悪女の定義【第145話】のネタバレ・感想!

ピッコマ無料連載中の「悪女の定義」を読みました。

以下ネタバレとなりますので、ご注意ください。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

無料で好きな漫画が読める!

「悪女の定義」は無料で読めるピッコマで配信していますが、好きな漫画を無料で読む方法もあります。

U-NEXT、FOD、music.jpのサービスなら無料期間と無料ポイントで好きな漫画が読めちゃうのです!

おすすめは見放題アニメも多いU-NEXTです!

>>U-NEXT公式サイト

スポンサードリンク

悪女の定義【第145話】あらすじ

皇后陛下が亡くなりました。

塔内で自ら命を絶ったそうです。

すでに罪を犯し幽閉されていた状況で、マルケル侯爵まであのような事件を起こしたため、どうあがいても生き残ることはできないと考えたのでしょうか。

最期まで、自分勝手ない人でした。

葬儀では、隣にいるレオフリドの手を優しく握り締めました。

すると彼は少し、気持ちが落ち着いたようです・・・。

いろいろと事件や騒ぎはあったものの、時間は着実に流れて、気がつけばすっかり夏の盛り。

エストゥスの度の季節がやってきました。

旅行前、シャルティアナは自身が無事である姿を民衆に披露します。

心配してくれたことに対する、感謝を示すためです。

支持してくれる大勢の人と直接顔を合わせるのは滅多にない経験。

彼らのためにはいい国を作っていかなければならないと、気合いが入ります。

もちろん、それは休暇をきっちり楽しんでからです!

悪女の定義【第145話】ネタバレ

旅の行先はセベリダ。

緑化事業をの視察を兼ねて、二人の距離が近づくきっかけとなった去年の旅行を記念するためです。

天を駆ける馬車もうららかな夏の日差しも去年と同じ。

一年しか経っていないのに、こんなにも懐かしい気持ちになるなんて思いもしませんでした。

さらに馬車のなかで、レオフリドが渡してきた本も去年と同じような物・・・。

ですが去年とは違う点もありました。

シャルティアナとレオフリドが、去年よりもずっと互いに気を許せる親密な関係になったということです。

そして西部地域が、もう以前のように荒れ果てていないこと。

 

ふと外を見ると、セルアン川が生き返っているのが見えました。

本来の姿に戻ってきており、街の様子も気になります。

もちろんセベリダの街も以前とは全く違っていました。

すっきりと整備された道や建物に、夕暮れでも賑わいの絶えない大通り。

見せに集まった人々の楽しそうなおしゃべりの声・・・。

街には活気があふれていました。

そんな街の様子を見ながら、シャルティアナは嬉しそうにしています。

レオフリド「そなたが成し得た結果だ」

ですがシャルティアナは、これはみんなが力を合わせて叶えたことだと言いました。

シャルティアナにレオフリド、シャリアン卿にアルベル・・・。

そして懸命に努力した西部地域の人たち全員。

シャルティアナ「この姿を見たかったんです」

実際に目にした感想はどうだと聞かれたシャルティアナは、本当に嬉しいと答えました・・・。

 

そして夜になり、ホテル・セブレーテに到着しました。

案内された部屋は去年と同じ場所。

これもまた、警備の都合のせいかとレオフリドに聞くと、よく覚えているなと言いながら彼は微笑みました。

レオフリド「だが内部は模様替えをしたそうだ。昨年と何もかも一緒では面白くないから幸いだな」

そう言いながら部屋のドアを開けると、真ん中に大きなベッドがあります。

シャルティアナ「でも一人で使うには大きすぎるような・・・」

レオフリド「二人で使うものだが?」

するとシャルティアナは驚き、そのまま何も言わず隣の部屋を確認しに行きました。

レオフリド「これだけ大きなベッドだ。二人で寝ても問題ないと思ったのだが・・・」

でもそれは・・・と言いながら戸惑うシャルティアナを目にし、レオフリドか悲しそうな表情で「嫌なのか?」と聞いてきました。

嫌なのであればもう一つベッドを用意させると彼が言い出したので、シャルティアナは焦り始めます。

シャルティアナ「いえ!嫌なのではありません!あまりにも突然すぎて驚いてしまっただけです!」

本当かと言いながら嬉しそうにしているレオフリド・・・。

そして二人はまず、夕食を済ませに行くことにしました。

 

ついにこの時がきてしまった・・・。

そう考えると、緊張してしまうシャルティアナ。

ある程度は予想をしていましたし、それでもいいとは思っていました。

ですがこんなに急にくるとは思っていなかったのです。

ですが緊張しすぎるのはよくない、いずれは結婚する仲なのだからと言い聞かせ、何とか落ち着こうとしています。

どうしたら落ち着けばいいのかわからなくなり、歌でも歌ってみようかと思っていたところで、レオフリドに名前を呼ばれました。

そして彼は微笑みながら、シャルティアナが座っているベッドに座ってきたのです。

レオフリド「どうしたのだ?そんなに固まって」

いつも言っている通り、そなたが嫌がることはしないと言いながら、シャルティアナにキスをしました。

そしてレオフリドはシャルティアナを押し倒します。

どうしてこんなに手慣れているのだろうか?緊張しているのは私だけ?と、シャルティアナは考えています。

ですがその瞬間、彼の吐息が震えていることに気づきました。

ゆっくり触れていると感じたのはためらっていたせいで、シャルティアナ以上に緊張していたのです。

その事実を知って堪えきれず、シャルティアナは笑い出してしまいます。

ですがそのおかげで緊張がほぐれ、よりいい雰囲気になりつつあったのですが・・・。

レオフリド「ああ、そういえばそなたが勘違いしていることがあったな」

「私が不能だという話しだ」

まだ覚えていたのでしつこいとシャルティアナが言いましたが、彼はそれなりに傷ついていたのだそうです。

レオフリドは、誤解だと言うことをわからせてやると言い、激しくも思いやりのある夜にしてくれました。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

悪女の定義【第145話】感想

安心感・・・!

無事にアイリーンたちの件が終わり、皇后陛下は亡くなってしまいましたが、平和が訪れました。

レジーナではなく、もうシャルティアナが皇后だと言ってもいい気がしますね。

二人はちゃんと結ばれているのですから・・・。

セベリダも平和になり、今までで一番幸せを感じていそうなシャルティアナ。

この旅行も楽しいものになるといいですね!

まとめ

以上、「悪女の定義」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTFODmusic.jpなどがありますが、2019年9月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です