不浄を拭うひと【第36話】のネタバレ・感想!

めっちゃコミックで連載中の、「不浄を拭うひと」第36話を読みました。

以下ネタバレとなりますのでご注意ください。

>>「不浄を拭うひと」のネタバレ一覧はこちら!

好きな漫画を無料で読む!

 

今回の作品はめちゃコミの独占先行配信なので2019年3月時点では他の電子書籍では読めません。

 

しかし!

電子書籍を無料で読めるお得なサービスもあるので、気になる方は下記のまとめ記事をご覧ください!

 

>>好きな漫画を無料で読む方法

2019年6月に各電子書籍サイトで配信が確認できました。

オススメはU-NEXTなので、是非無料で読んでみてください!

\31日間無料&600Pで今すぐ無料/

U-NEXTで「不浄を拭うひと」を無料で読む!

スポンサードリンク

不浄を拭うひと【第36話】あらすじ

特殊清掃の仕事をしている山田正人は、様々な経験をして無事独立することになりました。

役場に書類を提出し、次は来週に法務局での法人化の手続きです。

 

いよいよ社長か・・・と思いながら、ラーメンを食べる正人。

ですが会社に通勤しないだけなので、特に実感はありません。

すると弟の正希から電話がありました。

彼には以前バイトで清掃を手伝ってもらいましたが、あまりのショックで泣き出してしまったので、それ以来会っていませんでした。

正希は独立のお祝いの言葉を言ってくれ、今バイトを募集しているかと聞いてきます。

またしたいのかと驚いている正人。

ですがバイトをしたいのは、正希の友達なのだそうです。

正人は、興味があるだけでは雇えないとはっきり断ります。

正希の友人はメンタルも強いしそんなに悪い奴ではないと言うのです。

正人は仕方なく、面接をして採用するかどうか決めることにしました。

不浄を拭うひと【第36話】ネタバレ

数日後、正希が連れてきたのは成田君という友達です。

成田「山田さんの仕事の話を聞いて超感動して、俺も手伝いたいって思ったんです!!」

ですがそれを聞くなり、正人は今回はなかったことにして欲しいとすぐに断ります。

まだ履歴書も渡していないと成田は驚きますが、正人にはわかっていたのです。

正人「君、ユーチューバーでしょ?道具でバレバレだよ・・・」

成田は、持っていたポーチや眼鏡などにカメラを仕込んでおり、マイクまで準備していたのです。

それを聞いた正希は驚き、成田に隠し撮りをしていたのかと聞きました。

成田は、レアな仕事なのでネタになるかなと思ったそうです。

まだ彼は人気のないユーチューバーだそうですが、正人は前にも同じような人が来たことがあるので、とても困ると真剣に言いました。

正人「現場には連れて行けないよ。べつの会社に取材したほうがいいよ」

すると成田は謝り、マイクやカメラなどをその場に置きました。

隠し撮りを考えていたことを再度謝り、今日だけでも手伝いをさせて欲しいと言うのです。

絶対に邪魔にならないからと成田は言いますが、正希がそれを止めました。

成田「カメラ全部置いていくんで!!お願いします!!」

困った正人は、今日の現場がどこだったのか確認します。

正人「・・・あー、ここか・・・。」

そして成田にトイレ掃除はできるか聞いてみると、彼は毎日やっていると答えたのです。

正人は、正希も一緒でトイレ掃除だけしっかりしてくれるのであれば、今日だけバイトに入ってもいいと許可をしました。

正希はペットがいたところは無理なのだそうですが、今回の現場は一人暮らしでペットなし、2~3時間で終わりそうな場所です。

成田は真面目にやるからと、正希に一緒に来て欲しいとお願いしました。

そして渋々了承した正希のおかげで、成田は一日だけバイトをすることができるようになったのです。

 

亡くなったのは50代の女性で、庭で倒れて亡くなったそうです。

そのため家の中に腐敗物はありませんでした。

孤独死物件の部屋を見た二人は、意外に散らかっているので驚いています。

正人は二人に、トイレの掃除をお願いしました。

つまらないように先に中の物を全部取り、パイプの中もしっかり手を突っ込んでかき出さなければいけません。

 

トイレ掃除をしながら、成田は持っているペットボトルにカメラを仕込んでおり、盗撮をしていました。

そして画像を編集して盛れば、視聴者は増えると考えているのです。

早くトイレ掃除を終わらせて、あとで亡くなった場所を確認しようと思い掃除を進めていきます。

後はパイプの掃除だお、正希は奥に手を突っ込みました。

正希「ひぃっ!!!」

パイプの中に手を突っ込んだ瞬間、何かに捕まれたような気がしたのです。

成田「は?んなわけないじゃん!ヘビかなんかだろ!?」

正希はよくわからないが何かがいるとだけ言い、もう触りたくなくなってしまいます。

中途半端に掃除をしてしまえば正人に怒られると話している成田は、パイプの中をチェックすることにしました。

成田(正希って怖がりすぎだろ・・・。ゴミもないっぽいし何もないじゃないか・・・)

そう思いながらパイプの中に手を突っ込んでいると、何かに思いっきり掴まれました。

驚いた成田は悲鳴を上げ、それを聞いた正人がやってきます。

正人「どうしたの!?」

正希「いい今!!トイレの中に手入れたら・・・何かがつかんできて・・・」

すると正人は微笑み、それはたぶん家主が二人に「綺麗にしてくれてありがとう」と言ってくれたんだと答えました。

それを聞いた二人は、なんだか安心してしまいます。

ですが成田はふと、お礼なら手をつかむ必要はないのではと正人に聞きますが、そのままスルーされてしまいました。

 

部屋の掃除も終わり、綺麗になりました。

二人が一番汚いところを掃除してくれたから、早く終わって助かったと正人はお礼を言いました。

そして夜ご飯は正人のおごりです。

ラーメン屋についた3人はお店の中に入ります。

「いらっしゃいませー、4名様ですねー」

4人と言われて、正希も成田も呆然としています。

もう一人誰かいるのかと震えている成田ですが、たぶん勘違いしているんだよと正人が笑顔で答えます。

ラーメンと餃子が席に運ばれてきましたが、成田は食欲がないから先に帰ると言い出しました。

成田がいなくなって正希は、正人に質問をします。

正希「・・・兄ちゃん一つ聞いていい?」

「あの家、何かいたでしょ・・・」

正人は「うん」と答え、トイレがヤバすぎてどうしようと思っていたから、成田君がいて助かったと笑顔で言うのです。

とても怖かった正希は、まさか今も取り付いているのかと正人に聞きました。

正人「うん。若い男好きっぽいからね。でも大丈夫」

「もういなくなったから」

 

家に帰った成田は、盗撮した動画を確認していました。

ですが音しか入っておらず、会話もまともに聞き取れないのでボツにするしかありません。

やって損した・・・と思っていると、真っ暗な動画から声が聞こえてきます。

「・・・ドコ・・・カ・・・ラ・・・キ・・・タ・・・ノ・・・」

成田は悲鳴を上げます。

くれぐれも興味本位で撮影はしないようにしましょう。

>>「不浄を拭うひと」のネタバレ一覧はこちら!

 

\31日間無料&600Pで今すぐ無料/

U-NEXTで「不浄を拭うひと」を無料で読む!

不浄を拭うひと【第36話】感想

正人は初めからわかっていたんですね。

きっと成田が隠し撮りをするだろうということ、そして霊がいるかもしれないことを。

やはり、こんなことやってはいけませんね。

興味本位で撮影なんかして、いいことなんてありません。

しかもユーチューバーとしてこれで活躍しようなんて、住人からしてみれば本当に嫌な感じです。

これで成田も、もうこんなことはしないでしょう!

ただ、とばっちりを受けた正希は少し可愛そうですね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です