ピッコマ|大魔法師の娘【第12話】のネタバレ・感想!

漫画「大魔法師の娘」はSaebyeok_ae先生の作品です。

怒りが頂点に達したラキエルは自分にかけられている制約もかえり見ないまま「天候までも変えてしまう強力な魔法を放ちます!

兄の口から出た父親に関しての真実を聞かされたメイベルは何とか父親を止めようと近づいていきますが・・・!?

>>大魔法師の娘のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

  • 大魔法師の娘【第12話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

大魔法師の娘【第12話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

大魔法師の娘【第12話】のあらすじ

ラキエルが放つ「天候までも変えてしまう強力な魔法」により竜巻が巻き起こる中、季節まで冬に戻ったかのように雪まで降り始めます。

そんな中、メイベルたちからも見えるようにラキエルの全身を縛っているかのような光状の鎖が現れ始めます。

それが気になったメイベルがカーナスに質問しますが、その光状の鎖こそが「ラキエルにかけられている制約の証」であり、その制約をかけられている状態では必要以上に魔法を使ってはいけないと決められているのです。

今度はカーナスから、ラキエルによって壊された壁から見える部屋についての質問をされますが・・・

メイベル「あそこで、お母さんに殴られていたの・・・」

カーナス「なんということだ!」

義母が行っていた行為はまさに虐待であり、そんな過去を聞かされたカーナスもショックを隠しきれません。

戦況はあらぬ方向へと変わっていき、先ほどまで兄から攻撃命令を受けていた魔道士たちも、ラキエルが放ち出した魔法を防ぐため、防御態勢に変わっていたのです。

 

しかしラキエルが歩み寄っていくのは彼らではなく、義母の方であり彼女もまた目前まで近づかれた時点で恐怖のあまりに座り込んでしまいます。

ラキエル「俺の娘に何をした?」

義母「私は何もしてないわ!」

ラキエル「じゃあ、お前が俺の娘にしたことをそっくりそのまま返しても不満はないな!?」

義母による嘘など完全に見抜いていたラキエルは、また新たな術式を描いては攻撃魔法の準備を始めます!

カーナスもまた、メイベルに対して義母のことは「自業自得」であり、兄夫婦はラキエルへと嫉妬深さによって10年間にもわたり、メイベルへの虐待を繰り返していたのです。

メイベル「そう、悪い人たちよ。でも・・・」

カーナスが止めることも聞かず、ゆっくり歩きだします。

メイベル「お父さんが苦しむところは見たくないの!」

そう告げながら、ゆっくりと父親の方へと歩き始めていくのです。

大魔法師の娘【第12話】のネタバレ

ラキエルの方へ歩く中でも彼が放った魔法の影響ねよる吹雪と強風の中で苦しみます。

メイベル「お父さん!」

ラキエル「メイベル・・・」

そんな苦しみにも耐えながら進んだ結果、やっと父親の元に近づいては必死に声をかけるのです。

ラキエルから誤解されないように祈りながら、自分の想いを伝え始めます。

メイベル「おうちに帰ろう・・・」

そう告げながら遠く離れている自分たちの家の方向を指差します。

 

そして想いを伝えたメイベルの周りには吹雪ではなく、綺麗な花が舞っております。

先ほどまでの竜巻や吹雪は完全に消えており、今の2人は暖かい日差しと花びらの舞いです。

メイベル「早く帰って、ご飯食べて・・・美味しいクッキーを食べながら一緒にお茶も飲みたい」

ラキエル「分かった・・・」

父親に飛び込んできたメイベルの想いに応えるかのように、ラキエルもまた優しく包み込みます。

>>大魔法師の娘のネタバレ一覧はこちら

大魔法師の娘【第12話】のみんなの感想

ラキエルの放った魔法はあまりにも強力すぎて、兄夫婦では迎えうつ術もありませんでしたね!

寒い中でも父親の方に懸命に進んでいくメイベルは本当に健気ではありますが、親子で抱きしめ合う中で竜巻も吹雪もいつの間にか消えておりますが、カーナスや兄夫婦たちがどうなってしまったのかも気になりますよね。

まとめ

「大魔法師の娘」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です