はかなり入念に計画されているものだということがわかります。

馬車から降りて手首を縛られている間、シャルティアナは必死に周囲を見渡しました。

ですがここがどこなのか、知ることができるものは何もありません。

このままではまずいので、何か手がかりの一つだけでも・・と思い後ろを振り向くと・・・。

早く歩けと言っていた男から、ノロノロするなと大声を出されてしまいました。

男に引っ張られた拍子に、シャルティアナは躓いてこけてしまいます。

セシリア「公女様!」

そのとき・・・。

「誰か起こして差し上げてください」

それはあまりにも聞きなれた声でした。

顔を上げるとそこに立っていたのは、アイリーンだったのです。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

悪女の定義【第140話】感想

ええ!!アイリーン、久しぶり!!(笑)

もしかして、セシリアとアイリーンは繋がっていたのでしょうか?

セシリアも行動がかなり怪しいですもんね。

ですがこんなことをしても、すぐにばれてしまいそうな・・・。

アイリーンの出現に驚きは隠せませんが、平和な日々からおもしろくなってきました。

ここでシャルティアナに復讐しても意味ないのにな・・・。

まとめ

以上、「悪女の定義」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTFODmusic.jpなどがありますが、2019年9月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です