ピッコマ 光と影【続編・ゴールデンタイム】第37話のネタバレ・感想!

光と影

漫画「光と影」は原作 RYU 先生、漫画 ひおん先生の作品です。

エドナとイーライの息子であるアレックス。

両親の影響を受けて旅に出ることにしたのは、彼が大人になってからのお話です。

>>「光と影/ゴールデンタイム」のネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク

光と影続編【ゴールデンタイム】第37話あらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

光と影のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

光と影続編【ゴールデンタイム】第37話のあらすじ

音を立てながら歩いているアレックスに気づいたレオ。

大きな音がしたがどうしたのか?と聞きました。

ですがアレックスは暗くて足元が見えなかっただけで、大したことはないというのです。

レオ「えっ!けがはありませんか?」

アレックス「ああ、平気だ。もう遅いから早く休めよ、明日から忙しくなるからな」

ヘンな笑顔のまま去っていくアレックスに、違和感を感じています。

レオ(なんで・・・水おけを履いているんだろう・・・)

アレックスの右足には、桶がはまっているのです。

光と影続編【ゴールデンタイム】第37話のネタバレ

部屋に戻ったレオは、おかしなこともあるもんだとあまり気にはしていない様子です。

アンナに気の緩んだアレックスは見たことがありませんが、これから起こることを考えると気が気でないのかもしれないと汲み取るのです。

そしてアレンに、身体ぐらい拭け!気持ち悪いと一蹴り。

ですがアレンは、明日どうせ洗うんだからいいんじゃないかと気にしていないのです。

だったらなんで今日ご飯を食べたんだ、明日食えばいいだろうと怒りをぶつけ、さすがのアレンも立ち上がろうとします。

ガニーが間に入って止めました。

ガニー「ところでケニーは・・?夕食後からずっといないみたいだけど・・・」

レオはどこかに隠れているんだろうと気にしておらず、アレンはケニーの事を贔屓していると夕食時に肉を多めに渡したことを持ち出しました。

ガニー「だってまだ幼いから・・・。たくさん食べないと大きくならないだろう?食べ盛りだっていうのに食が細いから心配で・・・」

自分がケニーくらいの時は、毎日牛を一頭食べていたんだそうです。

そりゃあ家計が傾くはずで、家族も可愛そうだとレオとアレンは同情します。

 

少し真剣な表情で話し始めるアレン。

アレン「なぁ、お前らはどう思う?ケニー・・・に対するアレックス様の態度なんだけどよ」

レオ「なんの話だ?」

するとお前らはどんだけ鈍感なんだと言いだしました。

アレン「誰がどう見ても違うだろ・・・!何かが・・・」

何かとは何なのかとレオは怒鳴ります。

アレン「艶っぽくて・・・色っぽいっていうか・・・?」

その言葉に、レオもガニーも固まってしまいました。

ですが次の瞬間、レオはアレンを思いっきりタオルで殴るのです。

レオ「何気持ち悪いことをほざいてんだよ!?」

アレン「いいから人の話を聞けって!!」

さすがのガニーもこれは止めない様です。

アレン「アレックス様は思いやりがある方だから、お前にイタズラしてても嫌がるとすぐに離れてただろ、違うか?」

レオの手が止まり、その意見に納得しました。

アレン「ところがだ、ケニーに対してどうしてたか思いだしてみろ」

レオはアレックスのケニーに対する行動を思いだしますが、いつも前髪をめくろうとしているところしか思いだせません。

レオ「で・・・何が言いたい?」

アレン「要するにだ・・・。俺は底辺出身だからよくわからないんだが・・・貴族の間で流行っていると風の便りで聞いたことがある」

もったいぶるなとレオは言います。

アレン「男しょ・・・」

次の瞬間、レオは「黙れ!!」と言いながら、アレンの顔にタオルを巻きつけました。

レオ「妄言を履くのもいい加減にしろ!自分の立場を自覚してんのか!!」

お前はアレックス様の部下、道端のコソ泥ではない!そう言う噂から守るのが役目で、自分で言ってどうするんだと叱責します。

一国の王になる方、自分たちは背後で支えることになる。

気を引き締めろ!とバカ呼ばわりです。

アレン「悪かったよ・・・」

あまりの気迫に謝るアレンに、レオはもう寝ると言って灯りを消そうとします。

ガニー「あ・・あのさ、アレックス様ってアースワールドの王太子、アレックス・アース・デューク様だったの・・・?」

アレン「何を今更!?」

アレン「うるせー!さっさと寝ろ!」

 

そしてその夜。

アレンは自分の事を情けないと思っていました。

レオの言う通り、もっと気を引き締めようと決心するのです。

ガニーはまさか、自分が未来の国王に仕えているなんて・・・と緊張している様子です。

夢を見ているのではないか・・・?とドキドキしています。

それぞれの悩みを抱えて眠れない夜を過ごしました。

もちろんレオも同じ。

あの話が本当だったらどうしようと、一人恐怖で震えているのです。

最近のアレックスは、レオの様子から見てもおかしかったのです。

いつになく浮かれていて、いつもケニーがどこにいるのか聞いて回っています。

そうかと思えば、魂が抜けたような時もありました。

ケニーが見当たらないとすぐ見えるところまで飛んでいき、ケニーを目の前にすると幼稚ないたずらを繰り返して楽しんでいました。

それはまるで・・・、恋に落ちた思春期の少年のように!

アレン(いや・・・不吉なことを考えるのはよそう・・・。ったく、アレンのやつ余計なことを・・・)

もしアレックスが本当に男色家だったとしても何も変わらない、この世全員が背を向けても自分は最後まで使えて見せると心にきめました。

レオ(僕はあのお方の騎士だから・・・!)

 

レオが決意を固めている時、アレックスもまた眠れぬ夜をさまよっていました。

指の間をすり抜けた髪の毛は柔らかくて、サラサラしていて・・・。

突っついた額は冷たくしっとりしていました。

その感触が忘れられず、アレックスはじっとしてはいられなかったのです。

アレックス(なんだこれは、水おけ・・・?いつから俺の足に・・・?)

まるで宙に浮いているかのような気分で、居ても立ってもいられなかったのです。

アレックス(俺は一体・・・どうなってしまったのだ・・・?)

そして夜が更けていきます・・・。

>>「光と影/ゴールデンタイム」のネタバレ一覧はこちら!

光と影続編【ゴールデンタイム】第37話のみんなの感想

いや・・・、今回は面白回でした(笑)

ケニーのせいで、アレックスがおかしくなったと皆盛り上がっています。

それなのにガニーは、まさかアレックスの正体をしることになり、違う意味で緊張してしまっているのです。

それぞれの考え、おかしくなったアレックス。

本当の事を言いたいケニー。

明日からの旅は大丈夫なのでしょうか??

まとめ

以上、「光と影」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTやFOD・music.jpなどがありますが、2020年7月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です