ピッコマ 光と影【続編・ゴールデンタイム】第63話のネタバレ・感想!

光と影

漫画「光と影」は原作 RYU 先生、漫画 ひおん先生の作品です。

エドナとイーライの息子であるアレックス。

両親の影響を受けて旅に出ることにしたのは、彼が大人になってからのお話です。

>>「光と影/ゴールデンタイム」のネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク

光と影続編【ゴールデンタイム】第63話あらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

光と影のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

光と影続編【ゴールデンタイム】第63話のあらすじ

エドナは、イェシカに答えるようにと言いました。

イェシカは口を開こうとしますが、まるで唇が凍り付いたかのように離れません。

以前のように境遇が哀れだとか、アレックスに対して後ろめたい気持ちがあるからではないのです。

自分がアレックスのそばにいるということは、アースワールドに戦争の火種をまき散らそうとしているのと同じ。

アレックスはわかってくれましたが、それが全員の理解を得たと言うわけではありません。

イェシカはアースワールドにノースイアンとの戦争を頼みに来ました。

彼らの前で堂々とはしていられないと感じて、つい俯いてしまうのです。

エドナ「顔を上げるのです!」

イェシカは一刻の王女。

どんな理由があるとはいえ、誰に対しても簡単に頭を下げてはいけないと強く言いました。

そう言われたイェシカは、意を決して口を開きます。

光と影続編【ゴールデンタイム】第63話のネタバレ

イェシカは、ノースイアンの王位を象徴する者として、祖国の救命を要請しに来たとはっきりと言いました。

そんな堂々としたイェシカの姿を見たエドナは、少し微笑みました。

エドナはイェシカにようこそお越しくださいましたと挨拶をし、今の要請に関しては王の家臣である自分が下手にお話しすることはできないと答えます。

ですが・・・、エドナはイェシカを抱きしめました。

エドナ「アレックスの母としては・・・歓迎するわ」

アレックスを守ってくれてありがとうと、優しく言いながら抱きしめたのです。

 

そんな二人を見ていたアレックスは微笑んでいます。

ここでキアン伯爵がやってきて、援軍がすぐに残党を片づけて負傷者を運んでいきました。

全員生き残ることができたのです。

こではすなわち、彼らの勝利を意味します。

その瞬間、安堵感は身体を弛緩させる・・・。

一安心したイェシカの身体はへにゃへにゃになり、その場に座り込んでしまいました。

幸いなことに自分自身に怒られることはありませんでしたが、恥ずかしながら子供のころに母に抱かれた夢を見ました。

現実の母は自分のことだけでも大変だったので、こんなに温かく包み込んでくれることはありませんでしたが・・・。

今日のこの夢では、とても温かく微笑みながら抱きしめてくれたのです。

 

エドナはキアン伯爵にお礼を伝えました。

遅くなり申し訳ないとキアン伯爵は謝りますが、タイミングよく来てくれたおかげで一人も逃すことがなかったんだとエドナは言いました。

生き残ることができたと言いながら、エドナの手は震えています。

エドナ「あの時・・・私が3秒・・・いえ、1秒でも遅れていたら、アレックスを失っていたかもしれない」

こんな恐怖は二度と味わいたくないのだと、俯きながら言いました。

以前、エリシャが狙われたことがあり、間一髪で助けることができたのです。

怒りがこみあげてきたエドナは、そう簡単には殺さないと呟きます。

>>「光と影/ゴールデンタイム」のネタバレ一覧はこちら!

光と影続編【ゴールデンタイム】第63話のみんなの感想

無事に助けが来てみんな生き残ることができました。

エドナはイェシカを歓迎してくれていますが、それは母として。

国としては戦争になることが見えているので、現段階ではどうもしようがありません。

ですが城に戻れば、王妃を誰にするかでバタバタ・・・。

まだまだ不安なことは多いですが、イェシカが無事で何よりです!

まとめ

以上、「光と影」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTやFOD・music.jpなどがありますが、2020年7月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です