彼女が公爵邸に行った理由【第142話】のネタバレ・感想!

漫画「彼女が公爵邸に行った理由」はWhale Milcha先生の作品です。

ついにベアトリスとの決着をつけたレリアナは、ノアと一時の安らぎに浸りますが「ビビアン殺害の容疑」はまだレリアナの方にかけられたままです・・・。

そんな中で、レリアナの身を心配したヒーカー大神官たちが駆けつけてきますが・・・!?

>>彼女が公爵邸に行った理由のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

  • 彼女が公爵邸に行った理由【第142話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

彼女が公爵邸に行った理由【第142話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

彼女が公爵邸に行った理由【第142話】のあらすじ

前回でベアトリスとの決着をつけたレリアナですが、ホッとできたのも束の間・・・大勢の兵士たちによる彼女を呼ぶ声が響き渡ります。

それでもノアを抱きしめては、一時の安らぎに浸りますが、そうしている間にも兵士たちが到着しては、レリアナからの銃弾で倒れたベアトリスの死体を発見されてしまいます。

いくら決着をつけたとはいえ「ビビアン殺害の容疑」はまだレリアナの方にかけられたままです。

そんな状況の中で発見されてしまえば、いくらベアトリスの方に非があったとはいえ、レリアナによる「正当防衛」など信じてもらえないことは目に見えています。

レリアナ「ここまで、あなたに迷惑をかけることになるなんて・・・」

ノア「迷惑?」

2人の間にまたもや何か食い違いが生じたようですが、レリアナの方がノアには何も言わせないまま、口を塞いでしまいます!

彼女が公爵邸に行った理由【第142話】のネタバレ

レリアナから口を塞がれたままのノアもまた、自身の思考を続けます。

ノア「頼ってくれれば良いのに・・・」

ノアの心の台詞では、レリアナが倒れている間に何が起きたのかわかっていないようです。

いっそのこと、このまま2人きりで逃げてしまおうかという発想も浮かんでしまいますが、レリアナの方が自身の考えを告げてきます。

本人はヒーカー大神官との連絡が取れるまでは、ひとまず1人きりで逃げる方向性で考えているようです。

ノア「それで、どうするつもりだって!?」

レリアナの話が完全に終わらぬまま、顔では笑ったままでも内心では怒り始めているノアの感情に気付きます。

しかし、レリアナからすれば、その怒っている理由に対して検討もつきません。

ノア「誰を殺しても、どんな罪を犯しても構わない・・・全て私の側でやってくれ!」

さらに「二度と自分の側から離れないように」とまで告げてきます。

レリアナの方も、これ以上はノアに迷惑をかけられないことを話しますが、聞き入れてはもらえません。

ノア「言っただろう、何をしても構わないと・・・だが、一人で逃げることだけは許さない!」

彼は南の島にも別荘を持っており、一緒にそこまで逃げる提案までしてきます。

 

そんな会話が続く中で、またしてもレリアナを呼ぶ声が聞こえます。

ヒーカー大神官「レリアナ!」

城から姿を消していたレリアナを心配し、ヒーカー大神官も部下たちを連れて必死に捜しながら、駆けつけてくれました。

ノア「遅かったですね・・・」

ヒーカー大神官「お前を処断するのは、まだ遅れていない!」

またしても、この2人による口喧嘩が始まろうとした矢先、ヒーカー大神官の矛先は自分よりも遅れてきた部下たちに向けられます。

ノア「もっと遅れて良かったのに・・・」

ヒーカー大神官からの視線が自分から逸れた瞬間、思わず本音を漏らしてしまうノアでした・・・。

>>彼女が公爵邸に行った理由のネタバレ一覧はこちら

彼女が公爵邸に行った理由【第142話】のみんなの感想

ついにベアトリスとの決着をつけられたレリアナですが、今度は自身にかけられた疑いを晴らすことに苦労させられそうですね・・・。

しかし今回のノアやヒーカー大神官の様子を見ていると、それほど大ごとにもならず済みそうな予感がしてしまうところが、また不思議な感覚になってしまってるんですよね。

まとめ

「彼女が公爵邸に行った理由」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です