彼女が公爵邸に行った理由【第117話】のネタバレ・感想!

漫画「彼女が公爵邸に行った理由」はWhale Milcha先生の作品です。

ベアトリスの策にはめられたレリアナは炎が上がる中でも必死に逃げ続けます。

その末に見つけ出した唯一の脱出可能な場所が窓しかなく、カーテンなどを使って何とか降りようとしますが・・・!?

>>彼女が公爵邸に行った理由のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

  • 彼女が公爵邸に行った理由【第117話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

彼女が公爵邸に行った理由【第117話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

彼女が公爵邸に行った理由【第117話】のあらすじ

レリアナが決死の脱出作戦を始めていた頃、ノアとテイラー卿も必死に彼女の捜索を続けます。

さらには城の兵士たちも舞踏会に来た招待客たちを逃がしながらも必死に消火活動に入りますが予想以上に広がってしまっている火に対して苦戦している状況です。

そんな彼らの前に現れたのがテイラー卿ですが、やはり無口のまま行動を起こします。

ただ、この時に少し違っているのは無表情の中でも口腔内に飴玉を入れていたため、少し頬張っているかのようにも見えるのです。

城兵士たちが見ている中で剣の一振りで壁に穴を作りながら、皆が逃げられるように一部屋ごとに回っておりました。

そして自分の方を見続ける1人の兵士に対して親切に飴玉を投げてよこしてくれますが、彼はテイラー卿とは初対面な上に自分に対して譲ってくれた理由すら読み込めずに凝固するばかりです。

 

一方、彼とは完全に別行動を取っているノアがレリアナが監禁されていた休憩室に辿りつきますが、放火の元となった場所であるため、炎があまりにも大きく燃え上がっていたのです!

彼女が公爵邸に行った理由【第117話】のネタバレ

放火の元となった休憩室にたどり着いたノアですが、予想以上の燃え上がり方や煙の量の多さにより自分の口を手で押さえながら進みます。

そんな中でレリアナのドレスについていたリボンを発見します!

さらに窓側の方に視線を向けると、彼女が前回で縛ったカーテンも見つけた途端に悪い予感ばかりがたちこめますが、レリアナ自身も自分が下ろしたカーテンに掴まりながら必死に脱出している最中でした。

 

そんな様子を見たノアが一安心しますが、またしても予測不可能な行動を起こし始めます。

レリアナ「きゃああ!何を!?」

ノア自身もまた、カーテンに掴まりながら急降下していくと同時に必死に降りている途中のレリアナの方へと急接近してくるのです。

あまりにも無謀すぎる行動に言葉を失ってしまうレリアナですが・・・

ノア「今のうちに外の世界を目に焼きつけておくんだな」

そして「今後はいっさい邸宅から出させないこと」ことも告げてきます。

レリアナ「仕方なかったんです!」

彼女からの言い分も決して間違いなどではありません。

ノア「危険なことはするな!何があっても絶対に助けに行くから・・・」

そう告げた後に何とか2人一緒になる形で地面へと無事に降りることができました。

そして離宮の片側には東大陸に行くゲートが設置されており、ここから早く脱出するために向かっていくのです。

>>彼女が公爵邸に行った理由のネタバレ一覧はこちら

彼女が公爵邸に行った理由【第117話】のみんなの感想

ベアトリスたちの仕業により城内のほぼ全体にまで炎が広がってしまいましたが、結果的には今回は決死の脱出を成功させたレリアナの勝利と言えるでしょう。

そして、やっと行きあえた2人ですが・・・いやいや、ノアの方がレリアナ以上に危険なことをしてましたよね!

まとめ

「彼女が公爵邸に行った理由」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です