ピッコマ 光と影【続編・ゴールデンタイム】第24話のネタバレ・感想!

光と影

漫画「光と影」は原作 RYU 先生、漫画 ひおん先生の作品です。

エドナとイーライの息子であるアレックス。

両親の影響を受けて旅に出ることにしたのは、彼が大人になってからのお話です。

>>「光と影/ゴールデンタイム」のネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク

光と影続編【ゴールデンタイム】第24話あらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

光と影のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

光と影続編【ゴールデンタイム】第24話のあらすじ

外で話していたアレンとレオ。

レオはアレックスを待たせるわけにはいかないからそろそろ戻ろうと連れて帰ろうとしますが、アレンはもう少し風にあたってから行くと一緒に行こうとしません。

レオはアレックスが心配するから駄目だとさっき言ったばかりだろうと、なんとしても連れて帰ろうとします。

アレン「分かったよ、行けばいいんだろう・・・、なんだあれは・・・?」

教会の方に怪しい人影を見つけます。

コソ泥だろうか・・・?と思ったところで、アレンは何やってんだ!?と声をかけました。

レオ(でしゃばりなやつ・・・)

アレン「何を盗んできた!?修道士には見えねえが!」

こっちにやってきたその人達は少し考えた後剣を抜こうと構えます。

レオとアレンは驚きます。

 

光と影続編【ゴールデンタイム】第24話のネタバレ

静かだ・・・と部屋で待っているアレックス。

この村は食料も人も、かなり余裕がある様なのです。

ただ一つ気になることは、聖殿騎士団。

朱の名のもとに設立されたもので、最初は各聖地と巡礼者保護の役目を果たしていたのですが、次第に勢力が大きくなるにつれて領地の警備を受け持つようになりました。

ウェストフィールドは胸囲な軍事力を有している為、特に関与はしていないのですが・・・ナゲン領地は領内のほとんどを聖殿騎士団に委託しているようなのです。

ありそうなことではあるが、何か引っかかる・・・。

そう考えているのですが、あの二人が戻って来ないことを不満に感じ始めました。

 

一方、鞭で何とかかわしたレオ。

アレンに剣を拾えと指示をだします。

怪しい人物たちは、若造のくせになかなかやると言いながら剣を構えているのです。

アレン「有無を言わず斬りかかってくるとは・・・何者だ!?」

知る必要はない、ここで出会ってしまった運命を呪うんだなと言い、「やれ!」と言う命令とともに、何人もの人が剣を持って向かってきました。

レオ「アレン!下がれ!!ただのコソ泥じゃない!」

これは訓練された手練れ、それも騎士と肩を並べる程の実力だとアレンに言います。

もしかすると本当に騎士なのか?だとしたらどうして命を狙うのか?教会から持ってきたあの荷物は何なのか?

そしてレオは、アレンにアレックスと父たちを呼んでくるように言います。

アレンもそうしたいところですが、敵が簡単には行かせてくれません。

そして砂を握り目つぶしをして、なんとか逃げます。

「ふざけやがって!!」

すると短剣を投げようとするので、とっさにレオは鞭でその手を叩きます。

レオのおかげで剣が当たらなかったアレンは、驚きました。

なんとか当たらずに済んだ・・・、すると急な痛みがレオを襲います。

いつの間には腹部を切られてしまっていたのです。

マズい・・・と思うのですが、長くは持たないからとアレンに早く行くように言います。

アレン「おまえその傷・・・」

レオ「落馬の借りは返したからな。さっさと行っちまえ!」

よくこんな状況で言ってられるな!と思わず返してしまうアレン。

アレン「おまえ一人置いていけるわけが・・・」

レオ「勘違いするな。今すぐ父上とアレックス様を呼んでくることが、僕たちが生き残る唯一の道だ。だからこれは・・・自分のためだ」

アレンはレオの靴に落ちる血に気づきます。

>>「光と影/ゴールデンタイム」のネタバレ一覧はこちら!

光と影続編【ゴールデンタイム】第24話のみんなの感想

まさかの急な大ピンチ!

私的には、イェシカの方がもっと気になりますが・・・。

この二人もなんとかピンチを乗り越えて欲しいですね!

この不審な人達ですが、アレックスも何かがおかしいと気づいているようです。

早く気づいて向かってくれているといいのですが・・・。

まとめ

以上、「光と影」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTやFOD・music.jpなどがありますが、2020年7月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です