悪女の定義【第141話】のネタバレ・感想!

ピッコマ無料連載中の「悪女の定義」を読みました。

以下ネタバレとなりますので、ご注意ください。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

無料で好きな漫画が読める!

「悪女の定義」は無料で読めるピッコマで配信していますが、好きな漫画を無料で読む方法もあります。

U-NEXT、FOD、music.jpのサービスなら無料期間と無料ポイントで好きな漫画が読めちゃうのです!

おすすめは見放題アニメも多いU-NEXTです!

>>U-NEXT公式サイト

スポンサードリンク

悪女の定義【第141話】あらすじ

シャルティアナが想像もしていなかった人物が、目の前に現れました。

それはアイリーン・・・。

彼女は微笑みながら、久しぶりですねと声をかけてきました。

アイリーン「さあ立ち上がってください。理解ができないと言いたげな顔ですね」

そして、無力だと見下してい私にこんな目にあわされるなんて、どんな気分なのかと聞いてきました。

彼女は大勢の人がいるにも関わらず、ためらいもなく残酷な言葉を吐き出します。

それはシャルティアナが知っていた以前のアイリーンとは、まったく違う姿でした。

追い詰められながらも捨てることのなかった偽善の仮面を、奈落に落ちてようやく彼女は手放したのです。

ですがいくら取り繕うことをやめたからといって、彼女の力だけでこんなことまでできるとは思えません。

背後に別の黒幕がいるはず・・・。

それが誰なのか、何が目的なのかを確かめなければと、アイリーンにそのまま付いて行きました。

 

悪女の定義【第141話】ネタバレ

シャルティアナたちは別荘の中に連れて来られ、アイリーンはソファーに座り、腰かけるようにと促してきました。

それはありがたい提案。

話が長くなるほど、シャルティアナにとってはヒントを得るチャンスが増えるのです。

シャルティアナ「・・・どうして私をさらったの?」

アイリーン「寂しいですわ。久しぶりに会ったというのに、挨拶もしてくださらないなんて・・・」

レジーナとして共に沢山のできごとを経験してきたが、自分のほうが経験したことも多いのだと、アイリーンは言うのです。

それはシャルティアナのおかげだと、不敵な笑みを浮かべながら言いました。

あなたにも同じ目に遭ってもらわなければ不公平だと言うアイリーンは、侍女たちにシャルティアナのドレスを脱がすように命令します。

それはあっという間で、二人がかりでドレスははぎとられてしまうのです。

羞恥と憤怒が沸き上がりましたが、この世界の下着がワンピーススタイルであったことがせめてもの慰めでした。

 

シャルティアナのドレスを触りながらアイリーンは、この触り心地こそ本当のドレスだと言いました。

アイリーン「どう?似合いますか?公女はどう思います?」

自分にドレスをあて微笑みながら、シャルティアナに聞きます。

鳥肌が立つようなその笑顔を見て、彼女は取り繕うことを辞めたのではないと気づきます。

今のアイリーンは、完全に正気を失ってしまっているのだと・・・。

ですが隙を狙うには、そっちの方が都合がいいとシャルティアナは考えました。

シャルティアナ「そんなマネをしたところで、私にはなれないわよ」

するとアイリーンはドレスを投げ捨てて、再び皇宮へ戻って見せると言い出したのです。

それも、シャルティアナをどん底に突き落として・・・。

シャルティアナ「そんなことができると本気で思っているわけ?」

私にとってあなたは、取るに足らない存在だと睨みつけながら言いました。

するとアイリーンは、シャルティアナの頬を思いっきり叩いたのです。

アイリーン「あんたが私を見下すことは許されないわ。未来の皇后に敬意を表しなさい」

シャルティアナの予想通り、少し刺激しただけですぐに反応してくるアイリーン。

アイリーンは笑いながら、なかなか気分がいいものだとシャルティアナに言うのです。

「あの方」から、あなたを必ず殴るように言われていたんだとも・・・。

アイリーン「何度も殴りたいと思っていたのに、それができなかったから・・・と」

「あの方」と聞いて、やはり背後には別の人物がいたんだと、シャルティアナは確信します。

殴りたいほど恨んでいる身分の高い人物と言えば、皇后がすぐに思い浮かびますが・・・。

まだ情報が足りないので、それに関して確信は持てません。

シャルティアナ「私をどうするつもり?」

アイリーン「生きながらにして、地獄のような苦しみを味わってもらうわ」

そう長くは生きられないと思うと付け加えて・・・。

アイリーン「皇宮には二度と戻れず、誰からも忘れられたまま、全てを奪われて虫けらのように身を悶えさせながら死んでいくのよ」

それは拷問して殺すということなのでしょうか?

するとアイリーンは、これは公女自身が招いたことなのだから悪く思わないでと言い出しました。

アイリーンを罠にはめて、地位を奪った罰なのだと・・・。

シャルティアナ「何度も言ったでしょう、アイリーン。あなたがそうなったのは私ではなく、あなた自身のせいよ」

「でも私に責任を押し付けて、現実逃避したいのであれば好きにしなさい。私には関係ないから」

ドレスが欲しければ持っていけばいいとシャルティアナが言うと、アイリーンの目が変わります。

アイリーン「ああああっ!!!」

急に叫び出し、最後の最後まで私をバカにして!!と、跳びかかってきたのです。

シャルティアナ「その代わり、一つだけお願いがあるの。セシリアを解放してやって」

セシリアには何の罪もないと言うと、アイリーンは笑みを浮かべました。

アイリーン「アハハハ!あれほど賢いフリをしておいて、なんて愚かな女なの!」

それを黙って見ているセシリアは、顔を真っ青にしています。

アイリーン「まさか、今でもエルシータ令嬢を信じているの?令嬢がいなければあんたが誘拐されてここに来ることもなかったはずよ」

少し哀れに思えてしまうと言いながらナイフを取り出し、セシリアの手首を絞めていた縄を切りました。

シャルティアナはそうだろうと思っていたのです。

セシリアはシャルティアナが無理やり服を脱がされても、頬を殴られても少しも驚いていませんでした。

馬車での行動から始まった疑いは、すでに確信に変わっています。

それを確かめるためにわざと、アイリーンにセシリアの話をしたのですから・・・。

アイリーンはシャルティアナを精神的に追い詰めたと思い込んだのか、勝ち誇ったように笑っていました。

ここは調子を合わせて、セシリアにどうしてこんなことをしたんだと、悲し気な表情で声をかけます。

アイリーン「セシリア、あなたに公女の世話を任せるわ」

セシリア「えっ!?でも私の役目はもう終わったはずでは・・・」

明らかに動揺しているセシリアですが、黙って言う通りにして公女をより苦しめてやるんだとアイリーンはやる気満々です。

アイリーン「あちらの部屋に公女を連れて行って待機していて。地獄が始まる前の最後の休息を楽しむといいわ」

 

そうそれは思いがけない収穫でした。

何かを準備する間、アイリーンはシャルティアナの監視をセシリアに任せたのです。

今がチャンス・・・。

セシリア相手ならこの状況をひっくり返すことができるかもしれないと、シャルティアナは考えることを諦めません。

シャルティアナ(絶対にあきらめないわ。ここから脱出してみせる!)

 

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

悪女の定義【第141話】感想

やはりセシリアはアイリーンの仲間・・・。

でも、これは好都合ですよね!

だって味方に引き入れやすい状況なのですから。

頭がおかしくなったアイリーンが何を考えているのか、今のところはっきりとはわかりません。

ですが、シャルティアナがピンチなのには変わりない!!

お茶会に参加しないことを不思議に思った誰かが、早くシャルティアナを捜してくれればいいのに!!

まとめ

以上、「悪女の定義」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTFODmusic.jpなどがありますが、2019年9月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です