ピッコマ|大魔法師の娘【第36話】のネタバレ・感想!

漫画「大魔法師の娘」はSaebyeok_ae先生の作品です。

ゴーレムと小鳥、それぞれに名前をつけてあげたメイベルはフローレンス3姉妹と共に楽しげに可愛がりますが、そうしている中でも建国祭の方は既に中盤に入っておりました。

>>大魔法師の娘のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

  • 大魔法師の娘【第36話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

大魔法師の娘【第36話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

大魔法師の娘【第36話】のあらすじ

あの巨体だったレッド・ドレイクの「ラソル」が小さな赤ちゃんのようなサイズにまで小さくなると、フローレンス3姉妹も揃って喜びと同時に可愛がってきますが、メイベルの時とは違って少し苛立っている様子でした。

そんな中でスキラから「魂の年齢」について聞かされますが、それはメイベルが命を吹き込んだ瞬間から数え始めるとされています。

2人の妹たちが可愛がり続けていたためにラソルは泣き出してしまいますが、それはまだ今の小さな姿に変わったことに慣れていないためでもあるとされています。

メイベル「いい子ね・・・」

メイベルが優しく抱きかかえれことで落ち着くのでした。

 

翌日の午後になると建国祭のために購入した別邸で過ごしますが、その建国祭もいつの間にか中盤に差し掛かっておりました。

初日に来た時には「催し物が毎日変わる」ことをカーナスから聞かされたことを思い出します。

今日はどんなテーマで開催されているのか気になる一方で、同行しなかったアベルクのことも気になり始めます。

メイベル「アベルがいなくて残念ね・・・」

ベレロフォン「アベルクに会いたいですか?」

そう呟いた途端、ベレロフォンから質問されるように返されますが、もしもアベルクも一緒に来てくれていたとしたら、自分に色々と教えてくれるのは彼の方だったかもしれないと感じ始めていたのです。

ベレロフォン「もしかして、今笑ったのはアベルクのことを思っていたからですか?」

メイベル「ううん!アベルのことは好きだけど、時々私に意地悪するし・・・」

慌てて否定するメイベルですが、彼女自身も怖い人よりは優しい人の方が好きであることは確かです。

そうした会話を交わす中、庭園で遊んでいるはずのラソルが入ってきます・・・。

大魔法師の娘【第36話】のネタバレ

メイベルになつくラソルの姿を見たベレロフォンは本当になつかれていることに感心する中・・・

ラキエル「終わりだ!許したのは3分だけだ」

メイベル「あ、うん・・・」

以前から言いつけられていた「3分間の約束」によってラキエルから魔法で自分の隣に移動させられたメイベルですが、その時間があまりにも短く感じられたのです。

 

そんな状況の中、自分が「大魔法師」になりたいことを告げて教えてもらえることになっているため、メイベルの方から切り出しますが・・・

ラキエル「邸宅に戻ってから話すと言っただろう」

メイベル「今日から学ぶんじゃないの!?」

メイベルはお祭りに行きたい気持ちを抑えて書斎に来ていたのですが、そんな中でベレロフォンがサポートしてくれます。

ベレロフォン「師匠はわざと、あの話題を避けてますね?」

彼からの台詞ではラキエルはあくまでも「分からないフリをしているだけ」にしか過ぎません。

実は今日のお祭りのテーマは危険なものが多いことにより、ラキエル自身も内心では娘のことを強く心配しておりました。

さらにベレロフォンもまた、メイベルと同じで今日から学ぶものと捉えていたため、彼女の修行のサポートをするために自分も訪れてきたことを話します。

ちなみにこの別邸の結界はベレロフォンの存在によって保たれており、魔法を使うには彼自身が近くにいなければならないのです。

歳が近そうなのに自分より遥かに大人っぽいベレロフォンを不思議な存在に感じたメイベルは彼に年齢を問いますが、「メイベルとは3歳差」であることに加えて、さらに1歳加えるべきとされています。

ベレロフォンが生まれた地域の人々は世話ん必要とする子供を放っておくしかありません。

そして1年が経過しないと誕生を認めてもらえないのです。

年齢に関する話も聞いたメイベルはベレロフォンを「クローデル以上に凄い天才魔法使いなのかもしれない」と思い始めますが・・・

ラキエル「大したことはない。この程度の魔法使いぐらい、いくらでもいる!」

ベレロフォンもまた師匠であるラキエルの言う通りと加えますが、それでもクローデルでさえ出来なかったことを一度でやってのけてしまったベレロフォンがカッコ良く見えておりました。

ラキエル「その話はもう良い」

またしてもラキエルから会話を止められると、今度はカーナスが入ってきます。

カーナス「お客様がお見えです」

ラキエルに伝えている時のカーナスは冷や汗をかいており、少し緊張している様子でした。

>>大魔法師の娘のネタバレ一覧はこちら

大魔法師の娘【第36話】のみんなの感想

ゴーレムや小鳥との楽しいひとときは、ここでいったん止まり、メイベルは魔法の修行をしたいみたいですね!

しかしラキエルは何かワケありなようで渋っているみたいですが・・・そんな中で突然の来客な上、カーナスの表情を見る限りではあまり歓迎したくないタイプのキャラクターが来たようにも感じてますよね。

まとめ

「大魔法師の娘」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です