ピッコマ|大魔法師の娘【第59話】のネタバレ・感想!

漫画「大魔法師の娘」はSaebyeok_ae先生の作品です。

「ニンジンの栽培」に「ラソルとリリーの扱い方」など、シーズン2に入ってから、ひたすらに頑張るメイベルですが、それでも1番学びたいものは、やはり魔法でした。

魔法においても既にラキエルから学び始めているものの、そんな中で自身の中にある「重大な欠陥」に気づいてしまうのです!

>>大魔法師の娘のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

  • 大魔法師の娘【第59話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

大魔法師の娘【第59話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

大魔法師の娘【第59話】のあらすじ

シーズン2に入ってからというもの、「ニンジンの栽培」に「ラソルとリリーの扱い方」など、ひたすらに頑張るメイベルですが、それでも本人にとって1番学びたいものは、やはり魔法でした。

その魔法においても去年の冬頃から、ラキエルの下で学び始めており、毎日のようにぶ厚い書物を読み続けます。

その結果、全ての書物を読み終えたメイベルに対して、ラキエルから「本は危険だ」とアドバイスされます。

メイベルの方には「なぜ本が危険なのか?」と疑問をいだきながら、いくつもの理由を浮かべますが、それでも父親からのアドバイスを聞き流すことは出来ず、肝に銘じます。

側にいたカーナスが何か言いたそうな様子ですが、速攻でラキエルから制止されてしまいます。

 

その直後にはベレロフォンまで入ってきますが「メイベルが日を追うごとに父親に似てきていること」を話します。

ラキエル「俺の娘なんだから、当然だろう!」

さも当然と言いたそうにメイベルの頭に触れながら答えます。

そしてベレロフォンがメイベルに近づきますが、彼もまた身長が伸びたことに気づきます。

それも自分のような「少し」ではなく、10cm近くも伸びているように感じられるのです。

そんなベレロフォンからは、この場にいるだけで「親子2人魔力が感じられる」と言われますが、メイベルの方は「自分の魔力」という言葉に対して疑念を抱きながら悩み始めてしまいます・・・。

大魔法師の娘【第59話】のネタバレ

自分の魔力がまだあまりないことに対して悩むメイベルを励ますかのように、ラキエルからは以前に成功した例を出されてフォローされます。

しかし、あの時はラキエルの手助けあったからと自身を過小評価してしまいます。

それでもメイベルの魔力は以前よりも、はるかに成長していることを教えます。

 

確かに冬頃からラキエルの下で魔法を学び続けるメイベルですが、1つの重大な欠陥に気づいてしまいます!

それは「自分には魔法の免疫がついていない」ということでした。

「魔法の免疫」には、体を強くしてくれるだけでなく、魔力が体内に留まるように魔法を封じ込める心臓を鍛えてくれる効能もあります。

さらにラキエルが魔法を教えてくれている方法が「かつてシクラメン邸宅で学んでいたものとは大きく違っていたこと」にも原因を感じてしまいます。

ラキエルからは「ひたすらに本を読め」と指示されて従うように読んできましたが、シクラメン邸宅では「魔法の数式」から教えられていたのです。

シクラメン邸宅の頃でも数式を作るところまでは出来ていたものの、いつも魔法を吹き込もうとする度に問題が起きてしまっていました。

メイベル「わたしはまだ魔法を使いこなせていない!」

悩むと同時に、ラキエルからはなぜ数式を教えてくれないのかと疑問を抱きますが、そんな彼から自分の持っている「ロシケールの月」を出すように指示されます。

 

杖のことに関してもまた疑問を抱きますが、指示されたとおりに出すと、今度は窓の方に向けるように言われます。

ラキエル「これから、お前の魔力を動かすために、俺の魔力を使う」

本来、魔力を混ぜ合わせるのは危険とされていますが、この時はラキエルの方も「メイベルの潜在能力」を知りたかったようです。

そして、ラキエルからの提案で今回は「エナジーボンブ」という魔法を使うことになりました。

「エナジーボンブ」とは魔力を丸く固めて、小さな爆発を起こさせる魔法です。

そして「魔力が動く先」を感じるように指示されます。

普通の魔法使いは本来の魔力を自然にある魔力と掛け合わせて使うとされていますが、ラキエルやテアの場合は本来の魔力が強い故に、式を描く必要がないそうです。

そんな2人の血を引くメイベルにも、十分な才能を持っており、今はまだ魔力を動かすことに慣れていないだけであることを指摘してきます。

ラキエルから「集中しろ」と指示されたメイベルは、両目を閉じながら魔力を集中始めます。

すると・・・

「こんにちは、メイベル!」

何者か呼んでくる声が聞こえてきます。

>>大魔法師の娘のネタバレ一覧はこちら

大魔法師の娘【第59話】のみんなの感想

「ニンジンの栽培」を始めとした農作業が中心だった前回までとは一転して、今回は魔法中心の回になりましたね!

メイベルにとっても読者たちにとっても、以前からも出てきた「魔法の免疫」などに対する疑問がラキエルのおかげでかなり解けた感じであり、今回はまさに「ラキエルの魔法講座」と呼べる回だったかもしれませんね。

そして杖を持ちながら、魔力を集中したメイベルにかけられた声の主とは・・・もしかしするとテア(母親)である可能性も充分に考えられそうですね!

まとめ

「大魔法師の娘」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です