ピッコマ|影の皇妃【第50話】のネタバレ・感想!

漫画「影の皇妃」はhayul先生の作品です。

エレナがカリフから高額で買い取った絵画たちがリアブリックに届きましたが、その反応とは・・・!?

一方、学術院で過ごすルシア(エレナ)はラファエル先輩のアトリエで、またもや皇太子殿下と会ってしまいます。

>>影の皇妃のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

  • 影の皇妃【第50話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

影の皇妃【第50話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

影の皇妃【第50話】のあらすじ

エレナがカリフから高額で買い取った絵画たちがまとめてリアブリックの元に届きました。

リアブリック「近いうちに絵の価値が上昇するから、代金を支払ってほしいですって!?笑っちゃう!」

絵画に添えられていた、エレナからの手紙を読んだリアブリックは不快感を露わに出しますが、これ以上好き勝手にやられては堪らないと感じ、彼女が卒業するまでに「エレナだけでなく、貴族たち全員を制することのできる対策」を立てようと考えますが、その標的の中には皇太子殿下まで含まれていました。

しかし美術鑑定士たちに見てもらった結果、エレナと同じく「時間が経てば買取額以上に価値が上昇すること」を告げられます。

しかも彼らはエレナの持つ「見識」も大いに褒めたのです。

リアブリック「あれでも役に立つことがあるなんて・・・」

意外な長所に内心で驚かされたため、しばらくは様子見に変更します。

リアブリック「忘れないで!あなたは私の掌中にあるってこと・・・」

今は離れた場所で過ごしている中でも、エレナを自身の手玉に取るかのような優越感に浸ります。

 

一方、今日もラファエル先輩のアトリエに訪れたルシア(エレナ)ですが、本人は不在の様子です。

しかも、前回に引き続き、あの皇太子殿下が再び入ってきたのです。

皇太子殿下から、このアトリエによく来ることを指摘されたルシア(エレナ)は、セシリアも不在であることを教えますが、彼からは意外な答えが返ってきます。

皇太子殿下「そなたに会いに・・・」

セシリアでなく自分に会いに来たという理由を掴めないルシア(エレナ)は質問しますが、皇太子殿下からは「そなたの淹れる紅茶を飲みたくて・・・」という、あまりにも予想外なことを言われてしまいます。

影の皇妃【第50話】のネタバレ

皇太子殿下から紅茶のリクエストをされたため、ルシア(エレナ)の方も即座に用意します。

彼の前にティーカップやポットを並べますが、礼儀作法に感心してくれた様子です。

前世で皇妃だったエレナは、お茶が好きな陛下に振り向いてもらうために、作法を習っていました。

 

しかし社交界の出席者たちには好評だったものの、エレナを毛嫌いしていた陛下は彼女の淹れたお茶には見向きすらしてくれませんでした。

転生後に赤の他人同士になってから飲んでもらえるようになるとは、ルシア(エレナ)にとっては「すれ違い」も良いところです。

 

さらに、皇太子殿下からは前回の肖像画に続いて、お褒めの言葉をもらいます。

皇太子殿下「これほどまでに味わい深い紅茶は、初めてだ!」

さらには、もう一杯ほしいとまでリクエストされたのです。

皇太子殿下「良ければ、そなたも一緒にどうだ?」

しかも急いで準備にかかろうとするルシア(エレナ)に対して、一緒に飲もうとまで誘ってきます・・・。

>>影の皇妃のネタバレ一覧はこちら

影の皇妃【第50話】のみんなの感想

久しぶりに登場したリアブリックですが、今回の絵画への見識により、少しはエレナの優れた点に気づいたようですね。

本人はあくまでもエレナを自身の掌中にあることを誇っているようですが、この辺までもエレナの策略のうちに入っているのでしょうね・・・。

一方、再びラファエル先輩のアトリエで皇太子殿下と会ってしまったルシア(エレナ)ですが、前回の肖像画に続いて、今回はお茶のことで褒められてしまいましたね。

前世ではあり得なかった関係性が築かれ始めたことで、この二人の関係もまた大きく動き出しそうに感じられますね!

まとめ

「影の皇妃」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です