彼女が公爵邸に行った理由【第112話】のネタバレ・感想!

漫画「彼女が公爵邸に行った理由」はWhale Milcha先生の作品です。

邸宅内では相変わらず、レリアナたちによるジャレ合いやノアによる予測不可能な行動などで穏やかな生活が続いているものの・・・同じ頃、あのベアトリスもまた自分の目的を果たすためにジャスティンやビビアンを引き連れて、どこかへ向かっている最中でした。

>>彼女が公爵邸に行った理由のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

  • 彼女が公爵邸に行った理由【第112話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

彼女が公爵邸に行った理由【第112話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

彼女が公爵邸に行った理由【第112話】のあらすじ

建国祭の日に起きた爆破テロから帰ってきて数日が経過した現在でも、騎士たちの間はではレリアナの首の後ろにつけられた「キスマーク」の噂話が絶えません。

どちらかと言えば男性騎士の方が強く気にし続けており、ノアと一緒に廊下を歩いている最中にも、そうした会話が嫌でも聞こえてきます。

廊下を歩く中で噂話による会話が聞こえてきたことにより赤面状態になるレリアナですが、そんな彼女の様子を察したノアが彼女が履いているヒールを投げつけてしまいます!

投げたヒールの先端が男性騎士の後頭部に見事に命中して黙らせることには成功したものの、ヒールの先端が完全に突き刺さったために出血多量で倒れてしまいます!

レリアナ「医者を呼んで!」

黙らせるどころか、自分の騎士さえも死なせてしまいそうなほどに危ない止め方であるものの、ノア自身は全く気にしていない様子です。

 

今の彼にとってはレリアナから聞かされた、彼女自身のことの方が強く気にかかってしまっているのです。

ノア「全て信じたいんだ、そなたの言う言葉を・・・」

この本の世界の人達にとっては到底信じられないようなことでも、自分の愛する女性が勇気を振り絞って話してくれたことをノアはあくまでも信じようとしてくれているのです。

ノア「だから、これからは私に何でも話してくれ」

レリアナのことを信じると同時に快く受け入れてくれているノアですが、彼からも質問されたことがありました。

ノア「そなたが前の世界(現実世界)で読んだ本、何というタイトルだ?」
レリアナ「『ベアトリス』です」

それはまさに物語の主人公をそのまま本のタイトルとしてつけられた作品でしたが・・・この世界の中にいるベアトリスもまた、自分の目的を果たすためにジャスティンやビビアンを連れて何処かへ向かっている最中だったのです。

彼女が公爵邸に行った理由【第112話】のネタバレ

ベアトリスはジャスティンやビビアンと同じ1台の馬車で移動中ですが、3人揃って入っている馬車室の中では重い空気が立ち込めております。

いつもと変わらず冷静な表情のベアトリスに対して、隣で座っているビビアンの方は冷や汗をかけながら緊迫しているような表情が続いております。

2人と向かい合わせの形で座っているジャスティンは、そんなビビアンを心配して声をかけるのですが・・・

ジャスティン「ビビアン、大丈夫か?」

ビビアン「はい・・・」

ジャスティン「いつも決まって、この返事だ」

いつも一言返事しかしないため、ジャスティンの方も会話を続けられないのです。

ジャスティンからの質問への返事をしたビビアンは、またすぐに沈黙しますが、そんな彼女の手にベアトリスが優しく触れてきます・・・。

>>彼女が公爵邸に行った理由のネタバレ一覧はこちら

彼女が公爵邸に行った理由【第112話】のみんなの感想

建国祭の中で起きた爆破テロを乗り換えてからは、レリアナの方から自分の正体を明かしてしまうものの、それでも穏やかな生活が続いている雰囲気でしたが、それも長くは続かないのでしょうね。

それを暗示するかのように、あのベアトリスもまた自分の目的のために本格的に動き始めた様子もあり、今度もまた一筋縄ではいかないのでしょうね。

まとめ

「彼女が公爵邸に行った理由」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です