悪女の定義【第94話】のネタバレ・感想!

ピッコマ無料連載中の「悪女の定義」を読みました。

以下ネタバレとなりますので、ご注意ください。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

無料で好きな漫画が読める!

「悪女の定義」は無料で読めるピッコマで配信していますが、好きな漫画を無料で読む方法もあります。

U-NEXT、FOD、music.jpのサービスなら無料期間と無料ポイントで好きな漫画が読めちゃうのです!

おすすめは見放題アニメも多いU-NEXTです!

>>U-NEXT公式サイト

スポンサードリンク

悪女の定義【第94話】あらすじ

皇太子レオフリドには、多くの腹違いの兄弟がいます。

カイラードをはじめとする皇子皇女たち、亡くなった第7皇子まで。

彼も同じく、複数の配偶者を持つことが出来ます。

この国の皇帝において、側室を持つことは非難されることではなく、むしろ複数の配偶者を公平に愛することが美徳であるとされる文化なのです。

ですがシャルティアナは前世で、愛する人のこことが自分ではない他の人に向かうことがどれだけ辛いことなのか体感したのです。

レオフリドに惹かれれば惹かれるほど、彼が何人もの相手と深い関係になる可能性があるという事実が、胸を締め付けます。

 

シャルティアナ「私は愛を誰かと共有したくありません」

目に涙をためながら、どう思われるかはわからないが、それが本当の気持ちだとレオフリドに伝えます。

するとレオフリドにであるだろうレオが、彼もまた彼の愛を複数の女性に与える気持ちはないことを話しました。

顔を上げたシャルティアナは、それでも私のことを特別扱いしないでほしいとお願いします。

少なくとも恋人のようにふるまうことは避けるべきではないのかと、強い口調で話すのです。

レオ「何か誤解をしているようだが、私は・・・」

 

するとここで、「大丈夫ですか?」とシャルティアナを呼ぶラブエルの声が聞こえてきました。

いつの間にか着いていたと気づき、涙を拭って馬車から降りるシャルティアナ。

ラブエルは見知らぬ男と一緒にいると聞き、待っていたのだか馬車から降りてこなかったので心配で声をかけたのだそうです。

シャルティアナ「大丈夫よ、こちらは皇太子殿下のお客様なの。皇太子宮へ案内して差し上げて」

何事もなかったかのように、レオの案内をお願いするシャルティアナは、俯いて彼の方を見ようとはしませんでした。

悪女の定義【第94話】ネタバレ

追い出すように彼を送った後、皇太子から通信が届きました。

まだ何か話すことがあるとでも言うのでしょうか?

ですがシャルティアナは、今はレオフリドとは話したくありません。

心も体も疲れ果ててしまっているのです。

ですがレオフリドは根気強く、何度も何度も通信を送ってきました。

シャルティアナの我慢は限界を超え、エスターにこの通信機を明日の朝返しておくようにお願いします。

まだ通信が入っている様子に気づいたエスターですが、何も言わずに受け取ります。

シャルティアナは今日の当直がエスターで助かったと安堵します。

彼女でしたら余計な理由を聞いてくることもなく、噂を流すようなこともしないと信頼しているのです。

もうこれでいい・・・落ち着いたろころで、ばあやが慌てた様子で部屋に入ってきました。

ばあや「お嬢様!通信具を返してしまうだなんて、一体何を考えていらっしゃるのですか!」

そう、いくらエスターでもばあやにばれない様に処理するのは無理だったのです。

そんなことをすれば、皇太子と連絡が取れなくなるとばあやは言いますが、シャルティアナは救貧祭も終わったから関係ないと冷静です。

そして、もう寝るから出て行ってとお願いし、部屋で一人ベッドに潜りました。

シャルティアナも通信具を返してしまえば、彼との接点を失くすことはできるのですが、それはあくまで一時的な批難でしかないとわかってはいるのです。

 

そして次の日、皇太子殿下がこちらに向かっていると侍女たちが慌て始めました。

事前の連絡もなく急に来るなんて・・・と、ひとまずお茶菓子から準備を始めようとバタつきます。

こんなにすぐに会いに来るとは・・・。

朝に通信具を返してまだ昼食の時間にもなっていないのですが、一番忙しい時間にこちらにくるなんてなんでだろう?とシャルティアナも不思議に思います。

 

レオフリドが部屋につき、侍女たちは大したおもてなしもできずに申し訳ないと謝ります。

十分だというレオフリドは、しばらく席を外してほしいと言いかけたところで、シャルティアナからこのままで話すようお願いされてしまいました。

シャルティアナ「人が多い方がにぎやかで良いではありませんか」

するとレオフリドはため息をつき、皆がいる前で話し始めます。

レオフリド「昨日、聖フェリヤード孤児院に行ってきたそうだな」

シャルティアナは新しく赴任した孤児院長も良い方のようだと伝え、これ以上心配しなくても良さそうだと報告します。

レオフリドは、シャルティアナがそう言うのであれば確実だろうと言い、続けて通信具を返したのはそのためなのか?と質問します。

レオフリド「これで全て解決したからか?」

シャルティアナ「ええ、救貧と孤児院の件が解決したからです。これ以上は持っておく必要がないと思ったのです」

淡々と話すシャルティアナに、レオフリドは本当にそれだけか?と再度質問します。

レオフリド「そなたが昨日私に話したことは・・・」

困ったような表情を少し隠しながら、シャルティアナは昨日皇太子殿下に会ってもいないし言葉を交わしてもいないと伝えるのです。

そうだな・・・と、少し暗い表情になるレオフリド。

シャルティアナはこの反応がなんなのかわからず、昨日話していた何人もの女性に愛を与えるつもりはないという言葉は、アイリーンだけを愛するという意味だと思っているのです。

もしかするとそれは誤解なのか?アイリーンじゃなくて私を・・・?

まさかそんなはずはないと、その考えには否定的です。

 

シャルティアナ「もう冬が近いですね、間もなく狩猟祭が始まります。狩猟祭の時の殿下のパートナーは、きっとこれまでのパーティーと同じ方でしょう?」

すると少しの間沈黙が流れ、「・・・ああ」とだけレオフリドは答えました。

その答えで、シャルティアナのもしかしてという期待は跡形もなく崩れ去ってしまいました。

心が深く深く、沈んでいくのを感じるのです。

やはり彼のことを好きになっても、傷ついてしまうだけだ。

シャルティアナ「申し訳ありませんが殿下・・・昼までに処理する仕事がありますので」

そう言って席を立ち、背中を向けるシャルティアナ。

レオフリドはわかったとだけ言い、席を立ちます。

 

入口までのお見送りの際に、レオフリドは伝えたいことがあったんだと横でつぶやきました。

レオフリド「しかし、今のそなたはどんな話も聞きたくはないようだな。今は私にも事情がある」

そしてシャルティアナの手を握り、待っていてくれシャルティアナと伝えるのです。

シャルティアナ「・・・はい、殿下。よろこんで」

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

悪女の定義【第94話】感想

切ない・・・。

シャルティアナの気持ちもわかります!ですけど、ここまで気持ちが通じ合いそうになったのに。

こんなことってないですよね!

アイリーンのあの言葉がなければ、こんなことにはならなかったはずです!

ですがレオフリドの気持ちが固まっていることだけはわかります。

まだ時間がかかりそうではありますが、二人の気持ちが同じ方向を向いてくれるといいですね。

まとめ

以上、「悪女の定義」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTFODmusic.jpなどがありますが、2019年9月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です