彼女が公爵邸に行った理由【第105話】のネタバレ・感想!

漫画「彼女が公爵邸に行った理由」はWhale Milcha先生の作品です。

前回でのノアとジャスティンによる勝負中に突然発生した地響きなどによる自然災害はテロリストの仕業によるものでした。
その首謀者が地下水路にいることを教えると同時にノアに対して向かうように言い放つレリアナですが・・・!?

>>彼女が公爵邸に行った理由のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

彼女が公爵邸に行った理由【第105話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

彼女が公爵邸に行った理由【第105話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

彼女が公爵邸に行った理由【第105話】のあらすじ

突然の地響きに恐怖心を抱いた観客たちが一斉に走って逃げ出していきます。

レリアナ「どうしよう・・・私が知っている情報は何もない!私が知っていることは、ただ1つ」

悩みながらも思いたったレリアナは自分の側にまで来てくれたノアに対して、依然話した「借り」をここで精算しようと持ちかけます。

レリアナ「今すぐ騎士たちを連れて水路へと向かってください!このテロの首謀者たちは地下水路にいます」

ノアからしてみれば、いきなり突拍子もないことを言い出してくるレリアナに対して戸惑いを隠せないものの、彼女もまた必死に訴えてかけてきていることにおいては理解します。

ノア「先に行ってろ、片付いたらすぐに追いかける!」

レリアナ「気をつけてください」

心配そうな表情で見つめてくるレリアナの避退に軽くて口づけしてから、その地下水路へと向かっていきます。

 

 

ノアと別行動を取るレリアナはテイラー卿に護衛してもらいながら自らも脱出しようとする中で・・・

レリアナ「何?ずっとこっちを見ていたの!?」

少し離れた位置にいたスーツ姿の茶髪の男性がレリアナと目が合った途端に逃げ出していきます。

気づかれないように尾行した結果、その男性はレリアナも知っているバルドル・ゲールだったのです!

彼は過激派を支援している噂のせいで爵位継承を逃したゲール伯爵家の長男ですが、本人の方は自分がレリアナに尾行されていることには、まだ気づいていない状況です。

しかし、そのすぐ後に部下と思われる男性が近寄ってきてバルドルに対して衝撃的な報告をしてくるのです!

彼女が公爵邸に行った理由【第105話】のネタバレ

バルドルと彼に近寄ってきた部下からの報告内容を盗み聞きしたレリアナですが、その報告内容とは「水路にトラップを仕掛けてある」ということです!

さらに2人ともレリアナの存在だけでなく、彼女自身がこのテロの首謀者が自分たちであることを知っていることに疑念を抱き始めます。

バルドル「ひとまず、ここに連れてきて聞き出せば分かるだろう・・・」

そう呟きながら、スーツの中から銃を取り出そうとしている瞬間にテイラー卿による奇襲が始まります。

テイラー卿「トラップはどこにある?」

相変わらず目にも止まらね速さで近づくと同時に、部下に対して剣先を突きつけながら問い詰めます。

すぐ側で驚きながら眺めるバルドルの前で、そのまま剣を部下に刺して倒してしまうのです!

その直後にはバルドルの方も斬り裂いて倒します。

 

彼らの側にレリアナが近づくと、かろうじて生きていた部下が口を開きます。

部下「3区域・・・入り口」

死に際にトラップの場所を吐きますが、レリアナも一緒に行くことを宣言します。

レリアナ「心配しないでください!邪魔はしないから」

自分の申し出をすぐに拒否するテイラー卿に対して、彼女の方もまた勇ましく銃を構えます!

>>彼女が公爵邸に行った理由のネタバレ一覧はこちら

彼女が公爵邸に行った理由【第105話】のみんなの感想

突然のノアとジャスティンによる勝負の次は地下水路でのテロ勃発なんて誰にとってもシャレでは済まされませんよね!

このテロはレリアナでさえ完全に予想外なことであり、本人もまた銃を構えて宣言する姿はカッコ良かったものの、トラップの場所まで行くのはさすがに危険が大きいですよね・・・。

まとめ

「彼女が公爵邸に行った理由」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です