彼女が公爵邸に行った理由【第114話】のネタバレ・感想!

漫画「彼女が公爵邸に行った理由」はWhale Milcha先生の作品です。

舞踏会の会場で望まぬ再会をしてしまったビビアンが出してきたお茶には、やはり毒が混入されておりました!

この件も含めて以前の結晶石も彼女の仕業であることを確信したレリアナはすぐ通報に出ていきますが、その矢先にあのベアトリスが現れます・・・。

>>彼女が公爵邸に行った理由のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

  • 彼女が公爵邸に行った理由【第114話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

彼女が公爵邸に行った理由【第114話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

彼女が公爵邸に行った理由【第114話】のあらすじ

ビビアンが淹れてくれたお茶を飲まないまま、レリアナはかつての神殿のことを切り出します。

あの時、なぜ急に帰ってしまったのか・・・レリアナの鞄の中に入れられていた結晶石が爆発した時の話題に切り替えます。

レリアナ「シャマル姫君の仕業ですよね?それと、このお茶にも何が入っているのかも気になりますね。今度は毒ですか!?」

しらばっくれてきたビビアンですが「毒」の一言で一気に凍りつき、言葉を返せなくなってしまうのです!

ビビアン「なんで分かったの!?どこが悪かった!?」

自分の作戦がアッサリ見破られて、動揺する気持ちを必死に隠そうとするビビアンをよそに、レリアナは「これ以上は言い合いなどする必要もない」と言わんばかりに立ち上がって、そのお茶の入ったティーカップを持って部屋から出ようとします。

ビビアン「ちょっと待ちなさい!どこへ行くつもり!?」

隠すことすら限界に来てしまったビビアンをよそに出ていこうとするレリアナもまた、この時点で確信がついておりました。

レリアナ「今回は証拠も掴んだから、近衛隊の騎士も呼んで・・・」

しかし、ドアノブに触れようとした瞬間に自分の手に持っていたティーカップを跳ね除けるように落とされ、毒入りのお茶も床の上に落ちてしまいます!

レリアナ「何をするん・・・」

レリアナがその方を向いた瞬間・・・彼女の前に立っていたのは、あのベアトリスだったのです!

彼女が公爵邸に行った理由【第114話】のネタバレ

ベアトリスの姿に驚くレリアナですが、彼女の顔を見た瞬間に、これまでにも感じてきた頭痛がまたしても起きてしまいます!

それでも今は動揺している場合ではありません。

動揺する気持ちを必死に抑えるレリアナの前でベアトリスの方から口を開いてきます。

ベアトリス「この瞬間をどんなに待ったことか・・・」

レリアナ「どうして、こんな所にいるの!?」

その疑問はそれ以前の疑問に打ち消されることとなります。

レリアナ「ん?ベアトリスって、こんな雰囲気だったっけ!?」

レリアナの疑問をよそに、ベアトリスの方が開いていたドアを再び閉めてしまいます。

レリアナ「私に何をするつもり!?ベアトリス!」

この時のベアトリスには自分の読んできた小説の中の笑顔など全くなく、氷のように冷たい表情でレリアナを見つめ続けます。

レリアナ「嫌な予感がする・・・」

そんなベアトリスと向き合っているレリアナの中でもまた、悪い予感ばかりが湧いてくるのです。

>>彼女が公爵邸に行った理由のネタバレ一覧はこちら

彼女が公爵邸に行った理由【第114話】のみんなの感想

これまでに色々な方法でレリアナを陥れようとしてきたビビアンですが、今ではもうベアトリスから良いように使われている「かませ犬」に落ちぶれてしまいましたね・・・。

そして思いがけぬ場所でベアトリスとの対面を果たしてしまったレリアナですが、今の冷たい表情からは友好的なものは一切感じられませんよね!
本人の言う通り嫌な予感しか出来ず、まさに絶体絶命ですね!

まとめ

「彼女が公爵邸に行った理由」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です