ピッコマ|大魔法師の娘【第20話】のネタバレ・感想!

漫画「大魔法師の娘」はSaebyeok_ae先生の作品です。

ラキエルが建国祭のために購入してくれていた首都の邸宅で休むメイベルの部屋にベレロフォンが入ってきます。

彼は以前メイベルに譲った魔法の鳥がキッカケでラキエルにかけられている制約のことも話し始めるのですが・・・!?

>>大魔法師の娘のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

  • 大魔法師の娘【第20話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

大魔法師の娘【第20話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

大魔法師の娘【第20話】のあらすじ

ラキエルが建国祭のために購入してくれた首都の邸宅で休むメイベルの部屋にベレロフォンが入ってきます。

この時には以前彼がプレゼントしてしてくれた魔法製の鳥もメイベルの肩に乗って休んでいるところですが、この最中に姿が消えそうになります。

このことを心配するメイベルに対して、ベレロフォンが「魔法の力で姿を隠せる」ことを説明して安心させてくれます。

ちなみに前回で逸れてしまったメイベルの居場所を見つけてくれたのも鳥とベレロフォンの魔力によるものと教えられます。

メイベルはすっかり父親であるラキエルが見つけてくれたものとばかる思い込んでいたために少し戸惑います。

ベレロフォン「師匠が首都で使える魔力には限りがあるんです」

それは以前に兄夫婦との会話の中で聞かされた「制約」とも関係しており、ラキエルのような強大な魔力を持つ者のみ約束させられることであると聞かされます。

それでもメイベルがいつまでも見つからなかった場合にはラキエル自身が制約を破ってでも首都全体に魔法をかけていただろうと悟ります。

前回の場合は幸いにもベレロフォンから譲られた小鳥が信号になってくれたことでラキエルの魔力まで使う必要性がまだなかったから大ごとにならずに済んだものの、ラキエルは自分の愛する娘のためなら危険すら顧みずに実行していたことは明白だったのです。

そうして会話を交わすうちにフローレンス3姉妹の方で入浴の準備が出来た報告を受けたため、今夜はゆっくり休んで、また明日の建国祭に備えるのでした・・・。

大魔法師の娘【第20話】のネタバレ

翌日になると、また皆で一緒に出発して建国祭の会場に入ります。

本来ならば楽しいお祭りの場なのですが、メイベルの中では昨晩にベレロフォンから教えられたラキエルへの「制約」のことが頭から離れません。

それでも神主だった初代魔法使いが作ったとされている大きな噴水を堪能したり、カーナスからラキエルお気に入りのレストランでの食事の計画まで教えられて一同は和気あいあいと回ります。

 

その先で「ゴムスのレース」開催のお知らせコールが鳴り響きます!

メイベルにとっては初めて聞く言葉で皆に振ってみたものの、ラキエルやカーナスにとってはあまり好ましいものではないらしいのです。

ラキエル「あんなものは家門のお遊びだ!」

カーナス「確かに皇実は忠誠を誓った家門の規制のみ緩和させてますからね・・・」

それでもラキエルからは「行ってみるか?」と声をかけられます。

 

その途端、ラキエルが魔法の準備を始めて少しの間だけ目を閉じているように指示を出してから魔法をかけると同時に、まるで上空へ上がったような感覚に襲われます。

ラキエル「あれが競技場だ」

メイベルが目を開けてみた先はまさに上空に浮かんでいる状態であり、空高くから「ゴムスのレース」が開催される競技場の全体が見えているほどの高い空まで上がっていたのです!

>>大魔法師の娘のネタバレ一覧はこちら

大魔法師の娘【第20話】のみんなの感想

ベレロフォンがメイベルにプレゼントしていた鳥が大活躍してくれていたということですね!

そして翌日もまた皆で出発できたものの、メイベルが催し物に興味を持ってしまったことがキッカケとなり、まさかの上空からの競技観賞となってしまいましたね!

まとめ

「大魔法師の娘」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です