彼女が公爵邸に行った理由【第121話】のネタバレ・感想!

漫画「彼女が公爵邸に行った理由」はWhale Milcha先生の作品です。

ベアトリスが去り、再び2人きりとなってからはノアからからかわれる一方で彼からの本心も聞かされます。

シーズン3も今回でクライマックスに入ります!

>>彼女が公爵邸に行った理由のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

  • 彼女が公爵邸に行った理由【第121話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

彼女が公爵邸に行った理由【第121話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

彼女が公爵邸に行った理由【第121話】のあらすじ

自分のことで嫉妬したと言われて「壁ドン」までされながら迫られたレリアナは何も言えなくなるのですが・・・

ノア「すまなかった、不安にさせてしまって・・・」

レリアナ「全く反省している顔ではないですね!」

確かにレリアナが言うが如く、謝罪の言葉と表情が全く違うノアですが、彼もまた嬉しかったのです。

ノア「愛している・・・」

いきなり本当の好意を打ち明けられたことでレリアナの方が抱きしめられながら赤面してしまいます。

ノアもまた、自分の前に現れたベアトリスのことを確認したかったのです。

前回で気づいた「油の匂い」とはまた別に「違和感」も抱き始めていたのです。

それでも・・・

ノア「私の胸がこんなに高鳴るのは、そなただけだ」

優しく包み込んだと思いきや、今度はレリアナを肩まで持ち上げては歩き始めます。

レリアナ「どこに連れて行くつもりですか?」

ノア「兄上の元だ。今日を祝日にしてもらおうと思ってな・・・」

彼はシアトリヒ殿下に頼んで今日を「レリアナが初めて自分に嫉妬した記念日」にしてもらおうとしていたのです。

レリアナ「そろそろ、あなたのことが嫌いになりそうなので、これ以上からかわないでください!」

そんなレリアナに対して、それを「無意味」と軽く受け流してきます。

ノア「どんなに嫌いになっても私から逃げる事はできないから・・・」

相変わらず自信満々に告げてくるノアですが、この後からはベアトリスによる犯行の分析に入ろうとしておりました。

彼女が公爵邸に行った理由【第121話】のネタバレ

宮殿でビビアンから呼び止められた時点から、この犯行は既に計画されていたものと見抜いたレリアナはベアトリスが始めから自分を殺害するつもりできたのだろうと分析します。

そしてノアからは、ベアトリスが何故レリアナを殺そうとしたのか問いかけらます。

その時にベアトリスから告げられた意味深い台詞を思い出します。

ベアトリス「そうね、5ヶ月前までは・・・」

彼女もまた、レリアナの魂が転生前と現在では魂が違っていることに気づいていた様子だったのです。

黒い神女と関連している可能性も高いものの、その神女が既に他界してしまっているため、話を聞くことはできません。

レリアナ「いったい、なぜ・・・!?」

そんな中で、まだ自分の魂が宿る前のレリアナがブルックスと結婚した時の様子が脳裏に蘇ります。

その時のレリアナの前で、あのベアトリスが高笑いしてくるのでした・・・。

>>彼女が公爵邸に行った理由のネタバレ一覧はこちら

彼女が公爵邸に行った理由【第121話】のみんなの感想

ノアが作り出した記念日はともかく・・・ここまでストレートに好意を伝えられてしまえば、レリアナでなくても赤面してしまうでしょうね。

さらに今の彼は確実にレリアナだけを愛していることが分かったため、小説のようにベアトリスと結ばれる可能性はこの時点で消えたと考えるべきなのかもしれません・・・。

本作品は今回の時点でシーズン3が完結したわけですが、次のシーズン4ではベアトリスとの本格的な最終決戦が繰り広げられるのでしょうね!

まとめ

「彼女が公爵邸に行った理由」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です