悪女の定義【第146話】のネタバレ・感想!

ピッコマ無料連載中の「悪女の定義」を読みました。

以下ネタバレとなりますので、ご注意ください。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

無料で好きな漫画が読める!

「悪女の定義」は無料で読めるピッコマで配信していますが、好きな漫画を無料で読む方法もあります。

U-NEXT、FOD、music.jpのサービスなら無料期間と無料ポイントで好きな漫画が読めちゃうのです!

おすすめは見放題アニメも多いU-NEXTです!

>>U-NEXT公式サイト

スポンサードリンク

悪女の定義【第146話】あらすじ

目が覚めると、レオフリドが起こしてくれていました。

もう起きる時間なのかと思うと、ついベッドでもぞもぞとしてしまいます。

レオフリドは、予定を一日延期しようかと提案しましたが・・・。

これ以上の延期はダメだと言い、シャルティアナは起き上がります。

 

この3日間、シャルティアナとレオフリドは食事以外ほとんどの時間をベッドの上で過ごしていました。

なんと3日間も・・・。

もともと今回の旅行では、かなり多くの業務が計画されていたのです。

緑化事業地や西穀倉の視察、地域住民との対面など・・・。

ですが細々とした計画は中止となり、大きな計画もなし崩しに延期になって・・・。

とにかく今日こそは何があっても緑化事業の視察に行かなければなりません。

悪女の定義【第146話】ネタバレ

ホテルの外に出ると、護衛たちの表情がいつもとは違います。

なんだかニヤニヤしているように見え、シャルティアナは妙に気になってしまうのです。

後から聞いた話ですが、護衛騎士たちの間でも大変な話題になっていたそうです。

「時期皇帝夫妻の超人的なスタミナ」が。

そんなふうに思われるのは心外です。

レオフリドは女神の祝福を受けた体で、シャルティアナもそれを分け与えてもらったせいで身体能力があがっただけなのですから。

いやらしい視線ではなく、純粋な羨望の眼差しではありましたが、そのせいで余計に恥ずかしくなったのも事実です。

そんな気まずさはさておき、馬車は緑化事業地へ向かい出発しました。

 

たしかに以前も来たことがある道なのに、まるで初めてのように感じられるのは、緑化事業地がいつの間にか立派な森に変わったから。

去年も一部地域を森にする試みは行われていましたが、今は事業地全体が大きな木々で覆われるようになっていました。

それは感動的な光景。

シャルティアナ自身の手で最初に変化させた場所なのです。

最初に成し得た業績でもあります。

しばらくの間、どこまでも広がる青々と広がる森林を静かに見下ろしていました。

そんなシャルティアナに、レオフリドは黙ってついてきてくれたのです。

数値的な成果も期待以上のもの。

実務者たちは嬉しい知らせを次々と報告してくれました。

 

そうして視察を終えて管理事務所から出てきたとき・・・。

「あれっ!?」

その声の主は、あの子供ロニーです。

彼はすっかりと肌ツヤもよくなり、去年とは見違えるような姿になっていました。

「人を指さすんじゃないって言ったでしょ!」

ロニーの頭を思いっきり叩く少女。

この少女はロニーの姉です。

レオフリドは去年ロニーには世話になったと姉に話し、シャルティアナは元気だったかと聞きました。

うん!と笑顔で答えるロニーに、姉は「はい」と言うようにと怒ります。

ロニーの姉は自分の身を奴隷として売った罪により、しばらくの間ここで働かなければならないのだと話しました。

それでもロニーは姉と一緒にいられることが嬉しくてたまらない様子です。

簡単な挨拶をすませて二人とはすぐに別れました。

ただ次の予定が残っていたのです。

 

馬車に乗り、再びセベリダへと向かいます。

馬車の中でもロニーたちのことが頭から離れないシャルティアナ。

去年よりずっとマシだとはいえ、あいかわらず粗末な服を着ておりとても余裕のある暮らしをしているとは思えません。

銀貨でも渡してあげればよかったのだろうか・・・と、シャルティアナは一人悩んでしまいます。

レオフリド「シャティ?そんなに考え込んでどうした?」

シャルティアナは正直に、さっきの二人のことが気になっているんだと話しました。

短い間だったがこれも何かの縁なのに、新しい服を買ってあげたり夕食に美味しいものを食べさせてあげたり・・・。

手を差し伸べてあげるべきだったのでは?と考えてしまっていました。

親もいない子供たちに対して自分の行動が薄情だったのでは?と感じたシャルティアナ。

レオフリド「だが、金を渡さなかったのには理由があるんじゃないのか?」

シャルティアナ「・・・その通りです」

レオフリドは、どんな理由なのかシャルティアナに聞きました。

シャルティアナ「あの子たちは今、自身が犯した罪の罰を受けているからです・・・。それにできるだけ他人からの施しに頼るような人間にはなってほしくなくて・・・」

結局はあの子たちのことを思ってお金を渡さなかったんだと、レオフリドは言いました。

薄情だなんて自分自身を責める必要はない、気遣いに溢れた温かく優しい人だとも・・・。

 

シャルティアナは、自分のことをそんなふうに思ったことはなく、むしろわがままな人間だと思っていたことを話しました。

周りの人からもそう言われたこともあったので、本当はいつだって自分の事しか考えていなかったんだと実感しているのです。

シャルティアナ「私にとって自身の幸せ、自身の考え、自身の意見が最優先でした」

二人は馬車を降りました。

シャルティアナは初めてここに来て、自分が他人から「悪女」だと呼ばれるようになったときは、驚きはしたものの動揺することはなかったそうです。

レオフリド「自分自身を優先することの何が問題なのだ?誰だってそうではないか」

シャルティアナ「・・・そう言ってもらえたら気持ちが楽になります」

自分の思うように生きることは自分勝手ではなく自然なことだと、レオフリドは何度だって言ってやると話します。

そして手を繋ぎ、いつだってありのままのシャルティアナとして幸せになって欲しい、そういられるように努力をするつもりだと真剣に気持ちを話します。

まるで愛の告白のようだと、シャルティアナは笑いました。

 

レオフリドの温かな言葉に、さっきまでの悩みが溶けるように消えていきました。

これからも他人へ影響を与える選択を行わなければならないことは、数多くあるでしょう。

自分が正しい選択をしたのか、悩むことだってでてきます。

ですが彼と一緒なら大丈夫だと思えました。

もし謝ったことをすれば、すぐにそこを正してくれる。

自信を無くした時は励ましてくれる・・・。

彼といれば、皇后という地位に押さえつけられて自分の幸せを見失うことはないはずだと確信しました。

ふと愛しさがこみ上げてきて、レオフリドをからかいたくなりました。

シャルティアナ「レオ、それではもしも・・・。私が幸せを探すために遠くへ旅立つと言ったらどうするのですか?」

まさかの質問にレオフリドは涙目で震えだし、隣にいるときが最も幸せな時ではないのかと聞いてきたのです。

シャルティアナは笑い、泣かないでくださいとフォローします。

そしてシャルティアナは、たしかにレオフリドの言う通りだと答え、二人仲良く夕食に何を食べるか話し合いながらホテルへと戻っていきます。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

悪女の定義【第146話】感想

幸せそうな二人・・・(笑)

ですがロニーと会えてよかったですね!

あのあと全く出てこなかったので、どうなっているのか気になってはいました。

元気そうにしていますし、なによりお姉さんと一緒にいることができてうれしそうでした。

シャルティアナも自分の行動に自信を持ってもいいと思います!

きっとレオフリドも支えてくれるので、安心感はありますね。

まとめ

以上、「悪女の定義」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTFODmusic.jpなどがありますが、2019年9月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です