彼女が公爵邸に行った理由【第106話】のネタバレ・感想!

漫画「彼女が公爵邸に行った理由」はWhale Milcha先生の作品です。

ノアとレリアナ、それぞれが別行動を取る形で地下水路へと潜入します。
テイラー卿を連れて覚悟を決めて向かいうつ中、ノアの方が先に罠にかかってしまった結果・・・!?

>>彼女が公爵邸に行った理由のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

彼女が公爵邸に行った理由【第106話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

彼女が公爵邸に行った理由【第106話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

彼女が公爵邸に行った理由【第106話】のあらすじ

レリアナから言われたとおり、部下を連れて地下水路へと潜入したノアは近衛隊から借りた剣に対して心細さを抱きます。

近衛隊に愛用されている剣はあくまでも量産型タイプでしかなく、ノアの強さで振れば折れてしまう可能性も充分にあるのです。

ノア「だが自分の剣を持ってくるには時間がない」

今は一刻を争う状況のため、他に選択肢がありませんでした。

 

ノアは自分が連れている騎士たちから情報提供者は誰なのか聞かれますが、正直にレリアナの名を教えるわけにはいきません。

何より自分自身がレリアナから言われたことをまだ完全には信じ切れていない心境なのです。

ノア「何故あそこまで確信を持てる?」

これまでも何度か感じたレリアナが未来を知っているかのような告げごとに対して、いくつもの疑念を抱き始めます。

これまでは本人の前では知らないフリをしてきたノアですが、この時には彼女が過激派と何らかの関係性をもよぎってしまいますが・・・

ノア「まあ、そうだとしても今の私としては・・・」

道の分岐点まで到着すると、ノアは二手に分かれるように指示しますが、彼は騎士の1人であるプレストンを連れて罠が仕掛けられている3区域へと向かいます。

 

一方、レリアナもテイラー卿を連れて進む中、仕掛けが施されている絵画を動かした後、着用している青のドレスを脱いで身軽になります。

側にいるテイラー卿は気まずそうな顔で目を背けますが、レリアナの方は完全にお構いなしの様子です。

 

 

ちなみにレリアナがテロ首謀者のバルドルから得た情報では「3区域に罠を仕掛けてある」ということですが、それ以上に驚異的なのは「透明な線に足が触れると爆発する」というものです。

レリアナ「お願い・・・ノア!」

ノアの身を案じるレリアナですが、同じ頃プレストンを連れて進んでいるノアの足が、罠の導線に当たりそうになってしまいます!

彼女が公爵邸に行った理由【第106話】のネタバレ

壁沿いに歩くレリアナとテイラー卿は、その壁ごしに人の声が聞こえてきます。

しかし実際に声の主であるテロリストたちが現れたのは彼女たちから向かって真正面の方向からでした。

その時のテロリストは3人おり、彼らもすぐにレリアナたちの姿に気づきます!

彼らも早く息の根を止めてやろうと速攻で襲いかかってきますが、レリアナも恐怖心をたち切って銃を出しては自分の真後ろに立った男の足に発砲します!

足に銃弾が当たった男は悲鳴を上げ、また新たなテロリストたちが駆けつけますが、レリアナとテイラー卿は背中合わせになってそれぞれの方向に銃を撃ち続けていきます。

そんな中、遠くから爆発音が聞こえてきます!

レリアナ「ダメ・・・ノア!」

その爆発音が3区域から響いてきたことを直感するレリアナは絶望感に変わるのでした・・・。

>>彼女が公爵邸に行った理由のネタバレ一覧はこちら

彼女が公爵邸に行った理由【第106話】のみんなの感想

やはりノアもレリアナだけが持つ未来視の能力に気づき始めていましたね。

しかし、そのことを深く考える間もなく巧妙に作られた罠の導線に足を触れそうになった矢先に爆発音が響いてきて・・・やはりレリアナの直感するとおり、ノアが3区域の罠にかかってしまったと考えるべきなのでしょうね。

まとめ

「彼女が公爵邸に行った理由」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です