DEAR  BOYS ACT4【第24話】のネタバレ・感想!

漫画「DEAR  BOYS ACT4」は八神ひろき先生の作品です。

真崎中央との試合も、いよいよ最後の第4Qへと突入します。
お互いに一歩も退かない戦局が続く中で三枝がまたしても布施との勝負に挑んできます!

数ページの試し読み程度であればいくつものサービスありますが、もっと読みたい方のために無料で漫画が読めるサービスを紹介します!

>>「DEAR  BOYS」の単行本を無料で読む方法

▼31日間無料&600P 今すぐ読める▼
今すぐU-NEXTで「DEAR  BOYS」を無料で読む

DEAR  BOYS ACT4【第24話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

タイトル名のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

DEAR  BOYS ACT4【第24話】のあらすじ

またしてもオフェンスリバウンドを奪った佳樹はすぐに梁川へのパスを出しますが、それが読まれており芹沢に奪われて取り返されてしまいます。

その単純ミスで先輩たちから叱られるものの、客席から見ている榊原による彼への注目度が上がっていました。

彼女からの見立てではミスが多く、まだまだ危ないものの、時々見せる規格外の跳躍力から生み出されるリバウンドはやはり特別な能力だったのです!

そして対する真崎中央に対しては、やはり三枝の運動量のすさまじさに大きく目を見張るのでした。

その三枝のディフェンスに応えるかのように攻撃面では夏目の執念強いシュートや芹沢の3ポイントシュートを中心に得点を獲得してきたことにより、一歩も退かぬまま湘南にくらいついてきたのです。

 

 

そうして振り返る中で第3Q終了の笛が鳴ります。

三枝「さすが湘南だわ・・・しぶとすぎだろ」

布施「そっちもな!」

これは息を切らしながらもお互いを”好敵手”と認めた瞬間でもあります。

しかし大門との交代で入り、その常人離れした跳躍力によるリバウンドで大活躍したはずの佳樹が布施たちの前に立って謝罪します。

そんな彼に対して輪島監督が手を差し伸べてアドバイスをしてきます。

彼からの指摘は佳樹自身が「準備できていない」というものであり、リバウンドを取る前に次の動作もしっかり考えなくてはならないことを諭します。

輪島監督「忘れるな!バスケは頭を使うスポーツだと言うことを」

そして、それは今の布施もまた同じだと言うのです。

真崎中央もまた三枝を中心に自分たちのプレイを相当に研究してきていると言います。

輪島監督「・・・だとしたら、その予測を利用して相手の裏をかいてみてはどうかな?」

バスケは「騙し合いのスポーツ」であること、そして去年の瑞穂戦での悔しさを胸に戦うことを告げて選手たちを再びコートへと送り返していきます。

布施「4番(三枝)との勝負に勝って、この試合にケリにつけてきます。湘南のエースとして!」

 

そう宣言した中で最後となる第4Qのブザーが鳴ります!

DEAR  BOYS ACT4【第24話】のネタバレ

第4Q開始と同時に布施の前にはまたしても三枝が立ち塞がります!

そんな状況を見た佳樹が今の自分にできることとして思いついたのがバックスクリーンでした。

目と表情で布施に訴えると同時に三枝へのバックスクリーンに入りますが、位置がまだ甘かったのです。

そのため、青山から出されたパスを彼に奪われてしまいます。

三枝「同じ手を二度食らってたまるかよー!」

布施へのパスは弾かれてしまいますが、三枝の方も完全に取ったわけではありません。

柏木「バカやろう!突っ立ってないでルーズボールを拾うんだ!!」

佳樹へ激を飛ばすようにアドバイスしてきます。

彼からの声に反応した佳樹はその通りにボールに向かっていき見事に取り、シュート体勢に入りますが、あの三枝がすぐ奪いかかってきます。

柏木「お前にシュートは無理だ!布施さんにパスしろ」

佳樹「お願いします!」

そして布施に再びボールが渡り、やはり三枝がすぐに向かってきますが、そんな中で先程のハーフタイムの中で輪島監督から言われた「相手の裏」が脳裏に蘇ります。

それによりステップバックを始めた布施に対し、三枝がフェイドアウェイによるシュートと予測しますが、それは完全にハズレとなります。

シュートと見せかけてドリブルに移った布施が三枝のディフェンスを交わし、そのままシュートに入ろうとしますが・・・

布施「うおおおお!」

三枝のブロックをも越えて放ったダンクシュートが見事に決まった上にバスケットカウント、さらに彼へのファールまで奪いました!

 

これはまさに布施が三枝との1 on 1勝負に勝った瞬間でもあるのです。

▼31日間無料&600P 今すぐ読める▼

今すぐU-NEXTで「DEAR  BOYS」を無料で読む

DEAR  BOYS ACT4【第24話】の感想

お互いに退かぬまま、最後の第4Qに突入してからは更なる接戦へと進化したように感じますね。

佳樹が布施のため、自分の考えでスクリーンに入ったことや柏木が彼に対して必死にアドバイスする行動は、この2人が試合の中でまたしても成長した証なのではないでしょうか。

そして、その後に放たれた布施のダンクシュートはまさに爽快でしたね!
こうしてみると、布施と佳樹や柏木との絆もまた深まったことを感じさせてくれた回でもありましたね!

まとめ

以上、「DEAR  BOYS ACT4【第24話】」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

下記のページで漫画を無料で読む方法を紹介しています。

前作までのDEAR  BOYSはU-NEXTmusic.jpFODで配信されていましたので、詳しくサービス内容を次の記事で紹介していますので、合わせてご覧になって見てください。

※ACT4に関しては2018年10月現在で連載が開始されたばかりなので、単行本はまだ発売されていませんでした。

>>「DEAR  BOYS」の単行本を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です