悪女の定義【第144話】のネタバレ・感想!

ピッコマ無料連載中の「悪女の定義」を読みました。

以下ネタバレとなりますので、ご注意ください。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

無料で好きな漫画が読める!

「悪女の定義」は無料で読めるピッコマで配信していますが、好きな漫画を無料で読む方法もあります。

U-NEXT、FOD、music.jpのサービスなら無料期間と無料ポイントで好きな漫画が読めちゃうのです!

おすすめは見放題アニメも多いU-NEXTです!

>>U-NEXT公式サイト

スポンサードリンク

悪女の定義【第144話】あらすじ

別荘を守っていた男たちは鎮圧過程で皆殺されてしまい、アイリーンとセシリア、セオフィル伯爵は生け捕りとなりました。

そして審問を通して事件の真相が明らかになりました。

新興貴族であるセオフィル家、ノリエン家、ロリス家。

予想通り彼らがアイリーンを誘って、今回の事件を起こしたのです。

そのための資金のほとんどは、マルケル侯爵が負担。

なんと、新たなレジーナ競合のための準備までしていたのです。

話をまとめると、マルケル侯爵が皇后候補の交代を目論んで、その初めの階段でもあったシャルティアナの始末を新興貴族に依頼。

彼らはそこでアイリーンを誘い込み、アイリーンはセシリアを引き入れました。

その代償として、彼らは血の雨を降らせることとなったのです。

 

罪人たちが広場に引きずり出されます。

すでに彼らの罪は国中に知られており、怒り狂う民衆は彼らを大声で罵りました。

彼らを狙ってありとあらゆるものが投げ込まれましたが、警備隊がそれを制止することはありません。

アイリーンは飛んできた石が頭に当たり、血を流していました。

彼女は自身が取り返しのつかない過ちを犯したことを悟ったでしょうか?

刑が執行されてしまったので、その答えは永遠に知ることができません。

アイリーンとセシリア、ノリエン伯爵とその息子、ロリス伯爵とその息子・・・。

そしてマルケル侯爵まで全員が死刑となったのです。

セオフィル伯爵は刑を言い渡される前に死んでしまいました。

それは尋問がどれだけ悲惨ななものであったのかを物語っていました・・・。

 

人々は尋問の途中で切り落とされた伯爵の手首について騒ぎ立てました。

そのようなことはめったにありませんが、それはしばらくの間帝都の噂の的となったのです。

あのゾッとするような瞬間に伯爵を目の前にしてシャルティアナの頭に巡った想像は、ほぼ全て現実となったのです。

悪女の定義【第144話】ネタバレ

体の具合はどうだと聞きながら、レオはシャルティアナの肩に手を回しました。

もう大丈夫だと何度も言っているとシャルティアナが答えると、もう聞かないようにすると約束してくれたのです。

そしてシャルティアナは、一つ気になることがあると質問をしました。

シャルティアナ「あの日別荘に来て私を助けてくれましたけど、どうしてあそこに私がいるとわかったんですか?」

その言葉にドキッとしたレオは、いつもの鋭さが戻ってきたということは完全回復したのは本当のようだと呟きます。

話を聞いても怒らないで欲しいと言うと、シャルティアナは一体何なんだとレオを問い詰めます。

レオ「そなたの通信具に細工をしておいたのだ」

目を逸らしながら、本当のことを話し始めます。

一体どうやってそんなことをしたんだとシャルティアナは問いますが、途中でエスターがお茶を持ってきてくれました。

エスター「・・・もう少し後にお持ちしましょうか?」

レオ「いや、茶は置いてそこに座ってくれ。チャスリン」

するとエスターは微笑み、やっと話すつもりなのかと言いました。

なんのことだかわからないシャルティアナは、明らかに動揺してしまいます。

シャルティアナ「一体どうなっているわけ!?」

ですがエスターはイスに座り、シャルティアナに微笑みかけます。

 

レオ「初めて侍女が付いた時、そなたはその中に私の密偵がいると疑っていただろう」

シャルティアナ「ええ、結局はステナの密偵でしたが・・・え?」

ここで話の流れを察したシャルティアナは、まさかエスターが密偵だったのかと問いました。

エスター「ご名答です♡」

怒りがこみあげてきたシャルティアナは、どうしてそんなことをしたんだとレオに怒鳴りつけます、

ですが彼も初めはシャルティアナのことを警戒していたそうです。

それはシャルティアナが通信具を持ち込んだのと同じ理由・・・。

すると怒りが少し収まり、納得してしまいます。

シャルティアナが実家での休養から戻ってきたときに、その通信具を持ってきたことに気づいていたエスター。

見た目は普通のアクセサリーなのに他のものとは別に管理をしていたので、目についたのだそうです。

エスター「調査の結果、非常用の通信具であることがわかり、皇太子殿下に報告したところ受信地を変えておこうと仰られたので・・・」

シャルティアナが通信具を付けない日にこっそり持ちだし、作動させると皇太子殿下に連絡が届くように細工をしていたのだそうです。

一体いつなんだとシャルティアナが聞くと、それは昨年のエストゥスの時なのでちょうど一年前だそうです。

それはつまりパパから通信具を受け取った直後のこと。

最期の手段だと信じていたのですが、初めからそうではなかったのです。

シャルティアナ「わ・・・私、もう誰も信じられない・・・。もちろんそのおかげで助かったのは認めるけど・・・」

背筋がぞくっとしてしまうシャルティアナは、体を震わせています。

レオもかなり心配しているのです。

エスター「公女様落ち着いて私の話をお聞き下さい。私はずっと前から公女様の味方だったのです」

救貧祭の時、不利な状況にも関わらず熱心に努力をしているシャルティアナの姿を見て、密偵はもうやめようと思ったのだそうです。

これからは本気で公女様の役に立ちたいと思っていると、笑顔で言いました。

それはわかりやすく言うと、惚れこんでしまっているということだそうで、レオがそれに反応します。

レオ「チャスリンの話しは事実だ。ある日急に密偵を辞めたいと言い出して、その後からそなたの消息を全く教えてくれなくなったのだ」

エスターは時々冷やかしのつもりでシャルティアナの可愛らしいエピソードをレオに伝えたそうですが、直接自分の目で見ないと気が済まないとソワソワしていたのだそうです。

レオが本当に密偵をつけていて、しかもそれがエスターだなんて想像もしていなかったシャルティアナ。

こえは怒るべきなのか・・・。

ですがエスターが自ら味方になってくれたのは、嬉しく感じているのです。

エスター「あまりお気を悪くされないでください。殿下も公女様にお話しするつもりでいらっしゃったのですが、時期をつかめずにいただけなのです」

ふーんと言いながらレオをチラ見します。

シャルティアナ「今回は許しましょう」

シャルティアナにも通信具をこっそり持ち込んだという負い目がありますし、そのおかげで助けられたのです。

その代わりにこれからは互いに嘘はなしだとシャルティアナが言いました。

レオは「わかっている」と言いながら、シャルティアナの頬にキスをします。

非常用の連絡手段を備えておくのは悪くないとまともなことを言いながらも、何度も何度もエスターがいる前でキスをしてくるのです。

 

すると急に部屋のドアが慌ただしく開きました。

「皇太子殿下!公女様!」

慌てて入ってきた侍従に、何があったのかとレオが聞きます。

「た・・・大変です。皇后陛下が・・・亡くなられました」

皇后が亡くなったと聞いて、二人の表情が一変しました。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

悪女の定義【第144話】感想

悪者だったとは言え、皇后はレオの母。

ショックを受けないわけはないでしょう・・・。

きっとそれはシャルティアナも同じ。

元気は元気だった皇后なので、こんなにすぐに亡くなるなんて思ってもいなかったでしょうし、これからどうなるのでしょうか?

こんなことでレオとシャルティアナの間に亀裂が入ることはなさそうですが、またひと悶着ありそうな予感・・・。

まとめ

以上、「悪女の定義」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTFODmusic.jpなどがありますが、2019年9月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です