ピッコマ|影の皇妃【第60話】のネタバレ・感想!

漫画「影の皇妃」はhayul先生の作品です。

ルシア(エレナ)とカリフを晩餐に招待した皇太子殿下からの質問とは「帝国の経済」についてでした。

この質問に答えながら、ルシア(エレナ)は皇太子殿下に対しても、時代が大きく動き始めていることを告げますが・・・!?

>>影の皇妃のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

  • 影の皇妃【第60話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

影の皇妃【第60話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

影の皇妃【第60話】のあらすじ

前回の晩餐での食事が終わり、3人でお茶を堪能する中で、皇太子殿下から「今の帝国の経済」について、どう思うか質問されます。

確かに帝国そのものは代々、皇室のものでしたが、貴族たちが勢力を伸ばすにつれて権威を喪失していったのです。

それにより「貴族たちが皇帝の上に立つ」という前代未聞な事態に陥り、一番上の地位にたっているはずの皇帝が完全に「貴族たちの操り人形」とされてしまいます。

帝国の経済状況と権力は密接な関係性をもっており、今や資金の流れや使い道すらも貴族たちの思うがままとされてしまっている現状です。

皇太子殿下「帝国を変えなければ・・・」

皇太子殿下もまた、事の深刻さを認識しており、ルシア(エレナ)からの意見に同意していました。

そうして思い悩む皇太子殿下に対して、ルシア(エレナ)が告げたアドバイスとは「有能な方を味方につけること」でした。

そう言われた皇太子殿下は、ルシア(エレナ)こそを「有能な者」として見ている様子ですが、他の有能な者たちはほとんどが貴族出身の者たちばかりです。

さらに、そうした貴族出身の者たちが自身の味方になってくれるはずもないことを、皇太子殿下も理解しているようです。

 

前世から生きてきたルシア(エレナ)にとっては、今世でも帝国や貴族たちのやり方が間違っていることは既に理解しており、今のままではまた同じ過ちを犯してしまうことは目に見えています。

ただ、皇太子殿下が相手ではルシア(エレナ)も下手な提案も出せないため、ここは彼の判断に任せようとしますが・・・!?

影の皇妃【第60話】のネタバレ

皇太子殿下に対しては下手なことを言えないルシア(エレナ)ですが、1つだけ忠告を出します。

今の貴族は完全に腐りきっており、そんな状況の中でも時代が動き始めているため、世界そのものがもうすぐ変わるはずであることを話します。

さらに、その変わる方向性も示します。

ルシア(エレナ)「変わるのは上からではありません・・・下からです」

ここでルシア(エレナ)が言った「下」とは平民たちのことであり、この平民たちにとっては貴族か皇室からあまり関係ありません。

奪われる平民からすれば、搾取する側も見過ごす側も大差ないのです。

その結論として「皇室にとって貴族は敵であること」を言い放つと同時に「皇室にとっては平民も敵か?」と質問をぶつけます!

皇太子殿下「いいや、違う!」

ハッキリ否定した皇太子殿下に対して、ルシア(エレナ)も自分の意見における結論に入り「民衆」の言葉を出してきます。

ルシア(エレナ)「民衆に寄り添う皇帝になるのです!」

皇帝が単に民衆の上に立つだけの時代は既に終わっており、これからは「民衆に寄り添うことができる皇帝が必要とされる時代に変わること」を突きつけます。

そして、それこそが新たな時代に変わってからも皇太子殿下の念願を叶えるための「唯一の道」であることを諭してきます。

 

かなり厳しく言い続けたものの、これこそが前世で愛した夫(皇太子殿下)に渡せる「未来の鍵」だったのです。

>>影の皇妃のネタバレ一覧はこちら

影の皇妃【第60話】のみんなの感想

始めは「帝国の経済」などと、とても難しそうな話題になった時は、果たしてどこまでついていけるか心配でしたが・・・ルシア(エレナ)からの話やアドバイス内容がとても分かりやすい上に、すごく勉強になった感もありますよね。

本来ならば今世では最も関わりたくない相手であるはずの皇太子殿下でしたが、それでもエレナ自身は本当に彼を愛していたことが痛いほどに伝わった回でしたね!

まとめ

「影の皇妃」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です