悪女の定義【第152話・外伝5】のネタバレ・感想!

ピッコマ無料連載中の「悪女の定義」を読みました。

以下ネタバレとなりますので、ご注意ください。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

無料で好きな漫画が読める!

「悪女の定義」は無料で読めるピッコマで配信していますが、好きな漫画を無料で読む方法もあります。

U-NEXT、FOD、music.jpのサービスなら無料期間と無料ポイントで好きな漫画が読めちゃうのです!

おすすめは見放題アニメも多いU-NEXTです!

>>U-NEXT公式サイト

スポンサードリンク

悪女の定義【第152話・外伝5】あらすじ

シャルティアナの部屋のドアの前に、レオフリドがじっと突っ立っています。

エディスはドアの外を気にしながら、シャルティアナにこのままでは夜が明けてしまうと話しかけます。

ですがシャルティアナは、今夜は一人でいたいと意思をしっかり伝えたの一点張り。

それを聞いたエディスは、お昼までは普段通り仕事をしていたのにどうしたのかと聞きました。

 

仕事をするのは当たり前で、皇后の仕事を滞らせるわけにはいかないのです。

後宮を迎えろというバカバカしい貴族の主張のために、最悪な気分になっても仕事はしなければいけません。

だからといってそのことを軽く考えているのではありません。

むしろその逆で、後宮にしろ皇妃にしろレオを奪う可能性のある存在は、想像だけでも以前のトラウマをよみがえらせてしまいます。

そもそもこのすべてが始まったのも、別れを告げて他の女に乗り換えた元彼のことがショックでやけ酒をして川に落ちたせい。

考えれば考える程不快な気分になり、だから今日は一人でいたかったのです。

悪女の定義【第152話・外伝5】ネタバレ

昼間の件で気分を害されたのは理解できると話すエスター。

ですが皇帝陛下も失言した者を叱りつけたそうだと、シャルティアナにはっきりと伝えました。

こうしているよりも話し合いをするほうがいいのではと彼女に言われたシャルティアナは、納得します。

シャルティアナ「そうね、ドアを開けて差し上げて」

二人は嬉しそうにして、下がることにしました。

 

ドアが開き、部屋にレオフリドが入ってきます。

するとベッドの上に座っているシャルティアナの前に跪きました。

何をしているのかと聞いてもすぐには答えないレオフリド。

シャルティアナ「皇帝陛下がそのように簡単に跪いてもいいものなのでしょうか?」

レオフリド「そなたの前ならば」

そしてシャルティアナの足の甲に、キスをしたのです。

驚いたシャルティアナは、当たり前に手の甲にキスをされるものだと思っていました。

温かな唇がまるで祈りでも捧げるように、しばらくの間足の甲から離れません。

どこかで見たことがある足の甲へのキスは、「あなたに隷属する」という意味。

ここでも同じような意味をもっているのだろうかと考えていると、レオフリドはどんどん上に向かってキスをしていきました。

もうやめて欲しいと彼を手で止めると、そのまま手にキスをしてきます。

彼はシャルティアナの返事を待っているのでしょう。

言葉はありませんでしたが、彼が何を訴えかけようとしているのかはシャルティアナはわかっています。

そしてその姿が妙に刺激的で、気が付いた時にはレオフリドの身体は完全に床に横たわっており、シャルティアナはその上に乗って何度も深いキスを浴びせていました。

途中で正気に戻ったのは幸い。

そのままレオフリドの上で、昼の会議で具体的に何があったのか聞かせてもらうとはっきり言いました。

 

レオフリド「・・・最初に言い出したのはパビル伯爵だった」

昼の会議で別の議題があると言い出し、国内の問題もあらかた落ち着いたのでそろそろ後継問題を考えるべきではないかと言われたのです。

ちょうど会議が中弛みしていたのでとてもよい議題だと思い、レオフリドはその話を聞くことにしました。

パビル伯爵は隣にいる貴族と怪しく目を合わせ、陛下がいいのであればこれ以上後回しにする必要はなさそうだと話を進めます。

何を先延ばしにする必要がないのかと少し冷たい口調で質問すると、焦ったような顔で凍り付いてしまったので、何かを考えているのは明らかだったのです。

案の定すぐにダフアレン侯爵が口を開きます。

「陛下もわかっておられるでしょう。後宮を迎えるという話ですよ」

すると場内の空気が変わりました。

ダフアレン侯爵とは最近特に勢いのある家門。

シャルティアナがまだレジーナだったころ、マルケル侯爵家をはじめとする何人かの権力者が粛清された後、入れ替わるようにその座につき成長した者がいました。

ダフアレン侯爵家はその中の一つの派閥のトップ。

おそらく初めに発言をしたパビル伯爵はサクラだったのでしょう。

 

それでなんと答えたのかと、シャルティアナはレオフリドに聞きました。

ですが彼は頭にきてしまい、冷静に言い返すことができなかったそうです。

その時のレオフリドは、ダフアレン侯爵に対し侯爵には感謝をしなければならないと前置きをしました。

それを聞いたダフアレン侯爵は陛下も内心期待していたようだと感じ、自分の孫娘をどうかと提案してきたのです。

それを聞いていた周りの人たちは、かなり驚ている様子。

ダフアレン侯爵が話している途中で、レオフリドは皇后の侍女として送りたいのかと聞き返します。

それとも召使かとレオフリドが再度聞くと、ダフアレン侯爵は怒りを露にしました。

そうでもないとすれば、まさか本当に後宮として送りたいというのかとダフアレン侯爵に確認。

レオフリド「私の聞き間違いかと思ったのだ。私の臣であればそのような慎みのない言動はしないはずだが?」

彼は皇后のことをどう思っているのか知っているのであれば、その発言は出てこないはずだと怒りを露にします。

 

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

悪女の定義【第152話・外伝5】感想

レオフリド、けっこうはっきりと断っていますね(笑)

しかも苛立ちすら感じる言い方で・・・。

これでも勧めてくるのであれば、ダフアレン侯爵は大変なことになりそうな予感。

レオフリドもだまっていはいないでしょう。

これを聞いたシャルティアナはどう思っているのかなと?

だってここまで愛されているなんて、なかなかないんですよ!

ましてや他の貴族の前でここまで堂々と発言したレオフリドを、信頼してあげるべきです。

信じてないわけではないでしょうが、シャルティアナにもっと伝わるといいなと・・・。

以上、「悪女の定義」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTFODmusic.jpなどがありますが、2019年9月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です