ピッコマ|大魔法師の娘【第60話】のネタバレ・感想!

漫画「大魔法師の娘」はSaebyeok_ae先生の作品です。

ラキエルから魔法を教わる中、メイベルは「ロシケールの月」に導かれるかのように、まるで別世界のような場所に移動させられます。

そして杖の声やラキエルから導かれるかのように、自身の魔法を使ってみた結果とは・・・!?

>>大魔法師の娘のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

  • 大魔法師の娘【第60話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

大魔法師の娘【第60話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

大魔法師の娘【第60話】のあらすじ

メイベルの杖である「ロシケールの月」がメイベルに対して話しかけてきます。

杖「どんなのが良い?何が使いたい?」

そう話しかけてきた杖自身から強大な炎と水が同時に溢れんばかりに出てきます!

それらの炎と水はすぐに消えて、今度は優しい空気に包まれますが「まるでお父さんと同じ魔法」という感覚を受けます。

その直後に、ラキエルたちと一緒にいた部屋に戻ります。

 

しかしラキエルの方からは、すかさずに話しかけてきます。

ラキエル「しっかり見ておけ、お前に何が出来るのか・・・」

そう言われた途端、先程まで優しい空気に包まれていた杖が、いきなり大爆発を起こします!

それに驚きながら、メイベルが見た光景とは、自分の放った魔法で部屋の壁が破られていた光景でした!

ラキエル「これが、お前の力だ!」

カーナス「素晴らしいです、お嬢さん!」

頑丈に造られた壁をいとも簡単に破ってしまう程の強大な魔力を褒められますが、メイベルにとっては全く実感できないようです。

それでもカーカスからは「昔のラキエルを見ているようだ」と涙ながらに喜ばれた上、その父親からもまた「自分よりも立派な魔法使いになる」と頭を撫でられます。

この2人からの褒め言葉には、まだ完全に実感できたわけではありませんが、メイベル自身も少しだけ何かを掴めたようです。

大魔法師の娘【第60話】のネタバレ

自分が放った強大な魔力を実感できないものの、ラキエルが何を教えたかったのかが何となく解り始めてきます。

これまでは必死に式を描こうと考えすぎていたことが、メイベルに対してはかえって邪魔になっていたのです。

ラキエル「基本を忘れるな!それさえ覚えていれば、何だって出来る」

魔法のコツを教えられた後は「自分で使ってみたい魔法」について聞かれたメイベルは、以前ラキエルが見せてくれた「精霊の魔法」を思い出します。

 

しかし、そんな最中にアベルが入ってきては「お客様がいらした」と伝えてきますが、彼自身の様子が少しおかしいため、代わりにカーナスが様子を見に行ってくれます。

 

ただ、そのカーナスも血相を変えながら、すぐに戻ってきます。

カーナス「やはり旦那様が行った方がよろしいかと・・・アタータから、お越しだそうです!」

カーナスから出た「アタータ」という言葉に疑問を抱くメイベルに対して、この場に残っていたアベルが声をかけてきます。

メイベルから「自分たち行かなくて良いのか?」と質問されたアベルですが、少し気まずそうな表情で答えます。

アベル「極力、会いたくない相手なんだ!」

それでもソファに腰掛けるなり「自分の耳を触ったら、お客様が誰なのか教えてあげる」と告げてきます。

>>大魔法師の娘のネタバレ一覧はこちら

大魔法師の娘【第60話】のみんなの感想

杖やラキエルから導かれるように、自身の魔力で放たれたメイベルの魔法は、とんでもない破壊力でしたね!

このおかげで、少しだけではあるものの、魔法の感覚もつかめてきたようですね。

しかし「アタータ」という聞いたことのない言葉による「お客様」の正体が気になりますよね!

まとめ

「大魔法師の娘」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です