悪女の定義【第156話・外伝9】のネタバレ・感想!

ピッコマ無料連載中の「悪女の定義」を読みました。

以下ネタバレとなりますので、ご注意ください。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

無料で好きな漫画が読める!

「悪女の定義」は無料で読めるピッコマで配信していますが、好きな漫画を無料で読む方法もあります。

U-NEXT、FOD、music.jpのサービスなら無料期間と無料ポイントで好きな漫画が読めちゃうのです!

おすすめは見放題アニメも多いU-NEXTです!

>>U-NEXT公式サイト

スポンサードリンク

悪女の定義【第156話・外伝9】あらすじ

シャルティアナが準備中に歌っていると、レオフリドが部屋に入ってきました。

いつから来ていたのかと聞くと、初めからだとのこと。

そしてレオフリドに、そんな余裕を見せている場合ではないのではと聞きました。

今日付けてストライキは終わり。

するとレオフリドは、本当に国務会議場に一人で行くつもりなのかと聞いてきました。

彼も一緒に行って力添えをした方がいいのではないかと言うのです。

シャルティアナ「レオは心配性ですね。私が彼らにやり込められるとでも思っているのですか?」

レオフリドは、そんなことは絶対にないだろうなと言いながら笑いました。

 

悪女の定義【第156話・外伝9】ネタバレ

会議場では、皇后陛下が向かっていると報告が入り、会議の開始が遅れていた理由に皆納得していました。

ダフアレン侯爵はそれを聞いて、皇后陛下がかなり焦っているようだと余裕の表情です。

テイガン公爵の元に行き、これでも私の行動が間違っていたと言うのかと問いだしたのです。

ダフアレン侯爵は、異議提起にカイロン公爵はまともな反論はできていなかったと話し、その上皇后陛下が直接お見えになるなんてと余裕そう。

貴族たちから正論を言われて怖くなったのだろうと言い、これは勇気を出したからこのような成果が得られたのだと自身の行動を主張します。

ダフアレン侯爵「今からでも私たちの派閥に加わった方がよろしいのでは・・・?」

権利を得るためには勇気を出さなければいないと言っても、テイガン公爵は断りの言葉を述べました。

臆病者が・・・と言いながらその場を去るダフアレン侯爵。

すると皇后陛下がいらっしゃったと、会場に報告が入ります。

 

どんな情けない顔をしているのか見せてもらおう・・・。

ダフアレン侯爵はそれでも余裕の表情です。

シャルティアナが会議場に入るなり、貴族たちはいっせいに頭を下げて挨拶をしました。

ですが彼女は、エサに食いついた魚たちを早く吊り上げたくてうずうずしていたのです。

シャルティアナ「頭を上げなさい」

そう言われてダフアレン侯爵も頭を上げますが、シャルティアナの堂々とした態度に、体調を崩していたというようには見えないと驚きます。

さらにシャルティアナの余裕の表情。

何かがおかしいと、ダフアレン侯爵はすぐに感じ取ります。

シャルティアナ「皆、席に着くといいわ。いつまでも立ち続けているつもり?まあ私は構わないけど」

そんなシャルティアナの様子を見て、テイガン公爵はダフアレン侯爵がとんだ見当違いをしていたようだと確信します。

彼女のあの姿は許しを乞いに来た姿ではないのは明白です。

何もかも皇后陛下の計画だったのか・・・?と感じ、恐ろしい方だと感じているのです。

 

そしてシャルティアナは、ダフアレン侯爵の名を呼びました。

シャルティアナ「国政の運営についてかなり不満があるそうね?」

ですが彼はすぐには答えません。

ダフアレン侯爵は少し戸惑いながらも、皇后陛下と皇帝陛下があまりにも長い間休んでいたので、権限代行となった宰相閣下さえも偏った処理をしていたと発言しました。

偏ったと聞いて、シャルティアナは笑みを浮かべます。

案件の処理順序は、緊急性を基準に決めるようにと命じていたのだとパパに確認します。

すると、そのように処理を行ったとすぐに返答が返ってきたのです。

シャルティアナ「発議した案件が早く処理されるのを願うのであれば、その案件が他のものよりも急ぎであることを証明すればいいではないの」

「ふてくされて文句ばかり垂れるよりもね」

ダフアレン侯爵「ふ・・・ふてくされて・・・?」

シャルティアナは書類に目を通しながら、仕事の処理が遅れてあなたたちが苦しむことになったのは、休んでいたこと以外の他の原因もあるようだと言いました。

会議録を見ると、毎回のように派閥に分かれて言い争っていたことがわかり、ただでさえ大変な状況なのにこんなに無駄な時間を過ごしていたのかと問い詰めます。

「そ・・・それは・・・。皇帝陛下も看病のためにお休みを取られていたので・・・」

一人の貴族が反論しますが、だからなんなのかと聞き返します。

シャルティアナ「一から十まで皇帝と皇后が直接取りまとめなければならないの?それならあなたたちがここにいる理由はなに?」

それでもまだ私のせいにしたいのかと、反論した貴族に問いました。

すると代わりに発言したのはダフアレン侯爵です。

彼はある程度事実ではないのかと発言しました。

統率者が不在であるため下の者たちの規律が乱れてしまうんだと言うダフアレン侯爵。

そもそも皇帝陛下が直接看病をすると仰ったとき、皇后陛下が断ってくださればこんなことにはならなかったんだと言いました。

ダフアレン侯爵「これもすべて、後宮が迎えられることを恐れた皇后陛下が、皇帝陛下の気を引こうとなさったせいではありませんか?」

そんな大胆な発言に、会場内はどよめき始めます。

それを聞いていたテイガン公爵は、たしかに後には引けない状況ではあるが、ダフアレン侯爵は完全にまともな判断力を失ってしまったと感じたのです。

シャルティアナ「その言葉をそっくりそのまま侯爵へ返すわ」

「皇帝に諫言するべきだったのは、寝込んでいた私の方ではなくあなたたちの方ではないかしら?」

ですが誰もそんなことはしておらず、そうしておきながら今更私のせいにするなんて笑わせてくれるとシャルティアナは言うのです。

そして後宮を迎え入れることをシャルティアナが恐れていたという発言。

その件に関して追求しようとすると、ある貴族が立ち上がって頭を下げて謝ります。

一人が謝ると、次々と頭を下げていく貴族たち。

我先にと許しを請い始めました。

ダフアレン侯爵の悪あがきが徹底的に踏みにじられる様子を目の当たりにしたのですから。

ですがまだ、こんなものじゃ終わりません。

シャルティアナ「皆、よく聞きなさい。陛下は皇帝宮と皇后宮を一つに合わせることを望んでいらっしゃるわ」

そして同意するつもりだと、シャルティアナは言いました。

ダフアレン侯爵は顔を真っ青にして驚いています。

シャルティアナ「そんな状況だというのに、私が皇帝の気を引こうとしているだとか・・・無意味な推測は慎むことね」

会場は一気に静まり返ります。

 

貴族たちの反応は、ショックと困惑を隠せない彼らの姿で、レオフリドにも見せてやりたいほどに痛快。

つい先ほどまで自分たちの失言を詫びていた状況なので、シャルティアナの発言に反論できるはずもなく、できることと言えばせいぜいうめき声を出すくらい・・・。

そしてシャルティアナは手を叩き、「仕事を始めましょうか?」と貴族たちに問いかけました。

<<悪女の定義のネタバレ一覧はこちら!

悪女の定義【第156話・外伝9】感想

シャルティアナの反撃がサクサク進みます。

気持ちがいいですが、ここまで反論できない状況になるとは・・・。

貴族たちも頭が悪いですよね。

やることだけでもやっていれば、こんなことにはならなかったでしょうし。

テイガン公爵は、冷静に今の状況を見ていますが、なにか発言をするのでしょうか。

ダフアレン侯爵はもう駄目でしょうし、他の貴族だって同じ。

シャルティアナの続く反撃は見逃せません!

以上、「悪女の定義」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTFODmusic.jpなどがありますが、2019年9月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です