ピッコマ|大魔法師の娘【第32話】のネタバレ・感想!

漫画「大魔法師の娘」はSaebyeok_ae先生の作品です。

ゴーレムレースの主催者と対面するメイベルたちですが、その男がやはり「次期当主」との繋がりがあることが判明します。

その主催者からも優勝賞品を諦めるように告げられてしまいますが・・・!?

>>大魔法師の娘のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

  • 大魔法師の娘【第32話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

大魔法師の娘【第32話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

大魔法師の娘【第32話】のあらすじ

司会者の案内により最上階に上がった先で、このゴーレムレースの主催者であるオロチェンである男と対面します。

オロチェン「このガキが優勝者だって?こんなに青臭いガキなんて聞いてないぞ!俺の甥っ子がこんなガキ(メイベルのこと)に負けただと!?」

優勝したメイベルと会うなり、完全に上から目線で見下してくるオロチェンですが彼から発せられた「甥っ子」という言葉により、彼が「次期当主」との血縁上の繋がりを持っていることが判明しました!

メイベル「この人もアイシーラの人なんだ・・・」

メイベルの方もまた、見下された悔しさよりもオロチェンの方がまだ「自分のことを知らない」ことが分かったことにより安堵感の方が大きかったのです。

そしてオロチェンの方も完全に失望してしまった末、司会者に対して優勝賞品を持ってくるように命じます。

しかしメイベルたちの前に出されたのは、会場で見た「ロシケールの月」でなく、ただの棒でした。

オロチェン「その杖は本物だ!アイシーラの魔法使いである、このオロチェンの名と名誉にかけて保証しよう」

さらに、この「ロシケールの月」を使うことにおいての注意点も聞かされます。

それは「使用者が魔法使いであることを偽っていた場合には魔力を失う」ということです。

オロチェンの方はメイベル自身もそれ位のことは知っているだろうと思い込んで説明してきます。

そして、この「ロシケールの月」は自ら主を選ぶことや、本来は自分の甥っ子である「次期当主の物」になるはずだったと話してきます。

さらには、この「ロシケールの月」そのものがオロチェン自身が「皇室から盗み出してきた物」であることさえも平気で暴露してしまうのです!

 

しかし、そうした犯罪まがいの武勇伝を語ってきたオロチェンがメイベルたちの前に大金を出してきては優勝賞品を渡す条件を課してきます。

その金額とは優勝者への賞金として贈られる10万ゴールドの10倍にもなる「100万ゴールド」でした!

オロチェン「その金をやる代わりに、この杖は諦めろ!杖を持って出ていけるのは、お前がロシケールの主として認められた時だけだ!」

「主を決める杖」と「100万ゴールド」、メイベルが選ぶ方とは果たして・・・!?

大魔法師の娘【第32話】のネタバレ

オロチェンから目の前に出されてきた「主を決める杖」と「100万ゴールド」・・・一見は究極の選択でもあり、大いに悩みながら迷うものですが、メイベルの選択は既に決まっておりました!

メイベル「その杖を持たせてください!」

メイベルが杖の方を選んだことに対して「卑しい平民」などど嫌味を言うオロチェンですが、さっさと終わらせるように告げながら、やっと持つことを許可してくれたのです。

メイベル「お父さんや皆が何も言わないってことは、危なくないってことだ・・・それに今なら分かる!」

恐怖心を完全に捨て去ってから杖を持ったメイベルに覚えのない「声」が語りかけてきます。

杖「どんなのが良い?あなたが望むなら、私は何にだってなれる」

なんと、杖自身がメイベルに対して質問するかのように問いかけてきたのです!

そして杖からは自分の名前まで問いかけられたことでメイベルも素直に名乗ります。

杖「メイベルは何が好きなのかしら?いいわ、私が見てあげる・・・」

そして杖はメイベルの心を覗くかのようにラキエルを始めとした邸宅の者たちの姿が見えた途端、彼女に対して後ろを見るように指示してきます。

メイベルが視線を変えた先には美しいお城の映像が映され、そこには優しく微笑みかけてくれるベレロフォンの姿もありました。

杖「なるほど、これが好きなのね」

そう囁いた途端、棒の形をしていたはずの杖がメイベルが持っている中で本来の「ロシケールの月」の姿に変わっていたのです!

 

その姿を見たメイベルも嬉しそうに微笑みますが・・・

オロチェン「奪え!」

そんな最中にオロチェンが叫ぶように、メイベルから杖を奪おうとしてきます!

>>大魔法師の娘のネタバレ一覧はこちら

大魔法師の娘【第32話】のみんなの感想

主催者であるオロチェンと「次期当主」にはやはり血縁上の関係があった上に、優勝賞品も彼に渡すためのものだったことが判明し、このゴーレムレース自体が正に仕組まれていたものだったということですね!

さらにはその優勝賞品である「ロシケールの月」がまさか皇室から奪った盗品だったなんて・・・そう聞かされると譲られても本当に受け取るべきなのか否かで悩んでしまうのが普通ですよね。

さらにメイベルが持った途端に本来の姿に変わってから奪い返そうとしてくるなんて・・・この杖にはまだまだ重大な謎が隠されていそうで、ちょっと怖いですよね。

まとめ

「大魔法師の娘」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です