彼女が公爵邸に行った理由【第134話】のネタバレ・感想!

漫画「彼女が公爵邸に行った理由」はWhale Milcha先生の作品です。

レリアナは前回でイオサ・ベンから告げられた「死の宣告」によって、更に焦りだします。

そうしか中でノアと一緒にシアトリヒ殿下から今後の作戦を聞かされますが、そんな中でレリアナもまた「1つの提案」を持ち出します!

>>彼女が公爵邸に行った理由のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

  • 彼女が公爵邸に行った理由【第134話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

彼女が公爵邸に行った理由【第134話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

彼女が公爵邸に行った理由【第134話】のあらすじ

シアトリヒ殿下から呼ばれたノアとレリアナも彼らの話を聞き始めますが、ジャスティンやナオミまで同席している中、彼女だけがまるで強い眠気に襲われているかのような辛い状態です。

そんな状態を心配されてメイドから差し出してくれた水を飲みながら、レリアナ自身も何故こんな体調になってしまっているのか考え込んでしまいます。

 

前回でも記憶を探してもらうようにお願いしたものの、イオサ・ベンの方が途中で面倒になったために邪術をかけられて眠らされてしまっておりました・・・。

それでも彼女から告げられた「次に倒れた時に自身が死ぬ」という台詞が頭から離れません。

レリアナがそのことで考え込む一方、シアトリヒ殿下からは「ブレイク公爵の動向」を話し始めます。

彼からの話では「ブレイク家の精鋭たちが首都に向かっている」という内容でしたが、それは間違いなく彼による「デモ」であるとこをノアとジャスティンはすぐに理解します。

シアトリヒ殿下は、ここまで不安定となってしまった国内情勢の悪化だけでなく、ノアが起こしていた「ゲート問題」に対して、更に心労を重ねていました。

シアトリヒ殿下「この間、いきなりゲートを開けてくれだの、何かと思ったら・・・」

この話を聞き終えた後に、レリアナは青ざめた表情でノアの方を見つめます。

そんな彼女にお構いなしのように、今度はノアが自身の質問をジャスティンにぶつけます。

彼からの質問内容とは「ベアトリスがジェイクに依頼していた契約書の内容は確かか?」というものですが、ジャスティンの方もほぼ確信している様子です。

ノアがそのことによる「望み」を聞くと、ジャスティンは冷や汗をかきながら「ビビアンが犯したことによる処分への配慮」を希望してきます。

男同士による会話が続く中で、レリアナの脳裏にベアトリスの姿が浮かびます。

レリアナ「全てのことの中心にベアトリスがいる・・・」

そのため「ベアトリスの罪」が確定した場合には、ブレイク公爵や彼の家の者たちも静かにするしかなくなることに気づきます。

その直後、今度はレリアナからシアトリヒ殿下に対してお願いしながら「1つの提案」を持ち出してきます。

レリアナ「ベアトリスを追い詰めたいです!」

シアトリヒ殿下「どうやって?」

その方法を質問されたレリアナが出す答えとは、果たして・・・!?

彼女が公爵邸に行った理由【第134話】のネタバレ

自分から出した提案の方法を、シアトリヒ殿下から質問されたレリアナは、そのための希望も出してきます。

レリアナ「殿下の成婚式、私に利用させてください!」

かなり大胆な作戦を告げるレリアナですが、現状ではこの作戦を確実に成功させるのは、少し難しい面もあります。

仮にイオサ・ベンがレリアナ自身の記憶を取り戻してくれたとしても、全ての問題が解決する保証はありません。

そのため、もう少し色々な方法を準備しながら成功できる確率を高めたいのです。

もしもゲートをまた開くことが出来た場合には、あのヒーカー大神官に会うことも可能となります。

しかし、もしもゲートを開くためにベアトリスが「障害」となるなら、彼女を「処理」してしまえば良いと思いたったのです。

 

話し合いが終わり、戻ってきたレリアナは厨房で入念な罠を仕掛けます。

後ろから見ているノアから質問されますが、レリアナは「イオサ・ベンを誘き出すための罠」を彼女の大好きなパンを置くことで張りました。

そこまで聞かされてから、ノアがまた別の質問をしてきます。

ノア「本当に、あの方法で良いのか?」

かなり心配されてしまいますが、今度は建国祭の時とは違って護衛の騎士がいない状況となります。

さらに皆が自分の仕事で忙しくなることで、他人に気を使う暇もなくなりますが、レリアナはそうした状況を敢えて作ることで、ベアトリスの方から動かせようと考えていました。

ノアからは「また危険な目に遭うかもしれない」と心配されますが、レリアナにとって以前と今回では「大きな違い」があります。

以前の舞踏会の時ではベアトリスの行動を全く読めていなかったために、大変危険な目に遭わされましたが、今回はベアトリスの目的までハッキリ分かっている状態です。

レリアナ「それに、どんな状況になっても助けてくれるんでしょう?」

ノアに対して、信頼するかのように笑顔で告げます。

ノアはジェイクの依頼書などの証拠をつかむことを望んでいるものの・・・レリアナには、もはや時間がありません!

ノアの方もまた、ベアトリスが何故そこまで執拗にレリアナの命を狙うのか疑問を抱きますが、レリアナ自身の「昔の魂」が関わっています。

レリアナ「ベアトリスの身体の中に、その魂が残っていたら?」

颯爽と答え返すレリアナですが、ノアと交わした契約により、事態がここまで大きく深刻なものに動いてしまうとは、予想すらついてませんでした。

これまでの過程を振り返りながら「別の行動や可能性」も考えてましたが・・・

レリアナ「私が未来を変えてしまったと思うことがあって・・・」

ノア「不安に感じてるのか?」

レリアナ「いえ、これで良かったんです!」

思うところも多くありますが、レリアナは自分たちのこれまでの行動が正しいことを堂々と答えます。

>>彼女が公爵邸に行った理由のネタバレ一覧はこちら

彼女が公爵邸に行った理由【第134話】のみんなの感想

シアトリヒ殿下やジャスティンもいる前で、かなり大胆な作戦を提案してしまったレリアナですが・・・イオサ・ベンによる「死の宣告」もあり、本当に時間がない状態です!

ノア達の前では堂々と言い切りますが、本当は心の中では不安でいっぱいなのでしょうね。

確かにレリアナが考える通り、これまでの行動を少し変えただけでも色々な現在や未来が存在したのでしょうが、この現在こそがレリアナ自身も望んだことなんですよね!

まとめ

「彼女が公爵邸に行った理由」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です