悪女の定義【第163話・外伝16】最終話のネタバレ・感想!

ピッコマ無料連載中の「悪女の定義」を読みました。

以下ネタバレとなりますので、ご注意ください。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

無料で好きな漫画が読める!

「悪女の定義」は無料で読めるピッコマで配信していますが、好きな漫画を無料で読む方法もあります。

U-NEXT、FOD、music.jpのサービスなら無料期間と無料ポイントで好きな漫画が読めちゃうのです!

おすすめは見放題アニメも多いU-NEXTです!

>>U-NEXT公式サイト

スポンサードリンク

悪女の定義【第163話・外伝16】あらすじ

シャルティアナは妊娠していました。

まさかの事態に驚きを隠せないのですが、それはレオフリドも同じ。

ですがもう子供を作る計画はなかったので、いつも避妊魔道具をつかっていたはずです。

このことは二人で落ち着いて話をする必要があったので、祝福の言葉をかける医師たちをひとまず下がらせました。

 

今回の妊娠についてどういうことなのか、疑問が浮かんでいる二人。

まず、避妊具に何か問題があったのかもしれないと考えました。

魔法士たちを集めて、できるだけ早く調査をすることにします。

レオフリド「それと、子供は・・・」

シャルティアナはお腹に手を当てて、産みましょうと答えます。

予定外であっても、レオフリドとの子供。

幸い産む余力もあるので、産まない理由はありません。

レオフリド「ありがとう」

そう言いながらシャルティアナを抱きしめました。

苦労してしまうかもしれないことが心配ではありますが、シャルティアナは幸せそうです。

悪女の定義【第163話・外伝16】ネタバレ

この知らせを聞いたレオシャとシャリードは、飛び上がらんばかりの喜びようでした。

その姿を見ていると不安は消えて、シャルティアナも3人目の子供に合うのが楽しみになってきます。

そして避妊具についてはというと・・・。

アルベルから調査の報告が入ります。

 

避妊具の点検をした結果は、すべて正常に作動していたとのこと。

誤作動の痕跡もないとのことですが、レオフリドはそんなはずがないと言いました。

誤作動でなければシャルティアナの懐妊の理由が説明できないので、小さな可能性も見逃してはいけないと厳しく言います。

ですが検査は複数回にわたって慎重に行い、その結果誤作動以外の他の方面で小さな可能性を見つけたそうです。

言いにくそうにしているアルベル。

理由は、レオフリドがルウェンダーナの祝福を受けていることだそうです。

なのに避妊具は、一般的に使われるものと同じものを使っていたから。

レオフリド「つ・・・つまり、それが影響したと・・・?」

困惑するレオフリドですが、ルウェンダーナの祝福は身体を教化する効果があるので、このようなことが起こる可能性も高くはないとのこと。

今まではこんなことはありませんでしたし、代々の皇帝たちもみんな祝福を受けてきたのです。

アルベル「あ・・・それは・・・。個人差が作用したものかと・・・」

それを聞いたレオフリドは恥ずかしくなって顔を赤くし、結局は自分のせいだったんだと顔を隠してしまいました。

 

話をまとめると、レオフリドの力があまりにも強いため、避妊魔法の効果を超えてしまったのだということ。

魔法士たちはこの問題について速やかに解決すると言いました。

魔道具の効果を高めることで、簡単に解決するのだそうです。

こうしてレオフリドとシャルティアナの功績の中に、「皇室の避妊成功率改善」という妙なタイトルが加わることとなりました。

 

それから翌年の夏。

末の娘が生まれました。

夏の太陽のような黄金の瞳を持つ子で、帝国全域では再び盛大な祭りが開かれました。

多くの人々の願い通り、この子が幸せな一生を過ごせるようにするとシャルティアナは誓います。

 

夜、窓の外の満月を見つめているシャルティアナ。

するとレオフリドが後ろから抱きしめ、子供たちだけで仲良く遊んでくれるから幸いだと言いました。

その間、二人っきりの時間を過ごすことができるのです。

レオフリド「何を考えていたんだ?」

随分と長いこと外を眺めていたので、不思議に思っていたそうです。

シャルティアナ「あ・・・ただ・・・いろいろと・・・」

ですがほとんどは、「ああ・・・幸せだな」という考えだと答えました。

二人は手を繋ぎ、一緒に月を見上げます。

 

シャルティアナ皇后の治世はその後も順調そのもの。

帝国は大小の変化を迎えながら、大きな混乱もなく繁栄し続けました。

シャルティアナの子供たちのうち、長女であるレオシャイナ皇女が次期皇帝として即位し、前代が築き上げた基盤を元に、帝国の黄金期をつないでいきました。

そして彼女もまた両親と同じように、たった一人の伴侶を生涯愛し続けました。

これは「皇后、シャルティアナ評伝」からの抜粋です。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

悪女の定義【第163話・外伝16】感想

ついに今回で完結してしまいました・・・。

かなり残念ですが、シャルティアナがとても幸せそうで何よりです!

レオシャも成長して皇后として頑張ったことがわかりました。

跡を継いだのは、シャリードではなかったんですね!

 

そして何よりも、レオフリドの力の強さ・・・(笑)

避妊具を飛び越えてしまうなんて、これはちょっと恥ずかしい・・・。

でもそのおかげで家族に恵まれ、幸せだったでしょう。

また悪女の定義のような素敵な作品が見つかりますように・・・。

以上、「悪女の定義」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTFODmusic.jpなどがありますが、2019年9月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です