ピッコマ 光と影【続編・ゴールデンタイム】第45話のネタバレ・感想!

光と影

漫画「光と影」は原作 RYU 先生、漫画 ひおん先生の作品です。

エドナとイーライの息子であるアレックス。

両親の影響を受けて旅に出ることにしたのは、彼が大人になってからのお話です。

>>「光と影/ゴールデンタイム」のネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク

光と影続編【ゴールデンタイム】第45話あらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

光と影のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

光と影続編【ゴールデンタイム】第45話のあらすじ

イーライ「そうか・・・アレックスは?」

フィリーがご無事だと答えると、当然だとイーライはため息をつきました。

イーライ「無駄話はそれくらいにして、報告してくれ」

フィリー「失礼しました。わが道をまっすぐ進んでおられます。昔のイーライ様のように自ら選んだ者を傍に置いて・・・」

彼らのほとんどが賤民や生活もままならない平民ばかりだとフィリーは説明し、それだけイーライの事を尊敬しているのだろうと感じているのです。

フィリー「ですが潜在力だけを見て向か入れている為か・・・、現在実戦で戦えるのはレオ一人だけと言っても過言ではありません」

戦力が未熟であるにも関わらず、男爵たちに対し過剰な挑発を繰り返しているのが心配でなりません。

後先考えずに飛び込むのは、誰に似たのやら・・・。

そう聞いたイーライは、不思議そうにしています。

「アレックスが私たちにそっくりだと言いたいのでしょう?」

二人の元に現れたのはエドナです。

エドナ「お久しぶりね、フィリー」

挨拶を交わし、いつも外に出ずっぱりで大変だったでしょうと、エドナはフィリーを気遣いました。

フィリー「いえ、好きでやっていることなので・・・。オレもフィランも同じ場所にずっと閉じこもっているのが性に合わなくて・・・。あちこち引っかき回していた方がスリルもあるし楽しいんですよ」

エドナ「あらそうなの?実は私もじっとしているのが苦手で・・・」

すると急にイーライに抱きかかえられてしまいました。

イーライ「お前がそういう性格だってことはすでに知っている」

ここで何をしているんだと、部屋で大人しくするように言われていたのに出てきていることが気になっているようです。

エドナは笑ってごまかします。

イーライ「リア、なぜ見張っておかなかった?」

リア「お言葉ですが、簡単に止められるのなら苦労はしません。この役目・・・私には力不足のようです」

ひどい言われ様です。

エドナ「イーライ、あなたが私を心配してくれるのは分かるけど・・・。もう本当に大丈夫だから。私の事信じているわよね?」

イーライの目を見つけてエドナが話していると・・・

リア「経験上ですが、話半分に聞かれた方がよろしいかと・・・」

イーライ「やっぱりそうだよな?」

途中で邪魔が入ってしまいました。

フィリーは、なぜ外出を禁じているのか気になり体の具合でも悪いのかと心配しています。

リア「そういえばまだ話していませんでしたね」

光と影続編【ゴールデンタイム】第45話のネタバレ

先日、エドナが領地視察を兼ねてミサに参加した時のことです。

馬車に乗ろうと馬に近づいた瞬間、蹴り飛ばされてしまったのだそうです。

フィリー「そんな!まさか・・・!」

エドナは普段から馬の面倒を見ており、城内で管理している馬のほとんどはエドナに懐いていました。

大人しかった馬が突然豹変したのを怪しく思い調査をしたところ、城からつれてきた馬ではなかったのです。

雌馬だった上に、子まで孕んでいました。

妊娠期や発情期は極度に神経質になるため、普通は隔離しておく必要があるのですが・・・。

誰かがわざわざ馬勒を交換してまで馬をすり替えたのだと推測されました。

イーライ「まるで、事故が起こることを願っているかのようにな・・・」

エドナ「不幸中の幸いだったのは、私の運動神経が衰えてなかったということよ!」

馬に蹴られた瞬間なんとか避けたそうで、大怪我をすることはなかったのです。

リア「安心するにはまだ早いですよ。外傷より内傷の方が怖いんですから!骨にヒビが入っていたらどうするんですか!・・・」

誰の仕業なのかは特定できませんでしたが、一つだけ確かなことがあるとエドナは言います。

エドナ「彼らは怒っている。もしくは我慢の限界にきている。そしてこれはおそらく・・・」

フィリー「アレックス様のせいだと・・・?」

それだけとは言い切れないそうですが、かなり影響を及ぼしているのは間違いないのです。

フィリー「アレックス様はわざと男爵たちを挑発して敵対心をあおっています。証拠がないので無理やり作り出そうとしているようで・・・」

エドナ「ほんと父親そっくりだわ」

イーライ「まったく母親そっくりだな」

二人は声を揃えて言いました。

互いに腑に落ちていない様子のエドナとイーライ。

リア「ということは夫と息子もそこにいるの・・・?私を未亡人にするようなことはないと思うけど・・・」

フィリー「それは心配ないだろう。アレックス様もいらっしゃるし・・・」

 

フィリーは、自分が戻って来た理由は、兵力を要請するためだと真剣に話はじめます。

フィリー「アレックス様は敵に”攻撃するチャンス”を与える為にゆっくりとデュジャック領へと向かっています。」

「味方はアレックス様を含めてたった6名・・・。もしこのまま敵と遭遇したら、無事に戻れる保証はありません・・・」

エドナ「アレックスを襲撃した瞬間反逆が始まる・・・。おそらく本陣から離れた場所では攻撃してこないはず・・・」

ということは、首謀者と推定されるデュジャック伯爵領周辺で開始する可能性が高いのです。

イーライ「国婚を延期してまで旅立った理由がこれだったとは・・・」

以前からイーライは間者の動きに注視をしていましたが、アレックスのことですから当然気づいていたのでしょう。

アレックスがどこまで知っているのかは分かりませんが、現在アースワールドの状況はかんばしくありません。

国内外でアレックスの正当性について異論が出てきているのです。

ケイドンが即位した時も反対派はいましたが、失われた王朝「ヘイドン」の姓を受け継いでいたので、すぐに収まりました。

ですがアレックスは違います。

ケイドンの実子でもなく養子でもない赤の他人。

それに加えて親であるイーライたちは家門でもないただの平民なのです。

イーライ「あの人間たちにとってこれ以上の屈辱はないだろう」

国婚の話が出てきたときから不穏な動きはあり、ひそかに調査を進めてきたこの5年、尻尾をなかなか出さなかったのですが一網打尽にするチャンスが巡ってきたのです。

イーライ「俺たちに逆らった報い・・・骨の髄まで思い知らせてくれる」

やる気を出しているイーライを見たエドナは、火に油を注いでしまったみたいだと呆れています。

イーライがリアたちに支持を出している間、エドナは小声でフィリーを呼びました。

そして口パクで、「話したいことがあるの。あとでちょっといい?」と伝え、誰にも言わないようにと合図をだします。

フィリー(はぁ・・・これはまた何かやらかす気だな)

>>「光と影/ゴールデンタイム」のネタバレ一覧はこちら!

光と影続編【ゴールデンタイム】第45話のみんなの感想

今回は久しぶりに出てきた、イーライとエドナたちの動きでしたー!

イーライたちも追ってはいたのですが、アレックスの行動のせいで動きやすくはなったようですね。

いい方向には動いていないですし、このままアレックスが襲撃されてしまえば、かなり危ないでしょう。

レオやイェシカがいるとはいえ、ほとんどが初心者。

危ないですよね・・・。

ここでフィリーが兵士を要請しましたが、アレックスに間に合うでしょうか?

エドナの計画も気になります・・・!

まとめ

以上、「光と影」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTやFOD・music.jpなどがありますが、2020年7月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です