ピッコマ|影の皇妃【第44話】のネタバレ・感想!

漫画「影の皇妃」はhayul先生の作品です。

巨匠たちに「L」の名を認知させることができたエレナですが、そろそろ外部の助っ人がほしくなってきます。

そうした助っ人として目をつけた相手とは、同じ学術院にいるカリフでした!

>>影の皇妃のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

  • 影の皇妃【第44話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

影の皇妃【第44話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

影の皇妃【第44話】のあらすじ

巨匠たちに「L」の名を認知させることができたエレナですが、そろそろ外部の助っ人がほしくなってきます。

エレナ「やっぱり彼しかいない・・・」

エレナの中では、そうした助っ人候補も既に目星がついていた上、その相手とは同じ学術院にいる生徒だったのです。

 

今日もまたルシアの姿に変わって校庭に出ます。

今のエレナにとっては「お互いに利益を共有するパートナーの方が、より信頼できることもある」と考えています。

ちなみに、その男性とも実は前世で出会っていました。

その名はアート仲介人「カリフ」でした。

しかし、それはあくまでも未来の話であり、今はまだ自分のイケメンなルックスを武器に、高貴な家の令嬢を口説いてはヒモになることだけを考えている「ダメ男」でしかありません。

ルシア(エレナ)が発見した時も、後輩女子に膝枕をさせては、いい気になってくつろいでいます。

それでもエレナが彼を味方に引き入れたい理由とは「信頼」のためでした。

前世でのカリフもまた、波瀾万丈な人生を送っていたのです。

 

そうして考えている中、後輩女子の方が去っていき、カリフは一人きりとなりますが・・・

カリフ「ずっと立っているつもりですか?隣、どうぞ!」

ルシア(エレナ)は見つからないように隠れながら様子を見ていたにも関わらず、カリフの方からは既に気づかれてしまっていました。

影の皇妃【第44話】のネタバレ

初対面のルシア(エレナ)に対しても馴れ馴れしく話してくるカリフに対して、さっそく「取引」の話を切り出します。

ルシア(エレナ)「正確に言うと、先輩と一緒に事業を行たくて・・・」

カリフ「初めて会うのに、ハッキリ言うね!」

「取引」の言葉を聞いただけで、さっきまでは後輩女子とニヤニヤしていたカリフが、真面目な表情に変わると同時に否定的な対応をしてきます。

さらにルシア(エレナ)に対して「自分は貧乏」とまでハッキリ告げたのです。

ルシア(エレナ)もまた、知っていると答えますが、今のカリフでもそれなりに誠実で分相応に振る舞える上、経営感覚もそこそこあることに気づきます。

それにより「この上ない適任者」と判断した上で、話を進めていきます。

ルシア(エレナ)「もしかして、芸術界に興味あります?」

カリフに対して「貯まっているお金を芸術事業に投資すること」を持ちかけます。

それでも彼からは口で言うだけなら簡単と罵られた上、芸術商において一番必要なものは「人脈」であると告げられます。

ルシア(エレナ)「私、人脈ならあるんです!たかだか4大名家程度だと思ってます?」

カリフ「おい!いい加減にしろ!」

ルシア(エレナ)が調子に乗っているように見えたカリフの方が怒りながら立ち上がりますが・・・

ルシア(エレナ)「本気ですよ!最初の客は大公家ぐらいじゃないと!」

カリフが怒ってもルシア(エレナ)の方は表情を崩さぬままで、さらに話を続けていきます。

>>影の皇妃のネタバレ一覧はこちら

影の皇妃【第44話】のみんなの感想

今回から初登場したカリフですが、確かに現時点では完全なダメ男くんぶりを見せていましたね。

それでもエレナがいた前世では立派に芸術商として働いているのですから、彼女の直感は当たっていたと認めざるを得ませんよね。

初対面でいきなり「取引」の話題をもちかけられて怒りたくなる気持ちも分かりますが、そんなカリフの方も出会ったばかりのルシア(エレナ)に対して気安く話していたわけですから・・・馴れ馴れしいのはお互い様ということですね!

まとめ

「影の皇妃」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です