悪女の定義【第161話・外伝14】のネタバレ・感想!

ピッコマ無料連載中の「悪女の定義」を読みました。

以下ネタバレとなりますので、ご注意ください。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

無料で好きな漫画が読める!

「悪女の定義」は無料で読めるピッコマで配信していますが、好きな漫画を無料で読む方法もあります。

U-NEXT、FOD、music.jpのサービスなら無料期間と無料ポイントで好きな漫画が読めちゃうのです!

おすすめは見放題アニメも多いU-NEXTです!

>>U-NEXT公式サイト

スポンサードリンク

悪女の定義【第161話・外伝14】あらすじ

レオシャが嬉しそうにシャルティアナの元にやってきました。

バンス夫人とお絵描きをしていたそうで、楽しかったようです。

そしてレオシャは笑顔で、赤ちゃんにはいつ会えるのかと聞いてきました。

10回寝たら会えると言われたことを覚えており、数を数えていたのです。

 

どういうことなのかというと・・・。

2人目計画がレオシャのせいでなかなかうまくいかず、しびれを切らしたレオフリドがこう言いました。

レオフリド「よく聞きなさいレオシャ。パパとママが2人で寝ようとしているのは、レオシャを仲間外れにするためじゃない」

パパとママが二人で寝ると、赤ちゃんができるからなんだと真剣に話すのです。

驚いたレオシャは嬉しそうに、本当の話なのかとレオフリドに聞きました。

そのままテンションが上がってしまったレオシャ・・・。

赤ちゃんは何歳なのか、名前は何なのか、ケーキは好きなのか・・・などなど。

続けて質問を始めるのです。

質問は生まれて来てからすることにして、今日はパパとママの二人で過ごさせてほしいとお願いしました。

少し考えたレオシャは、赤ちゃんのことを思うと1人で寝ることに決めます。

笑顔で、パパにママを譲ってあげると言ったのです。

悪女の定義【第161話・外伝14】ネタバレ

こうしてシャルティアナは、二人目を授かることに成功しましたが・・・。

それにともなうささやかな副作用のように、レオシャがことあるごとに赤ちゃんにはいつ会えるのかと聞いてくるようになりました。

ただ時間がかかるからという意味で、10回寝たらと説明したのですが。

最後まで数えるとは思ってもみませんでした。

レオフリド「何を楽しそうに話してるんだ?」

レオシャは赤ちゃんの話だと嬉しそうにしており、レオフリドはまたかと呆れます。

そして彼は、パパと遊びに行こうとレオシャを誘いました。

 

数か月後。

盛大な祝祭とともに、子供が誕生しました。

名前は「シャリアード」と言い、可愛い男の子です。

レオシャは待ちわびていた弟が生まれるなり、目を輝かせてあれこれと話しかけてそばを離れようとはしません。

生まれたばかりのシャリードを可愛がるレオシャ・・・。

きっと2人は仲のいい姉弟になることでしょう。

シャリードはレオシャよりも大人しく繊細な子で、まだ赤ん坊なのにそのような違いが見えるのも不思議でした。

幼いころのレオフリドのようにも見え、なんとなく見ていて幸せな気持ちになります。

この国を暮らしやすい国に整えるべき理由がまた一つ増えました。

子どもたちが暮らしていく場所なのですから。

 

シャルティアナの身体の回復を待って、再び国政の仕事に復帰しました。

いわゆるワーキングマザー。

政策を立て、きちんの施行されるか確認をし、必要であれば補完を行う。

仕事が終わった後には子供たちと一緒に過ごす。

時間はあっという間に過ぎていき、いくつかの季節か訪れて去っていきました。

 

小さな赤ん坊だったシャリードは、立ち上がって歩き始め、おしゃべりができるほどに成長しました。

お転婆な少女となったレオシャの後ろについて、皇宮を元気に走り回っています。

そんな姿をぼんやりと眺めていたら、ここが私の家なんだとなんともいえない穏やかな気持ちで心が満たされます。

ある朝。

エディスがシャルティアナを起こしに来ましたが、寝坊されるなんて珍しいと不思議そうにしています。

どこか具合が悪いのかとエディスが聞くと、気分爽快とはいえないとすっきりしない様子・・・。

体がだるくて頭も痛いような気がするそうだとシャルティアナが言うと、エディスは驚きました。

今日の日程は書類の確認と、ユタバインとのティータイムです。

ユタバインとの予定は延期をしていいのでは?と言いながらもう一度横になるシャルティアナ。

ですが騎士団の東部遠征が終わり、初めて顔を合わせる日。

久しぶりに会うんだと喜んでいたのではとエディスに言われ、起き上がることにします。

 

ユタバインとのティータイム。

彼はとても元気で、遠征から帰ってきたばかりだとは思えないほどです。

ユタバイン「お前はなんだか顔色が悪いけど・・・何かあったのか?」

シャルティアナ「ただ・・・朝の目覚めが少し悪かったのよ」

いつも仕事が山積みだからだろうと考えているシャルティアナ。

ユタバインは、少し仕事を減らした方が良いのではと心配している様子です。

ユタバイン「俺たちもういい年なんだからさ」

その言葉に驚くシャルティアナ。

まだそんなこと言われるような年じゃないと、突っ込みたくなりました。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

悪女の定義【第161話・外伝14】感想

レオシャにシャリード。

二人の子供に恵まれて、とても幸せそうです。

あっという間に時間が過ぎ、話は二人の子供が少し大きくなってから。

シャルティアナの体調が優れないようですが、少し心配ですね。

なにもないといいのですが、これでまた寝込んでしまうようなことになればレオフリドも心配でしょう。

早めに休んで、回復してほしいのですが。

シャルティアナはまだそんな状況ではないと感じているので、しばらくは忙しい日々が続きそうです。

以上、「悪女の定義」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTFODmusic.jpなどがありますが、2019年9月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です