夫婦別生【第21・22・23話】のネタバレ・感想!

こんにちは!

&フラワーで連載されている『夫婦別生(姓)【第21~23話】を読みました。。

以下ネタバレが含まれますのでご注意ください。

>>夫婦別生【第1話】のネタバレはこちら!

▼30日間無料&600Pで全話無料で読める!▼
music.jpで「夫婦別生」を無料で読む

夫婦別生(姓)【第21話】のネタバレ

大切なものは常に側に置いておかないと不安だ・・・。

そう考えているのは空木。

 

友人たちと共通の友達の結婚式の余興の話しをしているのですが、スマホが気になって仕方がありません。

もう時間がないんだと友人に怒られますが、彼女から返信が来ないから心配でと相談すると、みんなに相変わらずだなと笑われてしまいます。

そんなに彼女の事心配しなくても大丈夫だろうと流され、余興の話しの続きに戻ります。

 

話し合いが終わりまた連絡する約束を作って別れると、空木は急いで家に帰ります。

空木「満里奈!!」

部屋に入ると手錠で繋がれたままの彼女。

空木「よかった・・・無事だったんだね」

返信がないから心配したと安堵の表情を浮かべる空木ですが、満里奈は震えており暗い表情のままです。

満里奈「・・・これの、これのどこが無事なわけ?」

と言いながら手についている手錠を見せるのですが、彼は無事に家にいてくれたからと言い手錠を外しました。

空木「ごめん・・・こんなことして」

満里奈「は・・・!?謝って・・・謝って済むとでも思ってんの!?」

手錠をし軟禁して、頭がおかしいんじゃないのか!?と空木を責めますが、彼はそっと優しく満里奈を抱きしめて謝るのです。

空木「ごめん・・・満里奈がどこかへ行ってしまったら、俺はもう・・・生きていけないから・・・」

 

彼はいつも不安だったのです。

小学校4年の時、読書感想文のコンクールで賞状を貰ったのですが、母も兄も受験のことで頭がいっぱいで相手をしてくれません。

寂しくて公園で涙を流していると友人の萌が声をかけてくれてくれます。

感想文で金賞をとったことをはなすと、彼女は天才だと褒めてくれたのです。

そんなことはない中学受験をする兄の方が天才だと空木は言いますが、萌は兄よりも彼の方が凄いと思うと素直に褒めてくれるのです。

それでも謙遜する空木は「僕の事なんてだれも・・・」と寂しそうな表情をしていると、萌はそれに気づき声をかけます。

萌「じゃあ私だけだね。私だけは創介くんの味方でいてあげる」

空木「ほ、ほんと・・・?萌ちゃんはずっと味方でいてくれる?」

当たり前だと言ってくれる萌と約束をし、空木はこの子だけがいればそれだけで十分だと心に誓うのです。

 

ですが時が流れ萌に会うと・・・・。

夫婦別生(姓)【第22話】のネタバレ

空木「えーっと、萌・・・その人誰?」

萌はこの前告白されて付き合うことにしたと、空木に男の子を紹介してきたのです。

萌「親友の創介には一番に報告したくて!」

ですが空木は「ウソつき」だと、ずっと自分だけの味方だと思っていた萌に裏切られた気持ちになるのです。

 

 

そして大人になり、空木は飲み会で彼女がいないのかと話題をふられます。

その時話していたのが元妻で、高校の時に好きな子に裏切られてそれ以来トラウマになっていることを話しました。

彼女は笑いながら、自分ならそんなことしないのにって言ってくれたのですが、それでも常に大切な人は自分の傍に置いておかないと不安だという気持ちが拭えずにいたのです。

いつかみんな、俺の元から離れていってしまうかもしれないから・・・と。

 

時間は現代に戻り、職場で満里奈からの返信が来ないことが気になって、スマホをチェックばかりしてしまいます。

今朝は普通の様子だった満里奈ですが、部署まで見に行った方がいいのか、そんなことして本当に嫌われてしまったらどうしようと不安が入り混じっているのです。

なんであんなことをしてしまったのだろう・・・そう後悔しているところ、先輩に声をかけられて思わず謝ってしまいました。

「まだ何もいってねーよ」

周りはみんな笑っており、その先輩にも笑いながら「ほんとトロいなー」と言われてしまう始末。

ここで俺はやっぱりどうしようもない人間だから、こんな俺の事なんて誰も本気で好きになってくれるはずがないと確信するのです。

 

家で満里奈が帰ってくると「よかった、帰ってきてくれないかと・・・」と思わず声をかけますが、彼女はそんなわけないと笑顔で答えます。

昨日の事は本当にごめんと謝ろうとすると急に満里奈は、夕飯はどこかに食べに行こうと笑顔で話しかけてきたのです。

戸惑う空木ですが、彼女の様子をみて怒っていないのだろうかと不安にはなりますが、もしかすると許してくれたのかもしれないと少し安心してしまうのです。

 

食事中満里奈は自分のSNSアカウントを空木に見せて安心させました。

「大切な人とこれからも一緒にいるって決めた。
みんな心配させてごめん!
今は幸せ。。。」

など空木が安心できる文章が書かれていたのです。

満里奈「創介のこと不安にさせちゃうこともあるかもしれないけど・・・私は創介のこと裏切ったりなんてしないから、それだけは覚えててね」

空木「満里奈・・・ありがとう」

嬉しくなって涙を流す空木は、満里奈だけは自分の気持ちを分かってくれるんだと一気に安心するのです。

 

そして友人の結婚式の日、準備をしている空木は少し不安そうにしています。

満里奈がどうしたのかと聞くと、空木は休日でこんなに離れるのは久しぶりだから・・・と正直に自分の気持ちを伝えました。

別に疑っているわけではないと付け加えるのですが、満里奈は「いいよ」と言って自分に手錠をかけてつないだのです。

空木「えっ、なっ・・・」

満里奈「これで、あなたの不安がなくなるなら大丈夫だよ」

その言葉に、こと人を好きになってよかったと空木は安心して、彼女を抱きしめました。

この手は絶対に離さないようにしよう・・・そう決めて結婚式へ向かうのです。

夫婦別生(姓)【第23話】のネタバレ

式場の近くで後ろから声をかけられた空木。

「もしかして、創介・・・?やっぱりそうだ!」

そこにいたのは萌で、新婦側の友人で出席していたんだそうです。

空木「いやー、久しぶりすぎてビックリしたな・・・」

萌「創介は結婚してないの?」

ここで最近別れたことを伝えるのですが、満里奈の事を隠して今は一人だと話しました。

萌「・・・そうなんだ。ねえ、式の後さ・・・少し二人で飲みに行かない?」

 

 

飲み直している二人は、昔の事を思いだして話しながらもりあがっています。

萌「懐かしいなー、よく覚えてるね!記憶力良すぎ!」

ここでもまた天才だと言ってくれる彼女に、そんなことはないと謙遜しました。

この感じ懐かしい・・・そう思っていると萌からも同じ言葉が聞こえてきたのです。

萌「こうやって二人で話すの、高校の時以来だよね」

空木「あ、ああ・・・。そ、そういえばあの時萌が付き合っていた彼氏って・・・」

意を決して聞いてみるのですが、あの人とはすぐに分かれてしまったと言われてしまい、安堵します。

萌「あの時は・・・告白されて舞い上がっちゃって、勢いで付き合っちゃったけど。後になって気づいたの、創介と付き合ってればよかったなぁ・・・って」

こんなこと言ってごめんねと萌はすぐに謝りますが、空木の表情が変わります。

あのとき叶わなかった思いが、今なら叶うのかもしれない・・・そう思い、あの時の自分の気持ちを伝えるのです。

空木「お、俺もあの頃萌がいたから・・・私だけは味方だって言ってくれたから、救われてたんだずっと・・・」

二人は見つめ合います。

萌「・・・味方、私そんなこと言ったっけ?いやー、ほんと記憶力がいいね創介!」

彼女は笑ってそう返してきたことに、空木はショックを受けます。

萌に肩を叩かれながら、また連絡取り合おうと言われるのですが、空木はその手を叩き「さわんな」と冷たく返しました。

空木「裏切り者」

あの思いを大切にしていたのは自分だけだった・・・

ここでやっぱり見方は満里奈だけなんだと思い、彼女だけを思い彼女だけを幸せにしようと心に決めるのです。

 

空木「満里奈!ごめん、少し遅くなっ・・・」

そう言いながら部屋に入ると満里奈はいなくなっており、手錠だけが残っていました。

どうして大切な人はみんな自分の元から離れて行ってしまうのだろう・・・。

空木「逃がさないように」

大切な人は肌身離さず常に近くに置いておかないとだめなんだ、そう確信するのです。

夫婦別生(姓)【第21・22・23話】の感想・解説

スゴイですね・・・でも空木の過去が関係していたことがわかりました。

トラウマになるか?って思うような内容ではありますが、彼にとってはたいせつなことだったのでしょう。

満里奈は逃げ出したようですが、職場は一緒。どのタイミングで空木が来るかわかりません。

満里奈は逃げ切れるといいのですが、果たしてそれでいいのでしょうか?

まとめ

「夫婦別生(姓)」【第21・22・23話】のあらすじ・ネタバレでした。

こちらの漫画はめちゃコミックで先行配信となっているため、2019年7月の時点では無料の配信はありませんでした。

ですが、U-NEXT、FOD、music.jpといったサービスはチェックしておくと、好きな作品を無料で読めるかもしれませんね

▼30日間無料&600Pで全話無料で読める!▼
music.jpで「夫婦別生」を無料で読む

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です