ピッコマ|大魔法師の娘【第40話】のネタバレ・感想!

漫画「大魔法師の娘」はSaebyeok_ae先生の作品です。

ラキエルから「どちらが好きか?」といきなり選択肢をつけた形を質問を迫られるメイベルが出す答えとは・・・!?

そしてメイベルにもボーン・カイリから最終日の「舞踏会」直接の誘いが来てしまいますが・・・!?

>>大魔法師の娘のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

  • 大魔法師の娘【第40話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

大魔法師の娘【第40話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

大魔法師の娘【第40話】のあらすじ

ラキエルから「どっちが好きなんだ?」と選択肢をつけた質問をぶつけられるメイベルですが、ここで、「アスラン」と答えてはいけないことは彼女自身も充分に分かっておりました。

メイベル「お父さんが1番カッコ良い・・・」

これは決して完全な嘘などでなく、魔法を使う時の父親の姿はメイベルから見ても「誰よりもカッコ良い存在」だったのです。

ラキエル「やはりな!お前の目は確かだ」

ボーン「うげっー!すげー親バカ!」

ラキエルが当然だと言いたげに告げますが、そんな彼を見たボーンは呆れて白けてしまうのです。

そしてラキエルは今度はカーナスにも話を振りますが、彼はあくまでも冷静に返答し、メイベルは「愛されて当然のお方」と言い切ります。

しかし、その直後にラキエルの冷血さを皮肉込めてつきますが、これには本人でなく、ボーンの方が食いついてきます。

 

そして、お互いに戦争に出ていた頃の話題に花を咲かせます。

この時にボーンよりも若く見えるカーナスですが、彼の種族は外見が一気に変わるだけの特徴を持っており、この2人の年齢差はあまりないことが発覚します。

そうした2人の会話を聞いているメイベルはカーナスの弟であるアベルクの後ろ姿が脳裏に蘇ります。

それでも、あのアベルクが一気に成長して、カーナスと同じような大人な外見に変わる姿までは想像出来ませんでした・・・。

 

そうしているうちにアスランもまた動き出しては、ラキエルに自己紹介しますが・・・!?

大魔法師の娘【第40話】のネタバレ

アスランがメイベルの時と同じように、自分の名を名乗りながら自己紹介しますが、ラキエルの不機嫌そうな表情はやはり変わりません。

ラキエル「もういい!俺の庭園の景色を遮るんじゃない!鑑賞の邪魔になる」

ラキエルは指を少し動かして、魔法による風を軽く起こしますが、それは即ち「すぐに自分の前から失せろ」と意味に他なりません。

 

そんな彼の魔法を拍手しながら褒めるボーンですが、ここで最終日に開催される「舞踏会」の話を持ちだしてきます。

結局はラキエルもボーンも出席することに決めており、そうなってはメイベルも子供ながらに「自分も行かなくてはならない」と悟ります。

しかしボーンからの話はまだ終わらず、秘密として「花火大会」まで行われることも耳づてに聞かされるのです。

ボーン「1年に一度だけ開催されるんだ!貴重な光景が見られるぞ!」

そこまで聞かされたメイベルも興味を抱きますが、問題点もあるわけで、舞踏会に来るのは決して良い人たちばかりでないことがネックとなります。

それでも会場内で何かあった場合にはラキエルがきっと守ってくれることを告げては、アスランも連れて帰っていきます。

ボーン「また、舞踏会でな!」

アスラン「またお会いしましょう、ラキエル様」

アスランとメイベルはお互いに笑顔で手を振りますが、この時とやはりラキエルからの冷たい視線を受けるのでした・・・。

>>大魔法師の娘のネタバレ一覧はこちら

大魔法師の娘【第40話】のみんなの感想

娘を溺愛する気持ちも分からなくはないものの・・・親バカぶりもここまで大きいと、ボーンが呆れてしまう気持ちにも少なからず共感してしまうというものですよね!

結局は皆で「舞踏会」の会場に行くことに決まりましたが、当日も決して何も起こらず無難に終われる・・・などと平和な展開にはならないのでしょうね。

まとめ

「大魔法師の娘」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です