ピッコマ 光と影【続編・ゴールデンタイム】第71話のネタバレ・感想!

光と影

漫画「光と影」は原作 RYU 先生、漫画 ひおん先生の作品です。

エドナとイーライの息子であるアレックス。

両親の影響を受けて旅に出ることにしたのは、彼が大人になってからのお話です。

>>「光と影/ゴールデンタイム」のネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク

光と影続編【ゴールデンタイム】第71話あらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

光と影のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

光と影続編【ゴールデンタイム】第71話のあらすじ

倒れたケイドンは医者の診察を受けて、疲労がたまっているようだと診断を受けました。

安静にしていれば直良くなると言われて、みんな安心したようです。

そして医者は、目を覚ましたら体力を養うお茶を処方すると伝えました。

医者は出て行く際に、ミケイラと目を合わせました・・・。

光と影続編【ゴールデンタイム】第71話のネタバレ

微笑んだミケイラは、みんなの前で言いました。

「アネス王女も驚いたでしょう?陛下のためにノースイアンの伝統菓子まで準備したというのに・・・」

それを聞いたカトリーナ王妃は、ノースイアンの菓子という言葉に反応しました。

表情は暗いまま、アネスに誰がそんなものを陛下に差し出す許可を出したのかと問うのです。

アネスは震えながらも答えようとしますが、返答を聞くために質問した訳ではないと遮られてしまいました。

カトリーナ王妃はアネスを睨みつけ、よくも夫にそんな汚らわしいものを・・・と言ったのです。

さらには指示があるまで、ケイドンに謁見することはできないと忠告します。

彼が許しても私が許さないと・・・。

 

走って部屋に戻ったアネス。

侍女たちが汗をかいているアネスを見て、驚いています。

側についていた侍女は目に涙を浮かべ、いくら一国の王妃といえあんなことまで言うなんて!と、どうして言い返さなかったのかと聞いてきます。

アネスは何も悪くないのにどうしてずっと我慢しているのかと言われたことで、アネスは大声を出してしまいました。

アネス「そんなことくらい!!私だって・・・わかっているわ!」

わかっているのですが、できることが何もないのにどうしろって言うんだと涙が溢れてきます。

権勢も能力もない見せかけの姫にすぎない。

誰も「王の象徴」だなんて思っていないのに、謝罪も講義も誰も受け入れてくれるはずがないと言いました。

頭に浮かんできたのは、「帰ってこないで・・・」と言ったイェシカの顔。

そして、「アースワールドで死ね」と言ったフレドリックの顔です。

ごめんね、と心の中でイェシカに助けを求めました。

 

何かを感じたイェシカですが、その胸騒ぎの原因が何なのかわかりません。

そしてアレックスがやってきて、少し前に国王陛下が倒れたと伝言があったことを伝えました。

王妃が直接入宮命令を下したということは、都城に行くときになったと言うこと。

イェシカはアネスに会いに行くことを誓いました。

 

雪の中進んでいるのは、複数の男たち。

「はい、あの谷を超えればアースワールドの国境です!」

そこにいるのはフレドリック。

イェシカの名前を呼びました。

>>「光と影/ゴールデンタイム」のネタバレ一覧はこちら!

光と影続編【ゴールデンタイム】第71話のみんなの感想

ひとまず、ケイドンが無事でよかった・・・。

ここで何かあれば、あねすが疑われていたかもしれませんよね。

そしてイェシカやアレックスは戻ることになります。

フレドリックがイェシカを追いかけており、あっという間に追いつきそうな気はしますが・・・。

なんとかアレックスが守って欲しい!

無理やり連れて帰るなんてことは、あってはなりません。

続きが気になる展開になってきました。

 

まとめ

以上、「光と影」のネタバレを紹介しました。

無料で読めるサービスとしてU-NEXTやFOD・music.jpなどがありますが、2020年7月時点では未配信でした。

上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です