ピッコマ|大魔法師の娘【第51話】のネタバレ・感想!

漫画「大魔法師の娘」はSaebyeok_ae先生の作品です。

やっと舞踏会の会場に入れた安心感も束の間・・・ラキエルに話しかけてきた皇帝陛下が予定を早めることにより、恒例の「儀式」が始まろうとします。

その中でラキエルだけが呼び出されたことにより、メイベルは再び1人きりとなりますが、そんな最中に望まぬ再会を果たしてしまいます!

>>大魔法師の娘のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

  • 大魔法師の娘【第51話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

大魔法師の娘【第51話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

大魔法師の娘【第51話】のあらすじ

皇帝陛下から命じられた魔道士たちが一斉に集まり出しては、何やら仰々しく準備が開始されます。

ラキエルから「英雄と超越者に再度の制限をかけるための儀式」であることを説明されますが、それは「毎年一度、一種の警告のようなもの」として行われているそうです。

それはまるで「人が籠の中の鳥」のように囚われることと変わらず、メイベルは1人で落ち込み始めます。

そんな娘をラキエルが安心させてくれますが、その「儀式」の準備が着々と進められていきます。

そして準備はあっという間に終わり、すぐ様に「儀式」が始まりますが、ここで「超越者」と「英雄」が呼び出されます。

この中のうち「超越者」とはラキエルのことであり、指名された彼はメイベルをその場に置いて、そのまま行ってしまいます。

メイベル「このまま行かせても良いのかな?」

またもや不安になるメイベルに対して、ラキエルの方は「皇室にデザート作りが得意な人物がいること」を聞かされると同時に、腹ごしらえしておくように言ってきます。

親子でそうした会話を進める間にも、同じ会場に出席しているボーン・カイリは真っ直ぐ進んでいます。

ラキエル「魔法の検査と同じように、今回もそう長くはかからないだろう・・・約束するよ!」

メイベル「うん・・・」

それでも心配が絶えないメイベルですが、今は父親からの指示に従うしかありません。

しかし、その後に思わぬ朗報を聞かせてくれます。

ラキエル「戻ったら、お前のお母さんの肖像画を見せてやる:

メイベル「うん、お父さん!」

今度はメイベルの方も笑顔で返事します。

 

ラキエルやボーン・カイリも含めた複数人もの男性たちを集めた中で「太始の契約」と称して毎年恒例の「儀式」が始まります。

始まりと同時に魔法陣の周辺が光ると同時に同じ輝きに包まれた鎖が現れます。

その鎖を見た瞬間、メイベルは一瞬で恐怖します。

メイベル「どうして、お父さんとボーンおじさんが鎖で縛られなきゃいけないの!?」

ボーン・カイリから聞かされた舞踏会の内容とは大きく違いすぎていることに対して、強い違和感も抱き始めます。

 

そんな最中、メイベルに対して近い年齢の男の子に声をかけられます。

男の子「なんだ、お前!来てたのか!」

なんと、それは最も因縁深い義弟であるクローデルでした!

大魔法師の娘【第51話】のネタバレ

メイベルにとって最も会いたくないであろう、クローデルが声をかけてきました!

それはメイベルにとって、あまりにも望まぬ再会でしたが、彼の方はお構いなしに皮肉ばかり言ってきます。

クローデル「お前みたいな奴まで、ここにいるなんて驚いたよ!」

さらに思いがけぬ内容による「自慢話」までしてきます。

クローデル「僕は皇帝陛下にもお会いする予定なんだ!」

メイベルが軽く理由を問うと、本人は「自分が神主候補」であると言い切ります。

一緒に暮らしてきた時と変わらず、メイベルに対して「何も変わっていない」と見下してくる上に「卑しい本性」とまで告げてきます。

そして、同じくらいに因縁の深い「アイシーラの末裔」から、以前までのゴーレスレースや首都で会ったことまで聞いていました。

ちなみにクローデルの口から、彼の名前が「ボント・アイシーラ」であることも知らされます。

クローデルの方はボントから「反則勝ちで賞金お賞品を奪われた」と聞かされたそうで、そのことに対する批判まで浴びせてきます!

クローデル「いくら父親が強くても、身の程を沸きまえるべきだろ?それとも、その卑怯さは父親譲りなのか?」

今度はメイベルだけでなく、ラキエルのことまでけなしてきます。

クローデル「シクラメンを名乗る以上、家門の顔に泥を塗らないことだな!」

あまりにも酷い貶し方をされますが、メイベルは当時では気づけなかったことに気づきます。

「シクラメンの宝物である、この子はこれまで全てを思いのままにしてきたはず・・・だけど、今なら分かる!」

あの時は怖くてクローデルと目を合わすことさえ出来ませんでしたが、そっと口を開きます。

メイベル「あなたは他人をバカにすることで、自分の自信を保っているのね?」

以前までは恐怖ばかり抱いてきたクローデルに対して、ハッキリと言い返すのでした!

>>大魔法師の娘のネタバレ一覧はこちら

大魔法師の娘【第51話】のみんなの感想

儀式の席に呼ばれたラキエルとボーン・カイリのことも心配ですが、メイベルにとっては思いがけぬ形でクローデルと再会してしまった方が難問ですよね・・・。

相変わらず、人を見下すことしか出来ない呆れた少年ですが、大きく成長したメイベルがハッキリ言い返してやったラスト場面には本当にスッキリしましたね!

それにしても、彼と同じ位に嫌な奴(アイシーラの次期当主)は「ボント・アイシーラ」という名前だったんですね・・・。

まとめ

「大魔法師の娘」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です