悪女の定義【第147話】(最終回)のネタバレ・感想!

ピッコマ無料連載中の「悪女の定義」を読みました。

以下ネタバレとなりますので、ご注意ください。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

無料で好きな漫画が読める!

「悪女の定義」は無料で読めるピッコマで配信していますが、好きな漫画を無料で読む方法もあります。

U-NEXT、FOD、music.jpのサービスなら無料期間と無料ポイントで好きな漫画が読めちゃうのです!

おすすめは見放題アニメも多いU-NEXTです!

>>U-NEXT公式サイト

スポンサードリンク

悪女の定義【第147話】あらすじ

シャルティアナたちの結婚式と戴冠式が同時に行われる日。

帝国全体がお祭りのような雰囲気でした。

宮には祝いに訪れた貴族たちでにぎわい、平民たちも広場に設置された映像具でその姿を一緒に見守りました。

遠い海の向こうの国からも、使節団が来たそうです。

さすがにシャルティアナは緊張してしまいます。

ですがレオフリドはそれ以上に緊張しており、その姿を見ると笑いがこみ上げてきてしまいました。

礼服は彼によく似合い、二人は手を取り合って神殿へと向かうと、ものすごい数の祝い客で境内を満たしていました。

彼らは一斉に頭を下げて挨拶をし、むしろ笑って喋ってくれていた方が緊張が解けそうだったのですが・・・。

それでも式は順調に執り行われ、神官たちが祝福をして聖油を振りまいてくれました。

悪女の定義【第147話】ネタバレ

そして最後に近いのキス・・・。

全国民が見ている前でキスだなんて、皇后になるのもいろいろ大変だと思いながらキスをしました。

するとなんと、レオフリドの舌が入ってきたのを感じてしまい、これは負けていられないと深いキスを交わしました。

気づいた時には祝い客たちは大盛り上がりで、そこやかしこから口笛や歓声が上がっていました。

その時になって、やっと自分たちがとんでもないことをしたのだと気づきましたが・・・、喜んでもらえたのでよしとしましょう。

お祭り騒ぎの中で、シャルティアナたちの頭に冠がかぶせられました。

ついに、レオフリドは皇帝に、シャルティアナは皇后になったのです。

様々な感情が浮かんできて、胸がいっぱいになりました。

ですが、二人一緒なら大丈夫だということだけは確かでした・・・。

 

それから宴は続き、やっと夜になりました。

寝室ではレオフリドが、なかなか終わらないからしびれを切らしてしまうところだったとシャルティアナに話しています。

彼は早く二人っきりになりたかったと言いながら、シャルティアナを後ろから抱きしめます。

レオフリド「夫人」

急にシャルティアナのことを今までと違った呼び方で呼ぶので、戸惑ってしまいます。

彼は一日でも早くこう呼びたかったそうで、恥ずかしい呼び方をしながら追いかけてきます。

そのまま二人はベッドの上に倒れ込んでしまい、シャルティアナは捕まってしまったと呆れています。

レオフリドはまだ「夫人」と呼んでくるので、やめて欲しいとシャルティアナが言いました。

ですがレオフリドは、一度でいいから呼んでくれないかとお願いをしてきたのです。

顔を赤くしているシャルティアナは、意を決して口に出しました。

シャルティアナ「なんですか・・・あなた」

するとレオフリドは「可愛い」と言いながら、何度も何度もキスをしてきたのです。

 

 

そんな二人の様子を映像で見ている人がいました。

この二人は一生幸せに暮らすことでしょうと呟きます。

この二人のために、あなたの国に一夫一妻制が確立されることになるんだと、誰かに話しかけています。

「どう?これであなたの望みはかなえられたでしょう?シャルティアナ」

その人の横には赤い光が浮いており、それをシャルティアナと呼んだのです。

シャルティアナはどうしてそもそも早く死ななければならなかったのかと怒っている様子ですが、それは身体があまりにも弱かったからだと冷静に説明を受けました。

何より誓約書をきちんと読まなければだめじゃない、私だって損になる商売はしたくないんだと怒っているシャルティアナと落ち着かせようとしているのです。

すると男性がやってきて、またその子と話しかけているのかと言いました。

先にシャルティアナと話していた女性(?)は、今日が本当に最後だから挨拶をしなさいと、後できた男性に言います。

「この子の願いを聞いてあげたせいで無関係な魂を移動させることになって、どれほど申し訳なく思ったか・・・。まあ結局はうまく適応できたみたいでよかったけどね」

男性は、それなら小柳芙美を元に戻してあげればいいじゃないかと言いますが、もう肉体は死んでしまっているのだからそんなことはできないとのこと。

戻してしまえば、黄泉をさまようことになってしまうのだそうです。

元々死んで生まれ変わるはずだった人間が、自分のせいで彷徨ってしまうのは気になるようです。

男性にその程度は些細なことだと言われますが、人間にとっては些細なことではないと否定。

世界の統治は本当に悩みが尽きず、こうなると分かっていたらこの仕事は引き受けなかったのに・・・とため息をつきました。

男性は、こいつも契約書をきちんと確認しなかったんだと笑いながらシャルティアナに話しかけます。

そして苦労しているこいつのためにも、そろそろ生まれ変わりにいくのはどうだと提案したのです。

シャルティアナは決心したようで、ついに生まれ変わることとなります。

「よく決心してくれたわ。これであなたの体も・・・誤ってあなたの体の中に入ってしまった小柳芙美の魂も幸せになれる。これで一件落着ね」

あとは貴方が幸せになるだけだと言うと、シャルティアナの魂はそのまま消えてきました。

 

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

悪女の定義【第147話】感想

えっ!?

本物のシャルティアナは、どう生まれ変わったの!?

芙美と入れ替わったりしないですよね!?

それかシャルティアナの邪魔になる相手にならなければいいのですが・・・。

うーん、いろいろと気になってきました。

せっかく二人はいい感じになったので、落ち着いて暮らしてほしいのに!!

無事に結婚式も終わったところなので、なんだか心配・・・。

まだまだ続きが気になる展開ですね!

まとめ

以上、「悪女の定義」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTFODmusic.jpなどがありますが、2019年9月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です