彼女が公爵邸に行った理由【第110話】のネタバレ・感想!

漫画「彼女が公爵邸に行った理由」はWhale Milcha先生の作品です。

ノアが残したキスマークに気づいたレリアナは恥ずかしさ全開になり、彼を責めたてます。
それでもノアはいつもと変わらず、軽いノリで対応したと思われた瞬間に・・・!?

>>彼女が公爵邸に行った理由のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

彼女が公爵邸に行った理由【第110話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

彼女が公爵邸に行った理由【第110話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

彼女が公爵邸に行った理由【第110話】のあらすじ

レリアナの大声による悲鳴が響きますが、テイラー卿にはそのまま待機させてノアだけが入っていくと同時に枕が投げつけられてきます。

ノア「どうしたんだ?」

レリアナ「これは何ですか!?」

前回では有耶無耶にされてきたレリアナの首につけられた後は、やはりノアによるキスマークでした・・・。

「綺麗だ」と言ったところで恥ずかしさ全開となってしまったレリアナが落ち着くはずありません。

ノア「次は見えない所にするから」

レリアナ「私がどれだけ恥ずかしい思いをしたか、分かりますか!?」

彼女の興奮がまだ治らないことにお構いなしのノアが右腕の怪我の痛みにより倒れかけます。

レリアナ「大丈夫ですか?痛みますか?」

さすがに心配となり、ノアに近づいていきますが、それもまたノアによる罠でしかなく、彼から手を引っ張られると同時にベッドに2人一緒に倒れこんでしまいます。

さらに身体を反転させることでノアに押し倒された状態となってしまうのです。

レリアナ「お腹空いてませんか?」

ノア「今日は疲れてるだろうし、大目に見てやる」

苦し紛れのことを言ったレリアナに対して応じてくれたノア・・・それによって今夜もまた進展なく過ぎていきますが・・・

ノア「次は容赦しないからな」

思わね宣戦布告と同時にベッドから離れていくのでした。

彼女が公爵邸に行った理由【第110話】のネタバレ

翌朝になると、ノアの気持ちは再び建国祭の方へと向けられます。

レリアナ「本当にこのまま行うつもりなんですか?」

先日の建国祭は中止となったものの、舞踏会の方は予定通りに開かれることになっております。

ノアはそれが地方の貴族のためであることを説明しております。

地方の貴族たちには首都とのコネを作れる機会が普段はあまりなく、こうした建国祭などのように色々な国や地域から大勢の人たちが集まってくること自体が滅多にないチャンスなのです。

 

今日はレリアナの方から積極的に質問しますが、先日のキスマークのことはまだ完全に許したわけではありません。

レリアナ「私たちも行くんですか?」

ノア「ああ、行かないとな・・・」

あまり乗り気でないレリアナの言い分を聞きながら、ノアは届けられていた1枚の手紙の方に視線を移します・・・。

>>彼女が公爵邸に行った理由のネタバレ一覧はこちら

彼女が公爵邸に行った理由【第110話】のみんなの感想

レリアナの首につけられた跡・・・前回の時点で把握できたものの、やはりキスマークでしたね。
怒るレリアナの気持ちも分かりますが、ノアが相手では上手く交わされてしまうのは仕方ないのでしょうね。

まとめ

「彼女が公爵邸に行った理由」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です