ピッコマ|影の皇妃【第14話】のネタバレ・感想!

漫画「影の皇妃」はhayul先生の作品です。

リアブリックと共に大公家に入るエレナ・・・大公からの見せかけだけの優しさを体良く交わした後には、自分のお世話をしてくれることになるメイドたちが並びます。

しかし、その中にいた「アン」という女性もまた、エレナにとっては憎むべき復讐の対象となります・・・。

>>影の皇妃のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

  • 影の皇妃【第14話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

影の皇妃【第14話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

影の皇妃【第14話】のあらすじ

リアブリックと一緒に乗る馬車室の中で、緊張が顔に出ていることを指摘されます。

そんな中でリアブリックの口から「エレナはもう死んだ」とハッキリ告げられてしまいます。

それは即ち、これからはエレナ自身が「完全にベロニカ公女として生きていかなければならない」ことを意味するのです。

エレナの返事の仕方を「演技」と気づかぬまま、帝国建設の立役者であると同時に初代当主でもある「ロゼルト公爵の生誕の宴」も目前に迫っていることも教えてきます。

その日までには「完璧な公女様」になっておくようにと釘を刺してきます。

そんな会話を続けるうちに、大公の邸宅内に入っていきます。

 

馬車を降りた途端、大勢のメイドたちが列を作っては手厚く歓迎してくれます。

さらにはフランツェ大公も庭園にまで出てきては、エレナを優しく出迎えてくれました。

 

さっそく邸宅の中に入っては、リアブリックも交えた3人でお茶を堪能しますが、フランツェ大公からは以前(第11話)会った時よりも大きく見違えたと褒められます。

しかし、それはやはり建前の言葉でしかありません。

フランツェ大公「卑しい小娘が!貴族にでもなったつもりか!?」

それでも今はベロニカとして「生誕の宴」に出席してもらわなければならないことに変わりありません。

 

フランツェ大公からの厚意で「ベロニカの部屋」へ向かうエレナの前に、数名ものメイドが立っています。

ジェーン、ミーサ、ルナリーンと誰もが前世でも接していたばかりの女性ですが、その中に「アン」という名のメイドも立っていました。

しかし、このアンもまた、エレナにとっては「復讐の対象」に入っているのです!

影の皇妃【第14話】のネタバレ

エレナはアンに対して名前で呼びますが、本人の方は緊張すればかりで自己紹介すらままならない様子です。

エレナ「喋っても良いなんて、言ってないけど?」

アン「も、申し訳ありません!」

エレナ「ほら、また!学習しないわね・・・仕事なんて務まるの!?」

冷たい眼差しで見つめながら、完全に見下すように接しますが、このアンもまた前世でエレナを裏切って陥れた者たちの1人なのです!

 

かつて前世の邸宅内でエレナが男たちに掴まれている状況を、アンは兵士を呼ぶなどもせず、嬉しそうに傍観した末に助けることもなく去っていったのです。

この時点でアンもまた、リアブリックの味方であることを理解しました。

 

緊張するばかりのメイドたちに対して楽にするように告げると同時にアンに対しても先ほどの台詞は冗談であることを説明して安心させます。

 

その直後には自分についてくるように命じて、かつてベロニカが過ごしていた部屋に入りますが・・・

エレナ「あの女が使っていた物・・・そんなの触れたくもない!」

ベロニカの物などに触れたくないエレナは、メイドたちに対して、この部屋に置かれている物を全て廃棄するように命じます!

エレナ「聞こえなかった?早く全部捨てなさい!」

またしても冷たい眼差しで命令するのです。

>>影の皇妃のネタバレ一覧はこちら

影の皇妃【第14話】のみんなの感想

ついに大公の邸宅にまで入ったエレナですが・・・皇太子やレン、そして今回から初登場したアンと、ここ数話ではまさに新キャラの登場ラッシュですね!

それにしても皇太子や後継者だけでなく、一介のメイドにまで裏切られていたなんて・・・エレナの前世が本当に不幸かつ波乱万丈すぎであったことを改めて痛感させられてしまいますよね。

まとめ

「影の皇妃」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です