悪女の定義【第90話】のネタバレ・感想!

ピッコマ無料連載中の「悪女の定義」を読みました。

以下ネタバレとなりますので、ご注意ください。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

無料で好きな漫画が読める!

「悪女の定義」は無料で読めるピッコマで配信していますが、好きな漫画を無料で読む方法もあります。

U-NEXT、FOD、music.jpのサービスなら無料期間と無料ポイントで好きな漫画が読めちゃうのです!

おすすめは見放題アニメも多いU-NEXTです!

>>U-NEXT公式サイト

スポンサードリンク

悪女の定義【第90話】あらすじ

レオフリドにまた後で会おうと言われ、後でとはどういうことなのが疑問が残るシャルティアナ。

何か話でもあるのだろうか?

普段とはなんだか雰囲気が違っていたことだけは感じ取っており、そのせいなのか今回のパーティーではいつも以上にレオフリドの事が気になってしまいました。

いつの間にか増えているシャルティアナの支持者たちに、次から次へと話かけられて休む暇もなかったのですが、時折レオフリドとふと目が合うことがありました。

ですが近づいてはこない・・・。

彼の言った「あとで」とは一体いつなのか・・・。

 

レオフリドは沢山の参列者との話が終わり、そのままシャルティアナの元へと向かおうとしていました。

ですが目の前に現れたのはアイリーン。

私とは踊ってくださっていませんと伝えるのですが、契約は終わったとはっきり言ったはずだと冷たい言葉がかけられてしまうのです。

そのままどこかへ行ってしまうレオフリドを止めることはできません。

するとアイリーンは参列者の中の支持者から話しかけられます。

殿下となにかあったのか?ダンスもしていないし、今もろくに話さずにいってしまったと言われてしまうのですが、今日は体調がすぐれないから殿下がご配慮くださったと上手くかわします。

支持者の女性たちも、殿下は本当に大切にしてくれているというしかなく、そのままその場は落ち着きます。

ですがアイリーンの目は全く笑っていないのです。

 

そしてレオフリドがシャルティアナの元へと向かっている途中、護衛のラティスに止められてしまいました。

皇帝陛下が呼んでいると言われますが、またかぐらいにしか感じないのです。

案内してもらうことにしましたが、ラティスにはお見通しで他に用があったのでは?と聞かれてしまうのです。

嘘をついても無駄で、顔に書いてありますと笑顔で話すラティス。

彼は皇帝陛下との話は長くはかからないからと、教えてくれました。

悪女の定義【第90話】ネタバレ

謁見室では父である皇帝陛下とカイロン公爵が談笑していました。

ラティスの言葉通り、大した用があって読んだわけではなさそうです。

ですが何らかの意図があるのは確かで、父は今ではもうあからさまにカイロン公女を支持している雰囲気でした。

今までは中立を維持するフリをしていましたが、レオフリドがカイロン公女を受け入れたとわかるとすぐに立場を変えたのです。

この部屋にいる誰もがカイロン公女を支持しており、ここでの時間を楽しむのも悪くはなかったのですが・・・。

父を見ると過去の感情が、カイロン公爵を見ているとシャルティアナの顔が浮かび、彼女に伝えなければならなら言葉があることで何もしないまま時間が過ぎていくのが惜しく感じました。

自然と雰囲気は盛り下がっていき、父は舌打ちをしてレオフリドを開放しました。

 

部屋の外に出るとラティスが思ったより早かったので驚いています。

そして宴会場に戻ろうと、レオフリドは進みます。

もう誰にも邪魔はさせない、そう思いながら歩いて行くのです。

その通りレオフリドの前を遮るものはもう何もなく、宴の盛り上がりは最高潮に達しており、参加者たちはそれぞれの会話に集中している様でした。

離れたところにいるシャルティアナの姿が目に見えたとたん、レオフリドの子¥心臓は激しく鼓動を打ち始めます。

指先がしびれ、吐き気が込み上げてくるようで・・・怖いととっさに感じてしまう程なのです。

もしもシャルティアナが首を横に振ったら?

あの笑顔が凍り付いてしまったら?

それでも引き下がることはできないと、前に進みました。

 

すると目の前に現れたのはアイリーン。

苛立ちを隠さずに「何だ」と声をだすレオフリド。

ですがアイリーンは落ち着いており、少し話しができるかと聞いてくるのです。

レオフリド「断る。そこをどけ」

アイリーンの表情は自身に満ち溢れており、「後悔されますよ」とだけ口に出しました。

アイリーン「こんな話を殿下にお聞かせしたくはありませんでした」

そして一歩前に出てレオフリドに触れます。

これだけは避けたいと思っていたのだが、こうするには私にはもうないと話しながら、レオフリドの耳元で何かを話します。

明らかに動揺するレオフリド。

勝ち誇ったような表情をするアイリーン。

アイリーン「いかがですか?もっと詳しい話を聞きたくなったのでは?」

戸惑うレオフリドですが、外で話そうとアイリーンを連れ出します。

 

その様子を遠くから見ていたシャルティアナですが、ここでカイラードがどうしたのか?と声をかけてくれました。

なんでもないというのですが、二人の行動が気になって仕方がありません。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

悪女の定義【第90話】感想

なんとなくですが、アイリーンが反撃に出ました。

しかもなんかズルそうな気がしますよね。

もしかするとカイラードから贈ってもらって香水の事でも仕入れたのだろうか?

と先読みしてしまいます。

となると、カイラードはアイリーンについている?でもその可能性は低い気がしますが・・・そう気になって仕方がありません!

せっかく二人でゆっくり話す機会が来たのに!!!

まとめ

以上、「悪女の定義」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTFODmusic.jpなどがありますが、2019年9月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です