悪女の定義【第148話・外伝1】のネタバレ・感想!

ピッコマ無料連載中の「悪女の定義」を読みました。

以下ネタバレとなりますので、ご注意ください。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

無料で好きな漫画が読める!

「悪女の定義」は無料で読めるピッコマで配信していますが、好きな漫画を無料で読む方法もあります。

U-NEXT、FOD、music.jpのサービスなら無料期間と無料ポイントで好きな漫画が読めちゃうのです!

おすすめは見放題アニメも多いU-NEXTです!

>>U-NEXT公式サイト

スポンサードリンク

悪女の定義【第148話・外伝1】あらすじ

フェロン帝国の黄金期について。

シャルティアナ皇后の話を抜きに語ることはできません。

彼女は様々な改革を行い、新たな技術を導入しました。

近代体系の礎が彼女の代に確立されたと言えるでしょう。

また、平民たちの生活にも関心を払い、人々が基本的な生活を送れる制度も多く作ってきました。

このような慈愛に満ち溢れた統治は、沢山の平民から愛されて、シャルティアナをモチーフとした芸術作品が今でも度々制作されるほどとなっています。

彼女の代で皇室の生活様式も変わりましたが、最も代表的な変化は・・・皇后宮と皇帝宮が一緒になったこと。

一夫一妻制を思い浮かべる人も多いと思いますが、皇室の一夫一妻制は彼女の代から4代後に法案として制定されてきました。

レオフリド皇帝とシャルティアナ皇后が互いを伴侶としていたことは事実。

それだけでも当時としては大変珍しいことでした。

法案が制定される前、彼らの後代の皇帝たちも皆伴侶を1名ずつしか迎えなかったことを考えると、この二人が影響を与えたということは間違いないという意見。

そしてここから始まるのは、この有名なオシドリ夫婦がどうやって従来の習慣に挑んだのかということ。

その過程についての話です。

悪女の定義【第148話・外伝1】ネタバレ

レオフリド皇帝に謁見しているポテンシア伯爵は、まさかの言葉に驚いています。

レオフリド「言葉そのままの意味だ。皇帝宮と皇后宮を一緒にしてしまおうと思う」

レオフリドは在位5年目。

その話は物理的に、増築して一つの宮を作ると言うことなのかと伯爵は再度確認しました。

そのとおりだと言われても、理由を聞かないと納得できません。

レオフリドが答えた理由は、毎晩皇后宮へ行くのが面倒だということ・・・。

この変な理由で、長きにわたる皇室の伝統を破ってしまおうと考えているのかと、ポテンシア伯爵は怒りました。

それは絶対にできないと、グチグチと説教が始まり・・・。

ですがレオフリドは、こんな反応が出ることはある程度予想はしていました。

それならば他の方法を使ってみようと、レオフリドは計画を立てたのです。

 

そして数日後。

シャルティアナの元に、ユタバインがやってきました。

堅苦しい挨拶から始めるユタバインに、私的な場なのでそんな堅苦しい挨拶は止めて欲しいとシャルティアナは止めます。

それでも一応挨拶だけはしておかないと・・・とユタバインは笑っていますが、シャルティアナは少し呆れているのです。

お茶なんて飲むのは久しぶりだと話すユタバインに、騎士団の仕事でお茶を飲む時間もないほど忙しいのかと聞いてみました。

ユタバイン「ああ・・・その件なら話したいことが山ほどあるぜ!実は今日来たのもそのためなんだ」

すると彼は急に、皇帝陛下と宮を一緒にすることにしたのかと聞いてきました。

どうしてユタバインがそのことを知っているのかと驚いているシャルティアナ。

最近宮人の間で噂が広がっているようで、本当に宮を一つにするのかと彼はもう一度聞いてきます。

シャルティアナ「うーん・・・たしかにいつだったか、レオがそんなことを言ってたけど」

 

ある夜、レオフリドはベッドの上でシャルティアナに宮を一つにしてしまうのはどうかと提案してきました。

皇帝宮と皇后宮を一つに合わせて一つの宮を作るという話で、増築工事を行わなければいけないが、財政には余裕があるからと説明します。

そして中央に宴の広場でも作ったらよさそうだとレオフリドが言うので、シャルティアナは少し考えました。

どうして急にそんな話をするのかと聞いてみると、毎晩シャルティアナと会うのを楽しみにしているレオフリドですが、宮から宮へ移動しないといけないので侍従が沢山ついてくるのです。

そのせいで休息の時間なのに業務時間のように感じてしまうというのが本音。

そして何よりも、移動の時間でシャルティアナと一緒に過ごすことができる時間が減ってしまうからだと言いながら、キスをしました。

同じ気持ちだとシャルティアナが言うと、レオフリドが賛成してくれるかと聞いてきます。

いい考えだと思うと答えたシャルティアナでしたが・・・。

その時は特に深くは考えておらず、賛成だけしてしまったのです。

 

その流れを聞いたユタバインは、本当に賛成したのかと驚いています。

皇帝と皇后が一緒に暮らすなんて前例のないこと。

貴族の年寄りたちが聞いたら大騒ぎになると、ユタバインはシャルティアナに言いました。

ユタバイン「ポテンシア伯爵が倒れたっておかしくないようなとんでもない話さ」

シャルティアナ「!!」

そしてこの話をしていなかったなと言いながら、ユタバインは続きを話し始めました。

皇帝陛下がポテンシア伯爵に宮を一つにすると提案をしたのですが、当然伯爵はカンカンに怒って反対しました。

すると皇帝が、今度は親衛隊長のラティス卿に圧力をかけたのだそうです。

ポテンシア伯爵がラティス卿の叔父であるということは、みんなが知っている話・・・。

ですがポテンシア伯爵は甥から頼まれたからといって自分の考えを曲げるような人ではなく、間に挟まれたラティス卿はにっちもさっちもいかずに苦しんでいるそうです。

もちろん騎士団にも影響が出ており、ラティス卿の仕事が遅れてミスが出て・・・、その尻ぬぐいのためにユタバインも動かなければならないのだと訴えかけます。

シャルティアナは、レオフリドがここまで積極的に動くとは思わなかったと説明しました。

ですが本当はレオフリドの行動力よりも、周りの反応に驚いているのです。

ポテンシア伯爵はカンカンに怒ったそうですし、ユタバインも本気で驚いていようです。

前世の感覚では特に大したことじゃないと思っていましたが、ここでは皇帝と皇后が同じ宮で暮らすことがそんなに驚くことなんだとここで実感しました。

それなら考え直した方が良いのかもしれない・・・。

変わっているという評価は、嫌になるほど耳にしてきたのです。

シャルティアナ「私がレオを説得してみるわ」

ユタバイン「え!?ほ・・・本当に?いいのか?」

どうせ深く考えずに同意したことですし、絶対に宮を一つにしなければいけないわけではないのだからとシャルティアナが答えると、彼は嬉しそうにしています。

 

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

悪女の定義【第148話・外伝1】感想

全開で最終回だったようで、ここからは5年後の話になります。

シャルティアナも皇后として少し安定してきて、レオフリドは相変わらず・・・。

特に大きな問題はなさそうですが、シャルティアナの要望を叶えるためにレオフリドがどう行動してきたかが描かれています。

とても大変だっただろうな・・・というのが感想で、まだまだいろんなことが起こりそうな予感・・・。

でも、シャリアン卿やアルベル、他のみんなも元気そうでよかったですね!

まとめ

以上、「悪女の定義」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTFODmusic.jpなどがありますが、2019年9月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です