ピッコマ|影の皇妃【第25話】のネタバレ・感想!

漫画「影の皇妃」はhayul先生の作品です。

レンとの苦痛な時間も何とか乗り切ってから、エレナもやっと宴の会場に入ります。

その中で「アヴェラ」という女性が声をかけてきますが・・・彼女もまた、エレナとは深い因縁関係にありました!

>>影の皇妃のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

  • 影の皇妃【第25話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

影の皇妃【第25話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

影の皇妃【第25話】のあらすじ

レンとの苦痛な時間も何とか乗り切ってから、エレナもやっと宴の会場に入ります。

その中には既に大勢の出席者たちがフランツェ大公の方に集まっておりました。

そんな彼を上から見下ろすエレナ・・・

エレナ「今のうちに笑っておきなさい・・・いつか、あなたを引きずり下ろしてあげるから!」

彼への復讐心を改めて固めると同時にリアブリックが入ってきますが、とうとうエレナも会場に入る時刻となりました!

「ベロニカ公女」として会場に入ってきたエレナは、他の令嬢たちを遥かに上回る気品と美しさを放っており、出席者たちの視線は完全に彼女に釘付けとなってしまいます。

 

まずはフランツェ大公にご挨拶すると同時に、彼と手を取り合います。

そうした状態で彼による「開催のご挨拶」と同時に、皆がグラスを持って乾杯すると盛大に盛り上がります。

ここまでを済ませた後は、エレナ自身の時間となりますが、完全に自由に動けるようになるためには、まずは自分と随伴しているリアブリックを引き離さなくてはなりません。

しかし、そんな中で他のご令嬢たちから次々と声をかけられることで思わぬ足止めを喰らいます。

望まぬ会話を強いられたエレナですが、リアブリックも割って入ってきては、ご令嬢たちを制止してくれます。

 

これで面倒な会話が終わったと思えた瞬間も束の間・・・

アヴェラ「ベロニカさん!お久しぶりです!」

今度は4大名家ラインハルト家の長女である、アヴェラから声をかけられてしまいます!

影の皇妃【第25話】のネタバレ

このアヴェラという女性もまた、エレナを「ベロニカ公女」と思いながら声をかけてきます。

一見は清楚でお淑やかな雰囲気ですが、政治的感覚と見識が優れた父親に似て、後に若くして社交界に多大な影響を与える程の人物です!

 

それだけでなく、前世では彼女はベロニカが不在だった2年間で・・・ベロニカ側の令嬢を1人残らず、自分の味方につけてしまっていました。

さらにその後には、皇太子妃の最終候補にまで選ばれ、最後までエレナと競り合ったのです。

そういう意味では、このアヴェラもまた、エレナと犬猿の仲な上、彼女もまた「復讐の対象」に入っていると言って良いでしょう。

それでも、この時点ではまだまだ「お子様」の域に留まっているようです。

アヴェラ「いつぶりかしら?ずっと心配してたんですからね!」

エレナ「あら、ホント?」

周りからはとても仲の良い2人に見えたものの・・・久々の再会を喜ぶフリをしながら、お互いの手を強く組み合う形で歪み合っていました!

アヴェラから今度は「学術院にはまた通うのか否か?」について質問されますが、これには颯爽と割って入ったリアブリックが答えてしまいます。

リアブリック「はい!復学される予定です」

アヴェラ「やったぁ!嬉しい!」

そのことに感激するアヴェラですが、そんな中で、あのレンも会場に入ってきます!

 

彼は令嬢たちをブス呼ばわりしながら押しのけるように進み、エレナたちの方へ近づいてきます。

その途端、これまでは雄弁に語っていたアヴェラもそそくさと退散してしまいました。

レン「まさか、お前まで逃げたりしないよな?」

自分と目が合った瞬間、目前に立つエレナに絡んできます。

>>影の皇妃のネタバレ一覧はこちら

影の皇妃【第25話】のみんなの感想

今回にして、やっと会場内に入れたと思えたのも束の間・・・初登場したアヴェラもまた、前世から深い因縁関係にありました!

さらにはレンまで来てしまい・・・ここ最近は味方よりも敵の方が確実に増えてしまってますよね。

まとめ

「影の皇妃」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です